ジュニアと再びゲーム

練習しても練習しても試合では勝てない。
勝てなくてもいいから、練習通りに打とう、と思っても、
それでも、自分の課題って何だろう、と首をひねる。
「年をとって足が動かないから」と言われても、昔からず~とず~と勝てないからね。

SPコーチが、何を思ったか突然、
以前に私が一方的に負けたジュニア女子にお願いして、再ゲームをセッティング。

ゲーム後に、コーチもジュニアも、「タケさん、上手になったね、強くなったね」と言ってくれた。
そうなのか?
「良いファーストサーブが入っていたし、
ラリーになっていたし。
以前はラリーになる以前に自分のミスで負けていたから」

と言われても、自分では自覚無し。
ただ、私は以前よりシンプルになった。
前の失敗を引きずらず、1本1本のポイントに集中できるようになった。
(それでも、決め急いで「早打ち」になったり、「横打ち」になってネットしたり、後ろに戻る時間が無くてネットに出てパッシングを抜かれたり、反省点は山もり)

シンプルになるって、自分に余裕がないとできない。
余裕がないと、いらぬことばかりあれこれ考えて、目の前のボールが見えなくなる。どんどん空回りする。
その気持ちの余裕って、コーチのサポートのような気がする。

確かに、Pコーチの言う通り、私は叩かれて強くなる「モグラ」なんだけどね、
それは練習の上であって、試合では別。

そうそう、オムニでは、短いスライスはやっかいだ、
ゲーム中に私のボールが何度か短くなった、
意図した時もあるけれど、フレームだった時もある、
以前なら、「ごめん」と謝っていたが、今ではわざと打つこともできるようになってきた。
このメンタルも、SPコーチの魔法のおかげで相手に対する罪悪感が無くなった。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23682925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by matsunorida at 2017-02-27 22:18 x
シンプル=余裕・・・核心を突く一言ですね!まさにそう感じます、タケさんがわかりやすく言葉にして表現して下さった^^; 明日からも余裕が生まれるためにどうするか考えま~す(^0_0^)
Commented by take_velo at 2017-02-27 22:35
優秀なサポートって必要ですよね。一人の力では限界がある時でも、サポーターがその壁を乗り越える力をくれますよね。
by take_velo | 2017-02-27 21:45 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧