つなぐか、攻めるか

コーチ、及びコーチレベルのプレーヤーたちと雑談していて、
つなぐことを学ぶのが大切か、攻めることを学ぶのが大切か、という話になった。
(正解は無いし、その人のプレイスタイルによるし、最終的にはどちらも大切で行きつくところは同じだと思う)
私は、まず質の良いボールを打ち、ポイントを取ることから始めた方が良いと思う。
でも私以外の人はみな、「まずはつなぐことから」であった。
(今日読んだ某コーチのブログにも、「初心者はまずミスをしないことから始めよう」とあった)

以前についていた(元トッププロ選手の)Oコーチは、
15歳くらいまではミスのない選手が勝ち、以後は良いボールを打つ選手が勝ち上がりプロとして残っていく、と話していた。
外国(と言っても、私の知っているのはフランスとドイツとアメリカ)では、ミスは「想定内」で、それより基本通りに身体を使って打てるか、足を使って打てるか、がまず問われる。
そして、外国では、ゲーム結果はあまり気にしない。(「負けてもいいからちゃんと打ちたいの」とは、アメリカ帰りのレッスンメイトたちが教えてくれる言葉)

勝ちたい気持ちが強ければ、きっと「ミスを減らす」方向のテニスを学んだ方がいい。
でも、「夢を追いたい」のなら、最初から足で打つ、身体で打つことを学んだ方がいい。

ああ、これがコナーズの言う「ゲームは変えるな」なんだ。
どちらもその人のスタイルで、そのスタイルを変えることは、たとえコーチであってもしてはいけない。

いつも思い出すのは、
私がテニスを始めたころに、その当時のヘッドコーチが言ってくれた言葉。
「タケさんはうまくなりたいんですか。それとも強くなりたいんですか。
結局、行きつくところは同じなんですけど、
そこに至るまでの道は違いますからね」

私には残された時間が無いから、
夢を追うだけでテニス人生は終わってしまうんだろう、
でも、「ミスを避ける」のは自分の生き方ではない。そんな自分は好きになれない。
「情熱があれば世界は変わる」と、ヨーコさんは私に言ってくれた。
「死ぬときにあなたはどこに向かおうとしていたのか、何を目指していたのか。それが大切だ」、私の好きな言葉だ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23678771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-02-26 09:34 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧