平行陣?並行陣?

私は、「雁行陣と並行陣」って習ったんだけど、
某有名テニス番組で某有名女子ダブルスプレーヤーが、「平行陣」の解説をしていた。
あらら。でも、相手がボールを打つサイド側が前に詰めて、「完全に平行になることはない」とのこと。

フランス語では、「雁行陣」とか「平行陣」(もしくは「並行陣」)なんて言葉は無くて、
ツーアップ(二人がサービスラインより前に入る)もしくはツーダウン(二人がベースラインあたりにステイする)を勧め、
一人がネット付近に立ち一人がベースライン付近に立つポジションから、早く抜けるように、と説いている。

知り合いが監修を務めていた某テニスシリーズでの並行陣は、
「左に打ったら左側の選手が少し前に詰め」(これはセオリーですよね)、
「その後、二人がまったくの平行」になり、
「最終的には、右側の選手がネットにべた詰めして決める」ポジションを勧めている。
目からウロコだった。

ダブルスは、相手によって最適なポジションが変わるのがわかるようになった。
シングルスは、まだ闇の中にいる状態。わからん…自分のコートは広く、相手のコートは狭いよ。(へたくそな人の心理状態ですね)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23323958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-10-29 14:58 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧