バンダウエイのテニスも好き(≧▽≦)

日曜の全豪オープンテニスで、男女ともにNo.1シード選手が敗れる波乱があった。
マレーを破ったズべレフのテニススタイルに憧れると書いたが、
ケルバーを破ったバンダウエイのテニスも大好き!

守ってカウンターで叩くケルバーがNo.1であることに異論はないのだが、
彼女のサーブが嫌い。
そして、年末あたりから「バンダウエイって良い選手だなあ」と思い始めていたが、
昨日のゲームでその良さが爆発した。
何が好きかって、迷いなく振り抜くところ。自分のテニスを貫くところ。その潔さ。

2017年の初打ちは「女子シングルス練習会」で、
その時にコーチに言われたこと。
「タケさんは自分の良さを伸ばせ。コーチの指示に全部従う必要はないんだよ。
おかしいと思ったら、「自分はそのテニスはしません」と言いなさい」

私は、相手の弱点を突いたり、相手を観察したり、とりあえずつないだり、確実に入れていくようなテニスが嫌いなんだ。
そして、そんな私は、日本ではあまり居場所が無い。
だいたい、背が低くてきゃしゃな体の私ができるテニスではない(かもしれない)。
でも、いいの。
だってメンタルも日本人じゃないもん。
相手に勝つことよりも、自分が納得することをしたい、自分が好きな自分でいたい。

2017年の目標の一つ、自分のテニスの方向を定めることが達成できたかもしれない。
忙しくて、全豪オープンの試合は見れていないのだが、
昨日は一日テレビの前にくぎづけ。
「見る」ことも「する」ことと同じくらい大切かもしれない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23569423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-01-23 07:59 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧