Le tennis

a0112944_21041432.jpg
ちょっと古い本だけど、買っちゃいました。
フランスでの古典、テニスの「バイブル」。

大好きなモレスモなどのプロの写真や、ジュニアの写真(たぶん著者の子供たちも?)も満載。

イバノビッチのフラットサーブの写真を見ていて、
ブノアが私のサーブに対してずっと注意していたこと、
「トスをラケットテイクバックより同時か、あるいは先行させて。
タケは、テイクバックしてから左手のトスが上がる」
の意味がよく分かった。
このタイミングを取るために、ジュニアがしているボールを二つ持っての練習は良いかもしれない。

・テニスの基本(技術)、グリップの種類やスタンス、各ショットのメリット・デメリットまで分析
・プロテニスの分析
・運動連鎖(バイオメカニクス)分析、体幹軸や腕の角度など、写真を使って
・感覚を鍛える(視覚、情報収集、脳と身体の連携、バランス)、メンタルを強くし、自信を持つために
・用具とコートサーフェスの分析

日本のテニス雑誌の方が情報は新しいのかもしれないけど、
フランス語の勉強にもなるし、大好きなフランステニスの空気にも浸れる。
読んだからといって、自分のテニスが変わるわけでもない、
でも、若い「チャラ男」コーチの意味わからんコメントに「ふん」と言えるし。



[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23437976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-12-02 21:42 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧