LA LA LAND

a0112944_20351396.jpg
お友達のフェイスブック、映画「LA LA LAND」を読んで、
テニス帰りの電車の中から家人にメッセージを送ると、
近くの映画館で1時間後に上映だと言う。
テニスウエアのまま、映画館に駆け込んで2時間半。よかったよ~、ヨーコさん、ありがと~。

主演男性のライアン・コリンズはテニスファンならだれでも知っているスペイン選手フェレールにそっくりなんです!
そのフェレールが、
「私にはテニスの才能が無いのよ!」と叫ぶ私に(もとい、「私には女優の才能なんてないのよ」と叫ぶエマ・ストーンに)
フェレールが、「ある」と答えるところ(もとい、ライアン・コリンズが「ある」と)。
涙がどぼどぼあふれました。

女優になることを夢見る主人公は、6年間もオーディションに落ち続け、
自分で書いて劇場を借りて演じたお芝居は観客ガラガラ、おまけに「大根役者」と嗤う観客の声が舞台裏まで響いてくる。
(テニスで負けてばかり、「あのおばさん、なに勘違いしてるの?」の声が聞こえてくる私だ)
「夢を追うのはもう止めて大人になるの、大学に戻って弁護士になるわ」と、実家に戻った彼女。

でもね、最後の最後のチャンスに主人公をつなげてくれたのは、恋人の力。
世の中にたった一人自分の才能を信じてくれる人があれば、夢はかなう。
Dream comes true.

がんばるぞ~~~~。



[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23677727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-02-25 21:03 | 映画・音楽・絵画 | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧