2017年 04月 30日 ( 1 )

セカンドサーブを打ち続けられるかGW

金曜日から連続1週間テニスをする。
一日あけて(この日はボクシングの試合が入っている)、また3日続く。
最初のゲームでボロ負けし(内容はせっていたものの)、これからさらに、

・久々に同僚とシングルス
・優勝常連メンバーたちとダブルス
・練習会で初めてお会いする方たちとシングルスゲーム

負けるの大嫌いな私が、はたしてセカンドサーブだけを打ち続けられるか。
あああ。なんて時期に、なんて厄介な課題をPコーチは出すんだ。
でも、この経験は私のサーブを強くするような気もする。(変わらないかもしれない)

フォアストローク、しっかりと肩を入れて、左手を残して、高い打点で上に振り抜く(ワイパースイングですね)。
打点が遅れると、あるいは前に押し出すと、ネットミスする、
グリップが元に戻ると、アウトミスする。
この微妙な感覚を自分のものにしなきゃならない。

サーブもストロークも「体が開く」ことが問題だ。「手打ち」。

8月まで試合に出れない分、しっかりと課題に取り組もう。先を見て。

PS コーチの配慮で、SPレッスンが中断せずに受けれることになった。
友人たちからシングルスヒッティングとゲームのお話をいただいていたが、大丈夫になりました。
たくさんの方々に支えられていることに感謝して。
そして、シングルスゲームで負けるメンタル原因は、この「短気」にあると肝に銘じ反省して。

[PR]
by take_velo | 2017-04-30 07:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧