ミックスダブルスと女子シングルス

ミックスダブルス4ゲームを、相手を変えて2セットした。

最初は、コーチ相手であった。
私も(男性)コーチもバックサイド側に入り、
私は、フォアハンドストロークでもバックハンドストロークでも、打ち勝って、
ゲームも勝った。
ダブルスは、好きでないけど、(特にバックサイド側に入った時は)やるべきことが大体わかっている。
10年もスクールにいて、ダブルスばかりしてきたから。

次は、若い男性相手だった。
その男性もバックサイドに入った。
私は、早い段階でストレートを打ち、
その男性がいつもカバーに入るので、
ストレートラリーになった。
打ち負けるとは思わなかったけど、
10回もラリーが続くと、何かを変えたくなって、私はいつもクロスロブを上げ、
後ろに下がっている女性に打ち込まれて、結果、ゲームも負けた。
ここでは、ショートアングルで展開を変えるべきだったかもしれないが、
男性の打つボールの質が良く、リスクが高すぎた。
(だって、私が前衛だったら、ストレートラリーが続くと、インターセプションしたくなるから。
クロスロブを上げられると、体勢が崩れるから、相手もそうだと思っていたのに)

次の日、女性とシングルスの練習をした。
私がサーブを打ち、相手がリターンしてからの形式。(ポイントは数えない)
リターンが短くなると、女性特有のスライスは返しにくい。良い練習になった。
そして、50球ほどサーブを打ったが、フォルトはほとんど無かった。
(ガットかな。
2週間ごとにX-Oneを張り替えるのは、大変だ(-_-;)
バック側からの(なんちゃって)スピンサーブは、ストレートに打ち込まれていた。
左サイドからのセカンドサーブ、課題だなあ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23699278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-03-06 14:45 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧