私の中にコーチがいる

今日は暴風注意報が出るくらいの強風の中、
風下に立たされて、ストローク練習、
40分ほど悪戦苦闘した後、
「やめよう、時間の無駄だから」と、中断。
残りの時間をサーブ練習に当てた。
そのサーブも「横振り」になっているらしく、
腕組みして苦い顔のコーチ。
ちらちら、とその顔を盗み見していたら、
「試合は一人でコートに立つんだよ、一人で修正できなくてどうする!!!」と、雷が。

「いえ、大丈夫。試合中も、コーチは私の中にいます。
コーチの言葉は全部私の頭の中にあるから」(どこまでもポジティブな私)

レッスン終了間際になってやっと、
「風下に立った時は、相手が打った直後にはもう身体をひねって打つ準備して。
サーブは、左下までラケットを振り下ろして」
とコメントをもらった。

レッスン中にアドバイスしてくれたらすぐに直るだろうけど、
結局、自分の頭で考えて修正できなかった。
今日のレッスンがまるまる無駄になったようだけど、たぶんそれは違う。

Tell me, and I will forget.
But involve me, I will understand.

孔子の言葉である。
「言葉で言われても、すぐに忘れる。
でも、自身で体験したら、理解できる」

最近、コーチは「試合なら」という言葉を使うようになった。
私が一人でコートに立つことを想定し始めている。

ブログでレッスン内容を書くようになったのは、
私自身が、これまでに他の方のブログで多くのことを学ばせてもらったから。
私も外に発信したかった。

でも、「試合に勝つ」ことを私も目指していきたくなった。
私がレッスンで学んだことは、私だけのものにしておこうと思う。
これからは、レッスンのことは書かないで、本や情報を発信していけたらいいな。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23721153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 中級 at 2017-03-16 00:55 x
そうですね。書かれないほうがいいです。スクールやコーチ、レッスン生の悪口を書いたところで、テニスは、上手くなれません。

あなと同じスクールのレッスン生やコーチ、このブログ読まれていて、傷ついているひと、たくさんいるのです。

スクールも受け放題の悪口かくけど、あたなも受け放題されていて、やりたいほうだいされてますよね。

辞める辞めるといいながら、いつまでスクールにくるんやろって。読んでる人もいるし、私も、ボレーボレーのときに、あなたに、突然にスマッシュ打ち込まれて、とても恐い思いをしたので、あなたの顔をみるだけでも、気持ち悪くなります。危険な行為ですからね。

そういう行為をされて、嫌な思いをしている人は、たくさんいますから。テニスで、そんな迷惑行為をしている人が、テニスなんて、絶対上手くなるはずがないですね。
by take_velo | 2017-03-15 19:54 | テニス | Trackback | Comments(1)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧