サーブのトス

週末に家人たちとテニスをするコートで、
高校生の男子がシングルスの練習をしていた。
すぐ横で見学することができたので、
サーブのフォームを横から見せてもらった。

後ろ足に体重をのせて、そのまま左手をまっすぐ上に伸ばす、その延長上にトスは上がる。
私には、ずいぶん前方にトスが上がっているような気がする。
そこから前足に体重をのせ変えて、ラケットを振り出していく。
ボールが当たるのは、頭上ではなくて、右肩が左肩と入れ替わる時。一番体重がのる場所。

同じようにトスを上げて、同じように打つようにしてみた。
縦回転がかかり、コートまでの距離が短くなったように感じた。

でも時間がたつにつれて、自分のいつものサーブに戻り、またロングフォルトが多くなった。

一瞬(上手な人を見たり、コーチのアドバイスを聞くと)変わるんだけど、すぐに自分の癖が戻る。
本当に変わるには、時間がかかる、自動化するには、もっと時間がかかる。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23716966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-03-14 00:03 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧