奈良くるみ

昨日、奈良くるみは、イバノビッチ(と、途中交代したヒンギス)に、6:0で完勝した。
そして、今日は、同じイバノビッチに0:6で完敗。

たったの1日で、2人の実力が大きく変わったとは思えない。
調子の波があるとしても、こんなに試合結果が完璧に覆されるということがあるんだろうか?

ムラトグラルーなら、戦略のなせるわざと説明するのだろうか?
奈良対策を綿密に立ててイバノビッチに戦略を授けた結果?

私は未だにテニスの試合で勝つための要因がよくわからない。

ところで、小柄な奈良くるみが高い打点から叩いていく角度のついたショットは素晴らしい。
彼女の体幹の強さのなせる技。

それから、試合前のヒンギスの練習で、解説者が説明していたことは、私のプライベートコーチがいつも私に言っていることだ。
ひざを曲げ、足の力で打っていく。

そういや、Le tennis の最初のページは、
前打点でボールを捉え、前に踏み込んで打っているプロ選手の写真がいっぱい。

奈良くるみを見ていて、基本に戻りたいなあと思った。
明日はシングルスゲーム練習。
しっかり足を動かして、しっかり打ってきたい。
戦略は、力では負けるので、前に出て相手の時間を奪うこと、
サーブで相手をコートの外に出すこと。


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23454491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-12-09 22:32 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧