やらない言い訳はいっぱい、やるのは自分

今年は、仕事が充実した一年で、
私の周りで、フランス語を続けたい、聴講したい人たちが続出した。
うれしい悲鳴である。

でも、そこから仕事につなげたり、専門につなげるような次のステップまではいかない。
迷った末に、「私には無理だから」「まだ時期尚早だから」と、延々できない理由を聞かされて、去っていく。
ああ、もったいない。
手を伸ばせば、チャンスは目の前にあるのに。

あれ。私のテニスもそうなのかな。
やらない理由を長々と述べて、「一歩」が踏み出せない、
嫌になったら、うまくいかなかったら、いつでもやめることはできるのに、
とりあえず、やってみたらいいのに。

来年は仕事が減るので(減ることを受け入れて)、
スクールをやめて、プライベートレッスンを増やして、
シングルスに特化して試合に出ていきたい。
シングルスのできるテニスクラブがあれば、入会したい。

PS スクールをやめる理由は、
全く上手くなっていないのに、初級→初中級→中級と上がる人たちを見て、
(ポイントの数え方も知らないのに「中級」クラスから始め、
サーブが入らないのに現在「上級」に在籍する私が言えた筋でもないが)
そして、私より年上で筋肉の無い女性に、ラケットを上に振り上げて「スピン」をかけろ、とコーチがアドバイスしているのを聞いて、
私の中で何かがプチン、と切れたから。

PS 仕事を減るのを公言したら、また仕事が入ってきた。
う~ん、来年も試合は無理か。仕事帰りの90分スクール通いか。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23433011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-11-30 20:28 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧