Tコーチの送別会

新規スクール(1月神戸開講なんです、私は通うつもり)のマネージャーに栄転されたTコーチの送別会を兼ねて、特別レッスンがありました。
テニスのやりすぎで足を故障した経緯もあって、参加をためらっていたのですが、結局参加しました。

1コートに生徒は6名ずつ。
8人のコーチがペアになって、合計4コートを30分間隔で順回します。
私はアップも含めて2時間半、みっちり8人のコーチのレッスンを受けました。
(これで参加費2100円は安い!)

その中でもやっぱりTコーチの質の高さはピカイチ、際立っていました...
いろいろ貴重なアドバイスをいただいたのですが、ここで特別にひとつだけ公開しちゃいます。

「コーチから言われたこと、たとえばフォーム修正は、どうやって直していけばいいんですか?」と質問しました。
こんなつたない私の質問でも、言わんとしていることをすぐに、しかも正確にくみ取って答えてくださいました。

「いつも自分のテニスに意識を向け続けることです。漫然とプレイするのではなく、家に帰っても注意された点を頭の中で繰り返してイメージし続ける。「質」なんです。「質」の高い練習やテニスが上達するコツです。
それから、いくら意識しても、自分の実際のテニス(現実のプレイ)と自分の頭の中でイメージしている自分のテニス(つまり幻想)がかけ離れていたら、いつまでも悪いところは直らないです。だってその悪いところがきちんと正確に理解できていないわけですから。そんな時には、自分のテニスをビデオに写して、まずは現実を認識することが大切です。」

うん。うん。
上手くなりたいと思ったときには、ついつい、オーバーワークしてしまう、つまり「量」を目指してしまう。(そして怪我につながる)
でも、大切なのは、「質」なんだ。

最後のレッスンで本当に大切なことを教えていただきました。
心からお礼申し上げます。
いつも満員のTコーチのクラスには最後までレギュラー参加することはできませんでしたが。

必ずや、必ずや、もっと上手くなってみせます。
絶対に、昨日のコーチの指摘もクリアしてみせます。

また、お会いできる日を楽しみにしつつ。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/9091148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2009-10-12 08:49 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧