怒られた...へへ

お昼休み、イギリス人の先生とフランス人の先生とオーストラリア人の先生とロシア人の先生(ふたり)と私で、談笑中。
イギリス人の先生の話が、それはそれはもう面白いのです。
お国柄?(ブラック)ユーモアが冴えます。
私はずっと笑い転げっぱなし。
そしたら、「静かにしてください」と怒られちゃいました...ごめんなさい。

私は、その先生の英語が半分しか聞き取れないのです。
とほほ。
「もう本当にこの人は仕方ないなあ...」とおおげさに肩をすくめる(もちろん演技)イギリス人。
でも、ちゃんとゆっくり説明してくれます。
それでもわからない時はフランス人の先生が助け舟。
本当に私の「耳」は大丈夫なのか...?

教壇に立つことも、ブログを書くことも、ある意味、メッセージは一方方向。
日本語だってちゃんと届かないことが多いです。
そう思うと、誤解を受けたり、誰かを傷つけたり、怒られたり...することはとても怖いです。
でも、それでも、相手の話を聞いて、そしてこちらからもメッセージを返すことは楽しい。

コミュニケーションの可能性を永遠に信じていたい私です。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/8435293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2009-06-19 08:07 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧