今日できたこと

大きく左に振られた時、
しのぐボールを打てるようになっていた。(私の打ったボールが甘くて、相手に前に詰められてオープンコートに決められていたけど)
これは、SPレッスンでスライスを打つようになったからだ。

苦手なセンターに短く落ちるボールを、片手バックボレーで返球できるようになっていた。
同じくスライスの練習がバックボレーの練習にもなっていたからだ。

スクールレッスンで、コーチとの2分間ラリーの時、
単調な打ち合いでは私はミスしないので、
止まるスライスや伸びるスライスを打たれて、私の打点がずれる。😠
私も同じくスライスを入れてラリーをするが、
私のスライスは(身体が回転するので)サイドスライスがかかるので、(このスライスは修正したい)
2、3回で打ち勝つ単調なラリー練習になる。
(私は、1本のボールで延々とラリーをして、打点とフットワークの確認ができればそれでいいんだけど)

ダブルス形式練習になると、とたんに、
「攻めるな、つなげ、ラリーを楽しめ」と、コーチは言うが、
コートの中に4人入ってポジションについた時から、つなぐことは無意味である。
脳は、相手につないだボールを覚えていく。
これが試合経験となって、次のゲームでも同じ展開をするようになる。
脳のクセを甘く見ていると、永遠に勝てないプレーヤーになる。試合の時だけ攻撃的になるなんて、そんなに都合良くはいかない。
だって、私は10年もスクールに通っているのに「決められない」ままだから。

スライスって、私のテニスの可能性を広げてくれそうな気がする。
守備範囲が広がって、単調なラリーから脱却できるかもしれない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23639507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-02-11 22:23 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧