今日のゲーム

2:6で1セット目を落とし、1:5で時間切れ。
数字で見るとボロ負けなのだが、
私のサービスゲームは、常にデュースまで行き、3ゲームはキープできている。

課題は、
・30:30で決まってダブルフォルトをし、自分からピンチの状況を作っていること、
・短くなったチャンスボールをことごとくアウトミスすること。💦(Pレッスンであれほど怒られたのに、やっぱりクリアできていない)

相手のフランス人は、自分でも宣言する通り、ボールがどこに飛ぶかわからない、(私にとってはフットワークの練習に良い)
手足が長くリーチがあり、足も速い。
サーブは、真下に叩きつけるように飛んできて、リターンで攻められない。
サイドスライスがかかっていて、バウンド後に止まって曲がる…人工芝ではやりにくい。

『Top 5 strategies and tactics』の中にある、リズムを狂わされる戦術で私は今日も苦戦した。

ところで、著者のPattonは、consistencyを「同じ軌道・同じスピードのボールを打ち続けること」と解しているが、
(だから、consistencyでない方が良い、違う軌道・違うスピード・違う深さで相手をかく乱する戦術が有効)
マイケル・チャンは、「同じ打点・同じスイングで打つこと」をconsistencyと解釈している、つまり、相手にconsistencyに打たせないよう、自分はconsistencyを守るように、と。

やっぱり足が遅くて、同じ打点、同じ軌道で打てなかった。
自分の技術の確認でいっぱいいっぱいで、相手をかく乱することもできなかった。

明日もたぶん、シングルスの試合をします。がんばろ。

良かったこと。
・サーブがイメージ通り打てていた
・自分のやりたいことをはっきりイメージしたまま、最後までトライできた。
・フォアストロークの回転量が不足して、ジャストアウトが多かったが、深く打てていた。
バックハンドは安定していた。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23895336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2017-05-19 21:43 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧