親は親の野望にむかえ

今日の毎日新聞「わたしの生き方」に、漫画家ヤマザキマリ(『テルマエ・ロマエ』の作者)が載っていた。
14歳でヨーロッパを一人旅し、その時の出会いが縁でイタリアに美術留学し、日本に帰って来てからシングルマザーで子供を育て上げた、など、共感する部分が多い。

「やろうと決めたことをまっとうにやっている姿を(子供に)見せることが大事です。あと、子供は放っておいた方が育つ。親は親の野望に向かってほしいですね」

私も、子供は放っておいた方がいい(正解は一つじゃないけど)と思う。
親の私の野望が、「テニス」とか「ボクシング」なのはいただけないけれど、
それでも、家人たちは、「毎日、タケが機嫌よく生きてくれていると、自分たちは安心して、やりたいことや自分の人生に取り組める」と言う。

昨日、新聞の書評欄で見た2冊をネットで購入、
もう届きました。はやっ!
a0112944_10343102.jpg
私は認知言語学には興味なく、むしろ脳の機能の方に興味があるんだけど、
仕事がら必要なので、購入。
ついでに、こちらも。
a0112944_10343649.jpg
イップスって、まだ究明されていない不思議な症状で、
アメリカの研究では、
イップスは局所的ジストニアなのではないか、と言われている。
「ラケットスポーツを元々やっていた人に発生率が高く」「(ゴルフの)ストロークオーバーミスが多い」と書いてある。
ふむ。私の(ベースラインまで飛んでいく)テニスサーブはやっぱりイップスではないか。(と言うと、笑い転げる人たちが目に見える。はいはい、私の場合、基礎技術不足です)。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23663686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-02-20 10:47 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧