2017年 03月 08日 ( 2 )

今日はいろいろ学んだよ、テニス

ガンガン打つ男性とラリーをするのは、楽しい。
その力を利用して、カウンターを返す。相手のミスを誘う。
長い間、私の強みだった。

「相手の方が先にミスをする人と打ち合っても、練習にならないよ」と、SPコーチ。
う~ん。そうか。私の方が先にミスをする相手って、いわゆる「シコラー」である。
足が速くて、ふわん、ふわん、とボールをつないでくる女性たち。
でも、打ち合っていて楽しくない。

私が勝負できるのは、男性のような筋力ではなく、
「タケさんの場合は、スイングスピードで良いボールを打ってね」と、SPコーチ。
ふわん、と返されたら、頂点で叩く。相手の時間を奪う。
ボールの頂点で打つのは、技術的に難しいけれど、練習だと思って挑戦する。
面白くないはずのラリーが、自分の気の持ちよう次第でスリリングになる。

夕方、プライベートレッスンに行って、レディースのことを相談してみる。
「タケさんは、うまくなりたいの?勝ちたいの?
うまくなりたいんでしょ?今のままじゃ、勝てないよ」
うん。私は勝てなくてもいいの。
でも、コーチもそれでいいの?
「だから、いつもいいって言ってるでしょ。
ボクはタケさんに勝ってほしいと望んだことはありません」
でも、でも、コーチの生徒さんたちは、毎年全国に出てるじゃない。
「それは、タケさんがうまくなった時のこと。ずっと先のこと。
勝ちたいのなら、いつでも勝てるようにしてあげます。
タケさんに不足しているのは「なにがなんでも勝ちたい」という気持ち。
無いでしょ?」
無い。
「だから、あせらず、昨日できなかったことを今日できるようにしていきましょう」

そうなのだ。私がテニスに求めるのは、そこなのだ。
昨日できなかったことが今日できるようになる、その達成感。
日々、前に進んでいるという充実感。
いつまでも、不可能を可能にする夢を追い続けること、チャレンジすること。
それは、仕事にもつながっていく。

私という存在が丸ごと受け入れられるって、しあわせだ。
コーチというサポートに本当に感謝する。

PS サーブの支点は「肩」じゃなくて、「肩甲骨の下」だって、この説明が私の中にすとん、と落ちた。
あとは、安定したトス。
明日はオフにするから、明後日のレッスンが楽しみ(≧▽≦)

[PR]
by take_velo | 2017-03-08 20:39 | テニス | Trackback | Comments(0)

定年

美容院で雑談していたら、
「タケさん、そろそろ定年ですね」と言われた。

え?定年?
私は非正規雇用なので、定年はもっともっと先のこと。
でも、私と同学年の人たちは、定年まで秒読み段階に入ったんだそう。

私は日本で就職したことが無いから良く知らないんだけど、厚生年金は60歳の誕生日から?
来月(4月)に59歳になるから、なるほど、もうすぐだ。

ゆっくり老後を過ごしたいと思っていたけど、
私ってもう老人なのかな?本人に自覚全く無し。
自由になる時間が欲しい気持ちもするけれど、それでも仕事があるって幸せだ。

厚生年金の無い私は、死ぬまで働こう、それもまた人生。

PS 今年もテニス留学が決まりました。
1ヶ月の予定だったけど、やっぱり1週間にしました。
なんだか、レディーステニスの話を聞いて、
「私って、少し視野が狭くなっているのかも。
テニス以外にももっともっとやることあるよ、やらなきゃいけないこともあるよ」と、考え直しました。

[PR]
by take_velo | 2017-03-08 07:30 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧