人生に必要なのはユーモア

勉強会の昼休み、久しぶりにコーヒーを飲みに部屋に立ち寄った。

「タケさん、ずいぶん久しぶりやん、どうしたん、部屋を間違ったんやろ~、ボケたか」
と、数年会っていなかった同僚から声をかけられる。

ふ、と、なつかしく、そして、体調悪いのもどこかに吹っ飛び、
「テニスやろうよ~~~」と、軽口のやりとり、笑い声が部屋に響いて、
毎日の生活の中に、ユーモアがあるのはいいなあ、と思う。
若いころの知り合いは、ユーモアをユーモアと解する気持ちの余裕があって、居心地いい。

テニスは好きだけど、こうも負け続けると気持ちもすさむ。
が、私は「あ~、また負けた」と笑い飛ばすことにしてる。(不謹慎だと、不真面目だとよくお叱りを受けるが)
特に左からのサーブ、まあ、よくもこうアウトミスを繰り返すもんだ、自分でも泣きたくなる。
Pコーチは(ストロークが短いので)、「サーブとストロークと交換したら、ちょうどいいんじゃない、ストロークはみんなサービスエリアに落ちてるし、サーブはベースラインぎりぎりまで届いているし」と言う。(笑)
言われたときは、ヽ(`Д´)ノプンプン、と怒ったが、
今から考えると、ここは笑うとこだった、余裕無くしてるな、自分。

PS ダブルスでペアがサーブ打つ時、ポーチボレー準備で少し前かがみで構えないだろうか?
私の昨日のペア前衛男性は、棒立ちでネットから離れたところにラケットを下げたまま立っている。
私のサーブが彼の背中に当たりそうで、しかもその姿勢に腹が立って、4本連続ダブルフォルトした。
相変わらず気が短くて、メンタル修行が必要。
スポーツ禅道場というのがあるらしい、ちょっと興味がある。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23377933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-11-20 10:06 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧