カテゴリ:ラン・スイム( 251 )

2017年は走る

テニス界あこがれの(年下だけど)伊達公子も、
ランニング界の師匠(同じく年下だけど)佐藤センセも、
2016年にひざの手術をした。

彼女たちよりはるかに体重が重く、彼女たちより筋肉量もパフォーマンスも劣る私がなぜ故障しないかと言うと、
しんどいことをしないから、違和感があったらすぐにやめるから。

職場(ガチランナーがたくさんいます)で、
「怪我して走らなくなると、さらに走れなくなるでしょ。
走らないデメリットと走るデメリットを天秤にかけて、みんな走る続ける選択をするんですよ」と言われた。
確かに。
体重は増える一方だし、走るための筋肉は減っていく一方。

また15分走から始めようかな。
2017年は、10分アップ、15分ジョグ、10分ダウンの、ビギナーに戻って。

テニスは、
最も運動強度の高いスポーツなんだそう。つまり最も故障リスクの高いスポーツである。
だから、プライベートコーチは「テニスの時間を減らせ」と、ずっと言い続けている。
長時間たくさんのボールを打つことで、上手になるより、疲労がたまってパフォーマンスが落ちて故障するリスクの方が高い年齢になったということ。
そういや、(毎日2時間の)ブノアの個人レッスンは、まったく疲れなかった。
「今からの練習はしんどいよ。心拍上げてもらうよ」と言われても、
しんどさよりも楽しさの方が勝った。
上手に運動強度コントロールがなされていたと思う。
だから、2017年は、プライベートレッスンとゲームだけを残してあとは止めようと思っている。

[PR]
by take_velo | 2016-12-18 11:07 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

マイランニングコース

a0112944_17544189.jpg
a0112944_14391495.jpg

a0112944_14391530.jpg
a0112944_17544616.jpg
あまりに暖かくて、あまりに天気が良くて、
洗濯、掃除、布団干し、全部済ませ、
ランニングコースまで散歩に来ました。
一周1600m周回コース、
一年半前にハムストリングを故障するまでは、
5周してました。
また走れるようになるのかなあ。

家人が、
「広いところを一人で走っている時が一番自分らしいんとちゃう?」と言う。
そうかもね。

12月なのに、ヨットを楽しむ人たちがいて、⛵️
美しく咲く花もあって、
最高の休日です。

[PR]
by take_velo | 2016-12-03 14:31 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

久しぶりのジョグ

トレーナーに、
「なんでそんなに運動してて痩せないんですか(特に体幹)?」と聞かれた。
(自分のパーソナルトレーナーに言われたくないよ、ぷんぷん)

しかし、3時間テニスをしても、汗を一滴もかかない時がある(しかもしょっちゅう)。
これでは、3時間の運動量はデスクワークと同じだと思われる。

月曜日はオフ日(主に温泉に行く)にしてるけど、
久しぶりに階段ジョグをした。
ゆっくりゆっくりだけど、汗がしたたり落ちる40分。
久しぶりに重い(汗が絞れる)ランニングシャツを家に持って帰った。
久しぶりにすっきりした。人生すべてを肯定できるランイングハイになった。
そして久しぶりにふくらはぎがつりかけた。

[PR]
by take_velo | 2016-02-23 08:49 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

日本一過酷なハーフマラソン

今日はボージョレーヌーボー解禁日、
毎週ワインボトルを開けるようになったので、もう予約済み。

そして、今日はインフルエンザ予防接種を職場で受ける予定。
風邪はこじらせたままだけど、熱は無いので。

昨日のボクシングで、お腹周りの脂肪を隠し切れず、
「走っているんでしょう?(それなのになぜその脂肪?)」と言われ、
いや、ハムストリングスの故障で、7月から全く走っていない、と言い訳。

12月23日に、日本一過酷なハーフマラソン「マウンテンマラソン」が京都高雄である。
普段は歩行者の入れない嵐山・高尾パークウエイが会場。
ちょっと行きたくなってきた。
ぼちぼちと走り出そうかなあ。テニスをやめて。

[PR]
by take_velo | 2015-11-18 07:34 | ラン・スイム | Trackback | Comments(1)

『トレイルランナーヤマケンは笑う』

a0112944_19545684.jpg
「自分の中にある能力を出し切りたい」。

最初は「走るだけで幸せ」だったのに。

久しぶりにすごくすごく共感した本だった。
走っているうちに、つらさを超えて、風景と一体化するような気持になる。
「野生化」と著者は呼ぶが、私は自分の存在の根源に触れる瞬間のように思う。
そんな時は、タイムとか順位とか勝ち負けとか、もうどうでもよくなる。
(私は鈍足だけど)
こんな瞬間をもっともっと持ちたい、自分の可能性を100%出してみたい。

「痛みが出てしまった時のコツは、痛みをそのまま引き受けないこと」。意識を外に向ける。(p.176)

この言葉にも共感する。
この本の帯にある通り、「限界を(みずから)作らない」。
まだまだ私には潜在能力があるはず。老いてもあきらめずにチャレンジし続ける毎日でありたい。

PS のだが、今日は体調が悪く、ボクササイズはお休み。
風邪の初期症状なのか。それとも秋のアレルギー?
早めに寝ます。
PS でも、駅に入る電車を見て思わず走り出し、電車を追い越して駅に走りこみ無事乗車。おお、2か月ぶりのランだ(笑)、うれしい。

[PR]
by take_velo | 2015-09-26 00:00 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

トレイルランは中止中

股関節の具合が悪いのが主原因なんだけど、
「装備も持たずに半パンで山に入るな」の投稿を読むことが多く、
重い荷物をもって長ズボンはいて、山登りする気にもならず、
川沿いや公園の未舗装路を軽くジョグしながら、様子を見ている。

ニュージーランドでは(私の理解した限りではあるが)、「自然」と「人間の手の入った都市近郊トレイル」の区別が明快で、
「自然」である山に入るには、各種届け出やお金が要った。
その山を管理手入れする人は「国家公務員」で、山に入る規則(人数制限も含めて)も厳しく、自然は「国の財産」である。
一方、「夕方遊ぶためのトレイル」は、子供から老人まで好きなスタイルで(MTBも)好きな格好で楽しんでいた。

軽装で山に入ってトラブルに会い、重い荷物をもつ登山者や山小屋に助けを求める時には、
深い反省と感謝の気持ちが必要だろう。
でも、山はベテラン登山関係者たちのものではない。
(かつて、山はお金持ちのためのものだったらしく、
ガイドを雇うお金の無い者、高級な装備を買い求めるお金の無い者は、
無言の締め出しに会っていた(『孤高の人』にもでてくる)と聞く。

私はランが好きなので、山は遠くに眺めているだけでもいい。

[PR]
by take_velo | 2015-08-18 08:56 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

『マラソンウーマン』

何気なく手に取った甘糟りり子の『マラソンウーマン』が、おもしろい!
テニス大会アディダスカップに出るために猛特訓し、
足首を痛めて、靭帯の手術を受けることになる。
その時、クルム伊達のマネージャー松波さんから、
「伊達さんみたいにリハビリで走り出してロンドンマラソン目指したら?」
と言われて、一発奮起する著者。

年齢も近く、感性も近く、誕生日も1日違い、読んでいて共感するところいっぱい。
アディゼロの萩尾さんが著者をサポートし、
個人トレーナーもケアトレーナーもつけ、
最後には、トライアスロンの白戸さんもサポートしてくれるという、
まわりに恵まれる凡ランナーというのも、自分に似ている。
(10キロの大会に出た時の、私のタイムはたしか50分台。
同じく初エントリーした家人は40分台で、入賞した。
自分の鈍足に恥じ入ったが、そんなに遅かったわけでもないのかな)

手術した足首を何度も痛め、その度に
「痛みが無くなるまで休め」と、まわりに言われる著者、
私も休まなきゃ、と、改めて思う。
アメリカでは、走る時「have fun」と声をかけあいますよ、との萩尾さんからの励ましのメールに、
私も、楽しむ気持ちをどこかに忘れてきてしまっている、と反省したり。
スペインのサンチェスカサルアカデミーのコーチ一藤木は、
「テニスの技術はそう簡単には落ちないから安心して」と。
この言葉には、私も勇気づけられた!

着ているウエアも一緒だし、
身の丈の元気と、前に進む希望と、休む勇気をもらった本でした。

[PR]
by take_velo | 2015-06-17 00:00 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

桜咲くランニングコース

a0112944_09372308.jpg
いつも走る川沿いの道が、桜満開。

でも、一度も走らなかった(-_-;)
ボクシングに夢中だったこの春休み。
ボクシングを始めて1年になりました。
基本パンチは身につけて、コンビネーションに入っています。
いきなりパンチが飛んできて、どうよけるのか戸惑う最近です。(笑)

[PR]
by take_velo | 2015-04-03 00:00 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

久しぶりのスイム

ひざがどうも不穏。(階段を下りる時など)
マッサージの予約が取れなかったので、ジャグジーにゆっくりつかり、
久しぶりにゴーグルをつけて泳いでみる。
ボクシングは心肺機能も強化するらしく、
4かき1呼吸で、500メートルほど。
身体が沈むので(笑)、足に挟んだビート板が離せず…(-_-;)
スイムは、強度の低いリラックス系の運動のように見えるけど、次の日の筋疲労は半端ない。

このまま暖かくなるにつれてひざの状態が良くなってくれたらいいな。
しばらくは、走るのを控える(テニスでも)。
長時間勉強したら、ストレッチをする。

[PR]
by take_velo | 2015-03-11 07:36 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

梅林から尾根道へ

どんぴしゃ晴れの天気で、そろそろ梅の季節?、と思って近所の梅林へ。
a0112944_23361682.jpg
「見ごろ」までにはまだ時間がありますね。

脇にある「イノシシよけ」木戸を開けて、尾根道に。
実はこの道を走るのは初めて。
めちゃ気持ちいい道を発見!
a0112944_23362019.jpg
「また太ったんとちゃう?腹肉がのってるで」(-_-;)
「下り、また下手になったんとちゃう?」(-_-;)

日中は勉強しながら、デザート付きのランチ&ディナー → 賢くなるけど太る。
山には全く行っていない私 → 下りがますます下手に。

[PR]
by take_velo | 2015-02-22 00:09 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧