サーブ(T_T)

プライベートレッスンでも、やっぱりサーブは安定しない。
サーブ練習を始めてはや、1年半になる。

私の背丈で、プライベートコーチの教えるサーブは無理、と言うコーチも多い。
でも、フランスでブノアに教えてもらったサーブも同じ打ち方だった。
(ただし、セカンドサーブも同時に教えてもらった。
ファーストの確率は50%でよい、ただし100%入る攻撃的なセカンドがあれば)

プライベートレッスンの途中、
「このラケットで打ってみて。入るから」と言われ、
コーチのラケットを渡された。
それでもやっぱり入らない。(と言うことはメンタルが原因ではない)

1年半も取り組んで、いっこうに結果が出ないのだから、
コーチを変えるか、サーブを変えるかすればいい、とも言われるのだが、
でも、このサーブは、本当に体に優しい。
打てば打つほど、肩や背中の筋肉がほぐれてくるのがわかる。肩こりとは無縁となった。
だから、ひとたびマスターすれば、連続の試合になっても、もっと年をとっても、
サーブで故障することは絶対に無いと思う。

フォアからのスライスサーブ(セカンド)は、自信がある。
バックからのセカンドサーブを、早く教えてほしい。
サーブに自信が持てたら、選手登録しようと思っている。

PS ラリー中に、ボクシングの時のように足を動かせ、と言われ、
いきなり、私のパフォーマンスが上がった。
(だって、ボクシングでは、足が動かないと相手に打たれる)
ただしね、ボクシングは1ラウンド3分だよ、私は2分しか持たないんだよ、トレーナーがいつも大笑いするんだから。
テニスレッスンラリーは15分続くよ。
コーチに「テニスでも、真剣になれ!😡」と、説教されたのは言うまでもない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23449510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-12-08 06:41 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧