女の子が速く走れるって大変っ!

2か月前、娘が行ってきたカトリーヌ・ヴィダルの講演。
今、そのヴィダルの『脳と性と能力』を読んでいます。

ある島に学校ができた。
例外的に少人数の女の子も、両親の許可を得て、学校に通うようになった。
ある日、運動会があって、ある女の子が男の子たちよりずっと速く走った。

どうしてこれが彼らにとって驚きかというと、バルヤ族では女性が肉体的に男性より劣るのは当然であり、だから男性は戦士であり、女性は子供や畑、豚の世話をするとされていたのだ。実際、男性優位を築くための文化的理由から、ごく幼い時期をのぞいて絶対に男の子と女の子が身体能力を競うことはなかった。(p.12)

日本という恵まれた国では、「女だから...」という言い訳は、ひとつのかわいい甘えに過ぎないのかもしれない。
でも、世界のどこかでは、女だという理由だけで、自由に走ることさえ許されない、そんなことがまだ続いているのです。
女性が女性の能力を、わけのわからない「空言」「紋切り型の考え」で貶めることの無いよう、心から願います。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/8616142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2009-07-12 08:42 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧