テニスをふりかえって

2年半前に、今のテニススクールの体験クラス(初級)にお邪魔しました。
担当コーチが、「本当にうまくなりたいんですね」と念を押した後に勧めてくれたクラスは、「(限りなく上級に近い) 中級クラス」。
今から思うと (いや、その時もいたたまれない気持ちでいっぱいでした…)、へたくそすぎる私はまわりの練習の足かせとなってばかりでした…みなさん、ごめんなさい。
試合形式の練習では、必ず私のペアーにはコーチが入ってくれて、相手の方々の練習に少しでもなるように、との配慮が必ずありましたが。
そしてこの2年半、私も、仕事以外の理由では決して休まず、課題として出されたことを家で繰り返し練習しました…

で、やっとこの頃、みんなに追い付き始めたかなあ、と。
まだまだできないこと、いっぱいですけれど…。
このクラスに入れていただけたからこそ、私は「中級レベル」を目指して来れました。

仕事の場でも思うのですが。
「上級」レベルのクラスには、「もう目標まで達している方」と「これから長いスパンをかけて目標に向かって行かれる方」の両方の方々がいらっしゃいます。

難しいです…

鏑木さんは、ビギナーの方も含めた講習会を「自分のコンディション調整の場」にされています。
私たちビギナーは、彼が現役を退いても、彼を含めたトップ先週の方々を自分の身内の選手として応援していくと思います。
私のトレランに対する思いはトップ選手と同じだと思うからです。

私の職場は、来年度から堺に新キャンパスを開校します。
あまり詳しいことはわからないのですが、「市民スポーツ」と連携したトップアスリートを育てる場になるのではないかと。
私が興味を持ち続けてきたことです。
堺には、市民バレーボールチームもサッカーチームも自転車博物館もあるのです。

「スポーツを愛する気持ち」も「うまくなりたい熱意」もみんな一緒。
でも、現在の結果(レベル)には、隔たりがある。
そのレベルの段階をふまえて、みんながやりがいを持って楽しめるスポーツって成り立たないかな。
これはひとつの文化。
年齢を重ねて、限りなく上を目指すことが無理になった私の、一つの夢です。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/9789029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2010-01-28 11:33 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧