情報を選択する

ネットで配信されるフィットネス・ケア情報を見ていると、呆れることが多い。
世の中には、医者も生理学者も教師も山のようにいて、みんな苦々しく思っているに違いない。
情報を選択するのは、やっぱり「教育」の力だと思う。
学校教育、基礎教育、教養科目は役に立たないどころか、生きていく上でとても大切。
(女子アスリートの生理が止まるのは、
激しいトレーニングで体脂肪が落ちることが主原因。
鉄分とカルシウム不足が原因ではありません。
低量ピル常用を15歳前後の女子ジュニアに勧めることは、どうか慎重であってくれ。
どうしても(生理不順を理由に)処方するのなら、血液検査と肝機能検査は欠かさないでくれ)

テニスの技術は直接身体には関係ないけれど(けがや病気や故障に直接つながるわけではないけれど)、
自分の頭で考えて判断する習慣があると、どれが自分に正しいかはおのずとわかる。

「決めのショット」でドロップばかり選択していると、私はミスを重ねるようになる。
確かにコーチの言う通り、「女子は前のボールに弱い」んだけどね、
私のメンタルがそのテニスに合わないのだ。
前に詰めるのをやめて、「ボールを待つ」ようになるし、(スクールでは「待て」とよく言われる)
お尻を後ろに突き出すようにして打つようになる(スクールでは「ボールから離れてボレーしろ」とよく言われる)。
「決め」のショットで「長いショット」は要らないんだけど、しっかり角度をつけてスライスをかけて「打ち込んでいく」ことは必要。少なくとも私はこれでリズムが出る。

シングルスプライベートコーチが言ったように、
ステップを踏んだ後、2歩前に出なきゃいけない。
ネットから遠いところで決めようとしても、無理だ。
前に詰めて頭上にボールが上がったら、スマッシュを打たなきゃいけない。

ちょっと忘れていたよ、自分のテニス。
明日のシングルスゲーム、私のゲーム戦略は、
クロスに2度打つ→そこからストレート→前に出る→ステップ&構える→前に入って体をぶつけるようにしてボレー。ラケットの面で角度をつけて決める。
試してきます。


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23563238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-01-20 19:35 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧