2017年 05月 07日 ( 1 )

GWのテニスを振り返って

GW中のゲームは、すべてセカンドサーブで通した。
セカンドでも、ゲームは成立する。
打ち込んできたのは、男子プレーヤのみで、
しかもリターンミスの数の方が多かった。
ダブルフォルトする自分のイメージが、脳内から消えた。

セカンドサーブをずっと打ち続けようかな、と「守り」の誘惑にかられるが、
ゲーム後のエキストラゲームで、ファーストを打ち、
身体の前で振り切るファーストの方が肩やひじに優しい、肩こりが解消するくらい肩周りがすっきりとすることに改めて気づいた。
セカンドは、身体に近いところで打つので、若干「かぶる」ように打つ。
バレーボールでもそうだけど、このかぶる打ち方は肩や背中に負担がかかる。

元学生プレーヤー男子とゲームをして、ベースとなるボールのイメージがつかめた。
ボールの後ろを「押す」のではなく「なでる」。
身体を使ってしっかり振り切ると、かなりの確率でフレームショットになる。
GW前の成功率は30本に1本くらいだったが、今では、10本に1本くらいは打てるようになった。
グリップチェンジをし、高い打点で取るように動き、スイングの中に打点を入れるのは難しい。
ゲームは、私の失点で落としてばかり。
(この男性に、前回、私は勝っている。
元学生女子プレーヤーと女子ダブルスを組み、男子ペアに勝った。
もちろん勝因は私のペアだが、女子テニスの強さを初めて知ったゲームだった)

じっくりと我慢してラリーを続け、前に出て決める、この課題はまだできない。
バックハンドのダウンザラインも打てない。

今日は、テニスはやめて仕事の準備とボクシング。
少しテニスに疲れてきたので、休みます。

[PR]
by take_velo | 2017-05-07 07:56 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧