『国境を越えた医師』 Mountains beyond Mountains

2月3月は、トレーニングして、本を一杯読む充電期間です。

さてさて。
娘から勧められて今読んでいる本が、タイトルです。
舞台はハイチ。
秋学期に、授業でクレオール語を取り上げたので、馴染みのある場所です。

「きれいな水と健康管理、学校、食べ物、トタン屋根、セメントの床、これが揃っていることが、人間の生まれながらの権利の最低ラインだ」

なぜ公正な神が、こんなにも悲惨な状況をお許しになっているのか?ハイチの農民のことわざにその答えがある。「ボンディ・コン・ベ・メン・リ・パ・コン・セパレ」。(...)「神は、人間が栄えるために必要なすべてをお与えに
なったが、その戦利品を分配するのは神ではない。それはわたしたちに任されている」。

世界でいちばん貧しい国ハイチ。
その国で、本音でもって医療に取り組む医師の話です。

富を独占している側の世界にいる自分を感じます。
いや、私も貧しいんですけれど。
でも、自分を貧しいと言う、自分の愚かさ、自分のきれいごとの世界を恥じます。

なんだかいろいろなことに対して、涙が出ます。言葉にならない怒り。
子供が医療を受けられずに死んでいくことだけは、理屈なしに、どうしても泣かずにはいられません。

近所の写真です。
おみかん。
つやつやみかんの色彩を出すには、何が足りないんだろう...

a0112944_10404456.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/7977347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2009-02-20 10:43 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧