カテゴリ:つれづれに思うこと( 678 )

中級クラスって

風邪でも、好きなことならできちゃいます、テニスとかヒエログリフとか。(笑)

ヒエログリフは中級クラスにしか行かないことにしている。
初級クラスは、みんなの邪魔になるからね。

今日は碑文を読んだんだけど、
碑文って、決まり文句の繰り返し、去年も読んだから、ほぼ辞書無しで読める(はず)。
でも、これは「正論」で、みんなに合わせないといけない、しんどい。

テニスでも思うんだけど、「中級クラス」って、初級クラスですることをマスターしてるから「中級」じゃないのか。(これも「正論」。日本じゃ、嫌われます)

仕事で偶然読んだのは、紀元前3500年前のオブジェにあったヒエログリフ。
これについての英語の論文も少し読みました。
謎の部分(原料名とか)も多く、でも、昔の祭祀についてわくわく胸躍ることが多かった。
今から5500年前の人たちの息吹が伝わってくる、ヒエログリフ。
楽しい。楽しすぎる。
(ところで、紀元前3500年前と言えば、まだエジプト王朝統一以前のこと。
先生のご著書を参考に時代考証をしました)

来週はツタンカーメンの厨子を読むのだとか。
もう少し長文を読んでみたいなあ、と思うのだけど、これは来年の楽しみに。

[PR]
by take_velo | 2016-11-19 17:20 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

ヒエログリフ

a0112944_17064937.jpg

(写真は内容と関係ありません、我が家のレタス\(^^)/)

今年も始まりました、ヒエログリフ中級クラス。
師も走る11月に、なんて酔狂な!(笑)
と、思われるでしょうが、
実は、夏に頂いた仕事の中に古代エジプトのオプジエがあり、
私がヒエログリフを読んだら、
ルーブル美術館のヒエログリフ担当官の訳を送られる、ということがあり、
全て勉強したことはどこかで仕事に繋がっていく、という、不思議な体験をしたのです。

ちゃんと勉強しよう、と、今年も挑戦です!

[PR]
by take_velo | 2016-11-12 16:59 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

留学

今年の夏にテニス留学し、来年も継続しようと思うくらい実り多い体験をしてきた。
ただし、コーチ自身にも言われた通り、私は運が良かった。
良いコーチに巡り合うかどうかは運である。
有名なコーチであってもたくさんの資格を持つコーチであっても、実際のレッスン内容や仕事に対する熱意は分からない。

それでは、運とは何で決まるのか。
当たり前すぎるけど、周りのサポート力かなと思う。

私は若い頃、語学留学したが、費用や時間に見合うだけの成果を得られなかった。
私が未熟すぎた。
熱意も感謝の気持ちも貪欲さも無かった。

でも、次の留学(研修)は、
選考を経て公費をもらい、職場や家庭に頭を下げて理解を求め、人付き合いを避けてプーイングを受けても勉強し、教授との面接を取り付けて指導を仰いだ。

情報よりも、仲介業者よりも、費用よりも、もっと大切なものがあると思う。

ナダルは、アカデミーからの誘いがあってもマジョルカ島から外に出なかった。
ジョコビッチは、戦火の中、お金を集め援助してくれる人を集めて、それでもアメリカ留学はかなわなかったからドイツに行ったと言う。

外国に行けば夢が叶う、他人よりチャンスに恵まれるというのは、幻想かな、私の留学がそうだったように。



[PR]
by take_velo | 2016-11-08 08:48 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

自分の脳の中にたくさんの部屋がある

ず~っとず~っと前にフランス語で読んだ『羊たちの沈黙』、
レクター博士が長い間、本を取り上げられ外界との接触も絶たれて拘束された中で、
「僕の脳の中にはたくさんの部屋があるから、退屈することはない。
毎日、一つ一つ訪れて楽しむ」
私はこの言葉が大好きだった。
(これはもちろん作り話で、現実には、長い間孤独な状況に置かれると人間は精神に異常をきたす)

このところ疲れていて、自分の脳の中の少ない部屋を訪れている方が楽しい。
そこには、子供の頃の景色や、フランス留学時代の思い出や、読んだ本の大好きなフレーズや、なにやかやが詰まっている。

今日、トレーナーのケアを受けていて、身体に弾けるようないつもの張りが無い、と言われた。
そうだろう、なんだかテニスをしていても、動きにキレが無い。

今朝は、シングルスゲームをしてきます。
勝てるとは思わない。でも、プランを持って。

私のプライベートコーチは、
女性は男性には勝てないから気にするな、と言うが、
私の周りには男性に勝つ女性はいっぱいいる、
私が勝てないのは、私が弱いから、そしてゲームの経験が少ないから、であって、
決して相手が男性だからではない。
相手はパワーヒッターなので、体勢が崩れた時にどれだけコントロールしてボールが打てるか、その点を課題にして。
行ってきます。

PS 雑誌『ターザン』に、80歳の女性トレーナーが出てきます。
一瞬、セレナかと思った。すごい、筋肉。
アジア人はアフリカ人種のような体にはなれないが、それでもトレーニングは年齢に打ち勝つんだという見本のようで、勇気をもらった。
私もこの女性と同じで、丈夫で故障知らずなので、がんばろう。

PS 雨のためコート使用不可でゲーム中止。
私のプランは、
・左サイドのサーブの確率を上げる
・相手のセカンドサーブで攻める
・サイドに振られた時に、ストレートにカウンターを打つ
でした。
試すことができず、残念。
11月は、勉強会で土曜ゲーム練習お休みになります( ; _ ; )/~~~。

[PR]
by take_velo | 2016-10-29 06:32 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

負けると、もうしない

子供が小さかった時、私は保育士の勉強をした。(成績優秀で文部大臣賞を受賞し、
東京の文科省まで呼ばれたが、辞退した)
その時に読んだ本の一つに、
すくすくと才能を伸ばしていく子供と伸びない子供、いったい何が違うのか、を追跡調査した研究があった。
子供の中には、一度誰かに負けると(たとえそれが大人であっても)二度と挑戦しなくなる子供がいる。そんな子は、大きくなるにつれて、どんどん行動範囲も興味の対象も狭くなっていく。幸せ度も低いのだという。
親が過剰な期待をするからなのかと調べてみても、どうやらあまり関係ないらしい。
子供の持って生まれた性格なんだそう。

私の子供は、何かにつけて時間のかかる子だった。
何でもすぐにできてしまう私は、つい「どんくさいなあ、のろいなあ」と(120%の愛情をこめて)言うことも多かった。
本人は結構傷ついていたらしいが、それでも、他人の倍の時間をかけてマイペースでいろいろなことをマスターしていった。
大人になるころには、ほとんどすべての分野で私をはるかに追い越してしまった。

テニスレッスンで、ポイントを競うゲームをすると、
負けそうな相手とは当たらないように、順番をこそっと入れ替わる女性が多い。
不思議である、レッスン代を払っているのなら、強い人と当たって練習する方がお得なのに。
今日は負けても、明日勝てばいいのに。
負けても失うものは何もないのに。

自分よりレベルが上の人には必要以上にへりくだり、
自分よりレベルが下の人や、高齢で身体が動かなくなりつつある人に対して横柄な態度をとる生徒も多い。
スポーツマンとして最低の態度だと思う。
「勝つ」ことは大事だが、最終的には己に勝つことこそ本当の勝利なんじゃないだろうか。

[PR]
by take_velo | 2016-10-28 05:52 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

ものを無くすことが続く

一番ショックだったのが、親に買ってもらった8ミリ花玉真珠のピアスを片方無くしたこと。
(またかい。でも、毎日ピアスをつけていたいし)

月刊誌、同じ号を重ねて買ってしまった。が~ん。

回数券カード、無くすこともう数回目。
(ピタパにすれば、と言われるが、少しでも交通費を安くあげたい)
化粧品のパフ。洗って置いてたのにどこかに消えた。
冷却マフ、お気に入りタオル。(たぶん、どこかのロッカーにうっかり放置されたと思われる)

不幸と共にお気に入りのものは自分のもとを去っていくらしい。

(それにしてもうっかりミス多すぎ!)。

PS 今日はさらに、ごみを玄関に出しっぱなしで忘れて出かけ(生ごみのにおいが玄関に充満)、
190円区間を280円の回数券を使って電車に乗り。

ひとつひとつはたいしたことはないんだけど、積み重なると、気が滅入る。


[PR]
by take_velo | 2016-10-10 08:43 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

本が読みたい

朝の通学時間帯、
本を読みながら歩いている学生がいる。
「あぶないよ」と声をかけたかったが、
思えば、スマホでもなく、小テストに出るであろう参考書やノートでもなく、
単行本を熱心に読みふけりながら歩く学生なんて、なんと珍しい光景になったものだろう。
(ちなみにこの学生、金髪の女性で読んでいた本は英語だった)

今年は暑い日が続くが、毎年秋になると本が読みたくなる。
夏休みの間、毎日毎日スポーツをするので、秋学期が始まるとお気に入りのマグカップを出して積んでおいた本を取り出して家にひきこもりたくなる。

でも、目が衰えて長時間の読書は無理、
睡眠も浅くなったので、コーヒーも飲めなくなった。
それでも、今日のテニスレッスンが終わったら、書店に寄ってみようと思っている(≧▽≦)

[PR]
by take_velo | 2016-10-05 07:33 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

この夏のフランスに思いをはせる

a0112944_18563451.jpg
私が滞在したのは、Tuchanから南に5キロほど先にある小さな町。
Tuchanは、トレイル(コルビエール山岳地帯)の基地であった。
来年は絶対に山に行きたい。

Tuchanは、ルシヨン地方にある小さな町。
a0112944_18562470.jpg
そして、このルシヨンは、フランスの南西部にある。
a0112944_18563052.jpg
そ。私は地図マニアである。
地図を眺めているだけで、何時間でも何時間でも夢に浸ることができる。

ああ。フランス人になりたかったよ。
フランスでテニスをしたかったよ。(「すればいいやん。年取ったら、したいことを全部したらいいよ」とは、家人の言葉)
でも、自分の仕事も好き。自分の家族も好き。
日本にいて、遠い国に思いをはせるのが、ちょうどいいのかも。

[PR]
by take_velo | 2016-09-30 06:51 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

この夏の悩み くさい

私じゃありません、我が家の洗濯機。

ドラム式の超大型洗濯機が、洗面台の横においてある。
スポーツ好きの私と、仕事人の家人が(クリーニング代がもったいない)、
とても重宝している洗濯機。
服が傷まないし、洗濯時間が短いし、いいことずくめ。
のはずが、今年の夏は、「ぼっとん便所」か、と思うくらいの悪臭に悩まされた。

専用洗剤を使って「槽クリーン」をするとましになるが、
10日もすると元の木阿弥、くさい。

ある日、家人が、「ママのウエアも同じ匂いがする」と。
私の汗まみれのテニスウエアやボクシングウエア、翌日朝に洗おうと洗濯もの袋に入れていたが、
ううう。くさい。
これか。原因は!?
(うそです、日本のドラム式洗濯機の唯一の問題点、「洗濯機のにおい」。困ったもんだ。
各メーカーが解決に取り組んでいるところ。
早く解決してくれ)

PS 我が家の芝にキノコが生えてきた。半端ない日本の湿度。
蒸し暑い。

[PR]
by take_velo | 2016-09-18 09:37 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

2日間の夏休み☆

週末期限の仕事(実は個人的に興味のある内容だった)を昨日夜に終えた。
水曜&木曜はオフにしよう。
(金曜の授業はどうするんだ⁈)

振り返ってみると、難易度の高い仕事をいただいて、結果、自分のスキルアップになり、楽しかった。
仕事は、挑戦すればするほどやりがいがある。
プレッシャーを糧にして、課題をやり終えた時の達成感は半端ない。

フランスで、今後の研究のことを相談したかったんだけど(そのために準備もしていったんだけど)、
教授がリタイヤ時の心理的問題を抱えていて、
相談するはずの私の方が聞き役に回った。
かつての指導教授や父の姿を思い出していた。

「あなたは、老いてもバランスを保って生きている」と言われたが、
無遅刻無欠勤で目標に向かって挑戦し続けるのも私なら(仕事)、
難しそうな課題やストレスから逃げ、やりたくないことはせず、飽きたらさっさと乗り換える、いい加減で享楽的なのも本当の私(テニス、ボクシング、ランニング、自転車、水泳…)。

仕事で出てきたヒエログリフ、今年も受講しようかな。
11月は目が回るほど忙しいので、パスするつもりだったが、
「言語」はおもしろい。生身の人間と話すよりも、古代のひとが書き残したものを紐解く方がスリリング。
土曜テニスはお休みになるけれど。ま、いいか。

PS のはずが、追加の仕事が入り、明日も仕事💦。

[PR]
by take_velo | 2016-09-14 08:21 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧