恐れるな

Bill Pattonの『Top 5 strategies and tactics for winning tennis』を読んでいる。

ファーストサーブを確実に入れていけ、
ファーストサーブの確率の高い人が勝つ、と書いてある。
ただし、と続く。ここからが私には重要。
「もし、あなたがパワーに恵まれているのなら、フォルトを恐れるな。
リスクを負うことを恐れるな。
Find ways to play the power game with intelligence and in an effective way」

練習会のコーチが、私にいつも言う、
「ミスするなとコーチが言ったら、私には当てはまりません、と反論しなさい。
あなたは、ミスを減らすことでは勝てない。
打って打って攻め続けて、ミスして負けることであなたは学んでいくのだから、自分を信じて経験を積みなさい」
の意味が初めて本当にわかった。

テニスでは、自分のプレイスタイルはわからない。
でも、ボクシングで自分がパワープレイヤーであることがわかった。相手は吹っ飛んでいく。

名コーチであっても、ミスをさせないコーチは私には合わない。
ずっとずっとなんとなく感じていたことだ。
でも、頭脳を使ってプレイすることは大事。

テニス初級レベルの家人が、
まず深いボールを打って→浅いボールで前に出し(このボールを私はたいていアウトミスする)→ロブを上げる
の単純な戦略で私を苦戦させるのも、私にインテリジェンスが無いため。

PS 春にクリルに関する研究発表をして、
英語はツールであって、レベルを追い求めるものじゃない、と実感し、
得られる情報量が劇的に増えた。
英語でテニス教本を読むと、目からウロコのことばかり。
Kindleだと、読み放題なのもすごい。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23893921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-05-19 08:08 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧