zen

少しずつ走れるようになってきたので、テーピングの力も借りて、テニスレッスンに参加しました。
コーチに怪我の報告もし、自重しながらです。

テニスがなぜ足に悪いかというと。
スプリングステップ後の最初の一歩が、ふくらはぎにくるんです。

ということがわかったので、この最初の第一歩をあきらめて。
ラケットの面の確認、ミートの確認、振りの確認に専念しました。

「zen」というのは、「落ち着いて、クールに」という時に使うフランス語です。
この自分を律するというのが、私にはなかなかできません。
良い機会なので、自分に欠かけている精神面の修養をしようと思います。

「ふくらはぎが”ぐきっ”となりそうだったら、自分から走るのをやめる」
昨日、コーチから頂いた言葉です。
何事にも通じることで、なかなか実行できない難しいことです。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/9889557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pashmina at 2010-02-07 20:42 x
コーチ、いいこと言いますね。拡大解釈かもしれませんが、「試合となると実力の50%も出せないの」・・よく耳にする言葉ですが、それがその日その場での実力と捉えるほうが私は好きです。そのコーチも、今のコンディションを踏まえた上で、自己コントロールされた最高のプレイを、、と言ったのかな。若しくは単に「無茶するな」かもね(^^)
お大事にね♪
Commented by take_velo at 2010-02-07 21:20
ボールが来ると無意識に走ってしまうので、「走らない」という判断をとっさにして体に伝達させるのは難しいです。
「怪我は自分の体調管理能力の欠如」ということが言いたかったのではないかと私は理解しました。

「やろうと思えばできると思う(思いたい)けれど、しない」という判断を下すのには知恵と勇気が要りますよね、テニスを通して多くのことを学びましたが、これもその一つです。
by take_velo | 2010-02-07 09:13 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧