ジュニアとテニスゲーム

中学女子トップジュニアが来てくれた。
お願いして、シングルスを2ゲームする。
ミスをしなかったのに、
私の打つボールが弱く短くて、前に踏み込んで両サイドに打ち込まれ、1ポイントも取れなかった。
サーブもワイドのコースに打てているのに、そこからストレートにリターンウイナーを取られてばかり。

今日対戦するはずだった男性は、フォームもポジションもぐちゃぐちゃなのに、
とにかく打つボールが強い、
足が速い、
絶対に最後まで勝ちに行く、
(日本人じゃありません)
そして、最後にはジュニアに勝っていた。ワンゲームだけどね、セットゲームはまた別の話かもしれないけど。

ダブルスは3セット、ベアを変えてする。
私は、ジュニアのフォームと動きを真似て、しっかりと打ちに行く。
ミスしてもいいから、足を使って打つ。
サーブが走り出した、コーチのお父さんから何度も「ナイスサーブ」と声をかけられた。うれしい。

ゲームの結果なんだけど、一番上手なジュニアが負け続けていたような気がする。
勢いのあるボールは、ラケット面に当たるだけで相手コートに返るし、その返球が予測外のところに飛んでくるし、ペアの動きも予測外だし、バタバタしているうちにジュニアのメンタルが下がって来ていたのがわかった。

ゲームに勝つためには。明日も勝つためには。
質の良いボールを打つ、
コートの中を速く走る、
気持ちを落とさない。

もう一度体幹を鍛えて、深くて重くて勢いのあるボールを打てるように練習しよう。
コートの中に入れるだけでは、ジュニアには勝てない。

次回は、クリスマスの対戦となります\(^^)/
今日は相手をしてくれてありがとう。誘ってくださった方々ありがとう。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23455376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-12-10 11:27 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧