社会学が面白い

最近読みだした社会学の本が、全般、おもしろい。

バレーボールを再開した時も、自転車始めた時も、テニスを始めた時も、私は欧州型の市民クラブが頭にありました。
だから、クラブに登録して、コーチについて練習して、週日もトレーニングを欠かさず、定期的に競技・試合にも参加して、そしてその先にオリンピックが存在する (いや、限られた人だけですが。それでも、トップまでの道がつながっている) と思っていたら、日本にはそんなものはない。

キャリアアップしようとか、転職しようとか、人生をリセットしようとしたときの再教育の場もない。

あれだけ勉強しているのに、「生き方」はちっとも変わらない。

ああ、なるほど。そういうことか。
社会学にはその答えのようなものがあります。
同時に、なんだかやりきれなさも...残ります。

「人は変わらない」、だから社会も変わらない。
それでも、私は、長い目で見ると、きっと変わると思うのです。
それも、きっと良い方に。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/9208142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2009-11-06 19:55 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧