今日のシングルスプライベートレッスン

フィジカルが完全に2年前に戻った、うれしい。

以前も書いたけど、伊達公子のブログにアップされている練習風景が、私にはとても参考になる。
ボールが体の近くに来る前に、打点に入る。
打った後は、ゼロポジションに戻り、そこからステップを踏んでまた動き出す。
このリズムを、動画を見ながら何度も何度も脳内に叩き込んだ。

で、真似してみた。
ぜいぜいはあはあ(*´Д`)、いつもの5倍くらい疲れる。
なるほど、テニスってこんなにハードなスポーツなのか。
プライベートコーチが言う通り、とてもじゃないが朝から晩までテニスなんて無理。

でも、この動きを真似ると、しっかり構えて足を使って打てる範囲が広がった。
だから、相手の動きも見えるし、
打つコースも広がる。
あせらず、相手をもっとワイドに追い出してから、ストレート展開に持っていける。
こちらが先に振られても、返すボールが深く飛ぶようになる。

ああ。楽しいなあ。上手なコーチとするシングルスって、なんて楽しいんだろう。
全力でぶつかってチャレンジするわくわく感がある。
昨日、元世界チャンピオンボクサーのストレートパンチを、ぎりぎりスエイでガードした時と同じ、あの高揚感。
毎週毎週のプライベートレッスンで満足しちゃダメなのかな。

PS あるベテランコーチに、「タケさんはお金を払っているのだから、コーチに対して注文をきちんとつけていいんですよ、言いなりにならなくていいんですよ。あなたの良いところを伸ばしていかなきゃ」と言われた。
同じことを、別のスクールの支配人にも言われた。
でも、たぶん、私の良いところを伸ばしてくれるコーチを見つけた方が早い。
だって、人間は変わらないと思うから。

今日のスクール集団レッスン、
・ストロークは打点を引き付けて(=後ろのめりになる)
・ボレーは身体を横向きにして(=お尻を突き出しラケットを寝かせて打つ)
・ゲームは攻めずにラリーを楽しんで(=永遠に勝てない)
「私はいたしません」と言うより、(たぶん私の聞き間違いだろう、と)スルーした方が楽。そして、ゲームは辞退する。


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23535580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-01-09 21:46 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧