窓口でのあれこれ

昨日は仕事帰りにボクシングジムに行ったので、いつもとは違う駅からJRに乗った。
切符の値段はいっしょなので、ついでに回数券も買ったら、帰り、いつもの駅で、ぱたん、と自動ドアが閉まった。「乗り越し運賃(初乗り運賃)が必要」。がーん。
なんと、JRは「値段」での回数券ではなく、「区間」での回数券設定らしい。
いつもの駅で買った回数券は、次の駅からも(切符の値段はいっしょ)使えるのに、
なんで、逆はできないんだ、とキレまくった。
駅員さんは、「行き」の区間で使った回数券を自動改札機の中から探してくれて、
「買い直し」の処置をとってくれたが、待つこと小一時間。
駅員さんたちにも申し訳なかったが、私もしっかり風邪をひいてしまった。

AーC間の料金と、B-C間の料金が一緒だったら、
回数券は、「AB-C」区間額面で販売してくれたらいいのに。
とくに、B駅は他私鉄との乗換駅だから、みんな本当に助かるのに。
JRスタッフの対応の親切さに感謝するとともに、システムの不親切さに納得できない。

来年春に、大学内で受けた研修の報告発表をしようと思っている。
大学窓口に行って、要件と名前と身分を名乗り、報告発表の許可と資料の提供をお願いしたら、
「は?タケさんですか?
○○先生を呼び出すんですか?先生はいらっしゃいますけど、会っていただけるかどうかお尋ねしてきます(要件の確認もせずに、「先生、タケさんが会いたいって来てますけど、どうします?」)」と。
おいおいおい。
あなたの上司かもしれないけど、
私は外部の人間かもしれないんだよ。
その対応はお粗末すぎないか。
しかも、たくさんのスタッフが奥に控えているのに、誰も注意しようとしない。

歳をとったのかなあ、私ってクレーマーなのかなあ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23489894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-12-21 08:54 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧