マスボクシング

今日、ボクシングジムに行ったら、
トレーナーが私にヘッドギアをつけてくれて、男性とマスボクシングをした。
何度も(軽くではあるが)打たれた。
打たれる時は、
必ず自分が攻撃した瞬間。
ガードが空くのである。

なるほど。
素早いパンチは、すぐに次の自分のガードを固めるためなんだ。

テニスでPコーチが口が酸っぱくなるほど繰り返し言うのも同じ。
「タケさん、体幹軸が倒れたら、次のボールにどうやって対応するの?」
打ったら次に備える、
私は打ちっ放しである。
次の瞬間、相手のカウンターの思うツボである。

残念ながら、
家人たちは、「脳への影響が心配だから、打たれるのはやめて」と、マスボクシングには反対である。
私のかかりつけ歯医者も、反対だろうなあ(笑)。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23680023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-02-26 19:55 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧