2017年のテニス

あと数時間したら、2017年だ。

来年に取り組みたい課題は、打ってこない相手にどうゲームを組み立てていくか。

それよりまずは、テニスで何を目指すのかをクリアにしなけりゃいけない。

もし、夏に再びテニス留学をすることになったら、地域のプレーヤーたちと試合をすることになっている。
負けるにしても、私は競技プレーヤーになるということ。

バックハンドストロークを修正しながら、
気づいたこともある。
コーチからもらうアドバイスは、私だけに向けたもの、
万人に当てはまるわけではない。
(身体がジュニアではないのに、ジュニアと同じテニスはできないのといっしょ)
フランスに行ったとき、最初にもらったアドバイスは、
「前に押して打て」だった。
でも、私の試合を見て、アドバイスは「スピンを打て」に変わった。
(私は、試合で攻めすぎてアウトミスを繰り返すので)
同じく、試合を見て、「ネットを取れ」と言われた。
帰国後の宿題は、ネットを取る経験値を積むことだった。

だから、「スピン、スピン」と騒がれることに対して、少し罪悪感がある。
(私のゲームを一度も見たことのない日本のプライベートコーチが、「ベテラン女子がスピンを打つ必要はない」と言うのもよくわかる)
日本に帰って来て、「なんでそこで前に出るのか」とよく言われるが、
私の宿題は、「ネットを取る経験値」であって、「ネットを取ってポイントを取る」レベルにまでいっていない。

他の方々のテニスブログはとても参考になる。
とくに、負けた試合の報告と反省は、(負け続けているからか)自分の課題もはっきりする。

情報をもらってばかりなので、自分からも発信しようと思ったのだが、
レッスンはプライベートじゃないと意味が無いと思うし、
私のプライベートレッスンは私にしか意味が無いのかもしれない。

2017年は、集団レッスンを減らしてさらにプライベートレッスンを増やし、
シングルスゲームの時間をもっと取りたい。

本業のことはブログには書かないのだが、
2017年は仕事が減るので、
自分のレベルアップに努め、「リタイア後」の計画に向けて一歩一歩前進していきたい。


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23513863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-12-31 17:34 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧