天気良いのに体調最悪(自分のテニスを振り返って)

快晴、暖かい。
今日中に熱を下げなきゃ、明日のPレッスンが無くなるので、家でじっとする。
家中のシーツを洗い、掃除をし、アイロンがけをし、
そして、今から何をするんだ?
ぽっかりと、自分の中に穴が開いたような気分。
授業の準備をしようかな。

毎年、春休みに集中的にテニスをするのだが、
2月の終わりころになると、もうむなしくてむなしくて、自分の存在意味がゼロになったかのよう。
(家人は、家が整っているのでうれしそうだが)

レディスの、無回転の軽いボール、打ち遅れて(=横打ちになって)斜め回転のかかったボールを打つのもあまり楽しくないが、
それより、ペアのことを全く考えずに、ガンガン打つ男性にはイラつく。
そして、彼女ら彼らとの間に、全く共通の話題が無い。(唯一の例外は、水曜にご一緒する先輩女性、旅行が趣味で、テニスと水泳を欠かさず、アクティブに生きている)

今のスクールは、日曜のクラスのメンバー(と、コーチ)が楽しくて入会したのだが、
みんなやめてしまい、
私もやめようかなあ、と思っていたところ、
今のSPコーチに声をかけられ、ベテラン試合に出ていくことを提案されて、彼のレッスンを主に残すことにした。
スクールがどうのこうのというよりも、コーチ次第。

私がテニスを始めたころ、(当時のスクールのトップレベルクラスに入れてもらったのだが)
担当コーチは「プロコーチ」で、基本ばかりを教えられた。
どこに行っても、「タケさんの後ろにコーチの姿が見えるようです」と言われていた。
そういや、ボレー&ストロークをえんえんと1時間くらいするクラスで、
相手に深くしっかりとつながなきゃ、ボールを横に払いのけられていた。
形式練習は「横割り」で、ぐるぐるぐるぐるとポジションチェンジして、ポーチ→ロブカバーのあ・うんの呼吸を教えられた。
声を出さなきゃ、怒られた。「お願い」「はい(私がいきます)」「アウトです」
このクラスを4、5年受講して、今のスクールに移ったんだった。
ベルディヒと私がひそかに名付けていた若い男性Pコーチに、
「そのテニスは古い」と言われて。(笑)

今、Pレッスンをするコートには、
「基本を大切に」という言葉がいっぱい貼られている。
基本だけでは、ゲームに勝てない。でも、基本が無いと、どこにも行けない。
ダブルスメインのスクールでなければ、ここに移籍しようかなあ、と思っている。
私が誰より信頼する「メンター」もいるし。
(私が真剣に頑張って、試合で結果を出すようになったら、彼女が私の専属コーチになってくれないだろうか。Pコーチはマネージメントで忙しいから。SPコーチはジュニアの指導で忙しいから)

「決められない」今の私の問題は、
「つなげることはできる」私がまずあってのことかもしれない。

「基本を大切に」。
クラスが昇格することよりも、ずっと大事なことだと思う。
そして、フィジカルな強さ。

そうだ。今日は、ボクシングジムへフィジカルトレーニングに行って来よう。
(熱はどうした。夜になると、咳が止まらなくなりどんどん上がる熱を、どうにかして今日中に治さなきゃ。スマッシュの練習を続けたいのに)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23653584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-02-16 10:21 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧