宝物のような一日

仕事して帰ってきて家事して明日の準備して本を読んで寝る。
週末には、テニスして泳いで走ってそして寝る。
この繰り返しの中に結構幸せがいっぱい詰まっている私ですが...

たまに、この一日が永遠に続けばいいのになあと...あとから思い起こして「特別な日」になることがあります。

私が一番無心の私でいる時。
それは、ボールを追っている時。
ボールが空中に投げらた、その一瞬、私の世界には目の前のボールしかない。
そのボールが落ちてくるまでになんとしてでも拾う。
これは、もう本能。
お友達とか趣味とか、そんな次元を超えてしまう。
このボールを拾うことに全身全霊傾けている。

こんな当たり前のことに、気付かせてくれました。

ボールを追って青春時代を過ごした人には当然と言えば当然のことでした。
40年前の私と変わらない私がそこにいる。

で、ボールのサイズは小さくなったけれど、テニスは私が私自身であり続けるきっと唯一の時間です...
これからも大切にしたいです。
ランニングよりも自転車よりも。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/8469917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2009-06-23 06:02 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧