<   2009年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

彼女を自転車に乗せる方法

書店でぱらぱらと立ち読みをしていたら...
ちゃんと中身を読んだわけではないので、一般論として私見を。

女性は注目されるのが好きだから自転車に乗った姿を写真にいっぱい撮ってあげよう。
げげげ。
ひとが社会的立場やしがらみを忘れて楽しんでいるのに、カメラを向けるやつ。そのカメラを思いっきりふんずけてやりたい。
ホームステイしていた超美形のドイツ女性N、山登り中、同行者たちにパシャパシャと撮られて、「肖像権代を払えっっ!!」と大声で怒鳴っていた(ただし英語で)。
ぎゃははは、と笑い転げた私。
ところで。
某ビル某売場に、丸々太った豚のような(チェストベルトとウエストベルトのせいでボンレスハムにも見える)私が山の中をどすどすと走っているドアップ写真が2枚もおいてあります...そっと持ち帰ろうとしたら「だめです」とか...どうか、誰も見つけませんように...おおお、あまりにも醜悪で目を覆いたい...

彼女が少し走れるようになったからと言って、本気で相手をしてぶっちぎることの無いように...
私の周りの女性サイクリストは、たぶん本気で走ったら、男性ライダーをぶっちぎるのは簡単なはず。
というか、ぶっちぎられて置いてきぼりくったら、男でも女でも腹が立ちません?
一緒に走りに行ってて、「本気で相手するとか、しないとか」、なんかいやな発想です。
速く走ることが立派だと思うなら、レースに出ればいいんじゃ?
友人たちは、私が上り坂でよたよたへたれていたら、3度同じ坂を上って下って、最後に一緒に山頂ゴールインしてくれます。「やった~!きれいだね~」って言いながら。

女って、うまく乗れているかどうかなんかより、自転車に乗っている自分の姿を見てほしいから、とにかく「きれいだね、かっこいいね」とほめる。
人の目を意識したら、筋肉衰えた足や腕を丸出しにしたり、三段腹を強調するぴったりしたサイクリングウエアなんか絶対に着れません。
自分が快適だから、自分がそのウエアを好きだから、着るのです。
「そのぴったりアソス、似合っているね」なんて言われたら、パーンチ!です...っていうか、自分がトム・ボーネンのようだなんて、絶対に夢にも思っていませんから。

うふふ。
ま~た、しょうもないことにいちいち反応して愚痴っているよ、この人。はいはい、もういいからとにかく乗りにいこっ、って周りの声が聞こえてきそう...

a0112944_19554742.jpg


一度走りにこうかなあ、と思って、下見に行った舞洲です。
あまりにも悲しい風景に、もう2度と行かない、と思いました。

きれいな風景と、おいしい食べ物と、心和む仲間と。
この3つさえあれば、自転車はいつも楽しい。
きっと、他の女性もそうだと思うのですが...

明後日から5連休。
自転車乗りませんか?
[PR]
by take_velo | 2009-04-30 20:03 | 自転車 | Trackback | Comments(4)

コーチの球拾い

「どうでもいいやん」と言われそうですが。

コーチがまだ球を集めているのに、生徒の自分が立って見ているのは、ものすごくいやです。
「古っ」でしょうか?

留学生を担当することがよくあります。
授業が終わって黒板を消そうとすると、必ず、彼らは「自分たちがやります!」と前に来ます。
「これも教員の仕事だから」と言って断っても、「私たちの国では、教えてもらう者が後片付けをするのは当然、と習います。きちんと教育を受けてきた人間として、先生に黒板を消させて自分だけさっさと帰るなんて、恥ずかしくてできません」と返答します。
そのうちに、「あいつは点取り虫のよいこぶりっこ」という周りのネガティブな反応に気がつき、彼らも躊躇するようになります、私も、余計な気を遣わさないように、授業が終わる前にさっさと黒板を消してしまいます。

かつて中学生だった頃、「球拾いしてみんなうまくなるんや」とか言われたけれど、そんなことは昔も今も全く信じていません。
球を打たなきゃうまくなるわけない。
でも。
コーチにボール拾いさせて平気な神経・習う姿勢では、決して決してテニスもうまくなるわけない、と信じています。

年とると。
いやなものはいや。
だれにどう思われようと、人に媚びて生きていくのはもうまっぴらごめん。
やっぱり、力づくでも、球拾いは代わってもらおう。

先日の遷都祭で。
まんとくんです。

a0112944_2118736.jpg

[PR]
by take_velo | 2009-04-28 21:19 | テニス | Trackback | Comments(0)

雨の中、奈良サイクリングゆるり編

偶然が重なって、今日は私が地図を見ながら奈良の町を知人とサイクリングすることに...うふふ。

知人が自転車を用意してくれています。

a0112944_1915554.jpg



大丈夫、大丈夫。
地図も持ったし、今日は「自転車道をコンパクトに走るコース」。迷うはずない。
変速も快適、なんだかよく走ってくれる自転車です。きもちいい~、自転車好き~。

と思いきや、なんと最初の目的地・薬師寺で、その地図は私の手から知人の手へ025.gif
今日、何度私は、別の方向へ向かって暴走したことか...
若草山と生駒山がわからなくなるなんて冗談かと思っていたけれど、本当にまさにそれは私。
それに気づいて、素早くナビゲーションを代わってくれたナイスな知人です!

間歇的に激しく降る雨と暴風。
その中を、迷いに迷い、ついには二人で笑い転げながらの帰還。
なんだかとっても仲好しの気の合うサイクリング仲間になりました。

次回は、山の中を「ゆるりと」サイクリングの計画です。
だれか、暴走を繰り返す私を止める監督になって~~~~!


薬師寺です。

a0112944_1929313.jpg


二人できれいな建物だね~、と感心しながら横を通った「少年刑務所」。

a0112944_19295969.jpg

[PR]
by take_velo | 2009-04-26 19:30 | 自転車 | Trackback | Comments(2)

『下流の宴』とバルザック

毎朝楽しみの『下流の宴』(林真理子)。
木曜の連載部分に次のような一節がありました。

通学カバンなんてたった三年使うだけで、用が足りればそれでいい。本革と人工は、そんな違いはないのに値段は倍する。あんた、今、そんなことにこだわると、どうでもいい違いのために、倍働かなきゃいけない生き方すんのよ、それでもいいのって。

なんか、すとんと落ちた一節でした。
うん。なんか、今の時代。

私の大好きなバルザックには、次のような描写がいっぱい出てきます。

手袋買うときには1ダースまとめて。
真白の鹿革でぴったり一部の隙もなく自分の手に合うものを作らせて、一度身につけると、惜しげもなく下僕にやってしまう。
下僕はほとんどまっさらのその手袋をつけて、ダンディー気取り。

奥の私間に通されて、今起きたばかりの婦人は、最極上級のカシミアの、白に限りなく近いベージュのアンサンブルを着ている。
誰も見ない部屋着だというのに、その贅沢さ優美さ...
うっとりため息を漏らす「私」。

そんな世界に突き動かされたかのように、バルザックは一生借金に追われてあの大作を書き続けたのです。
バルザック好きな私としては、うれしい限り。

作者の林真理子もきっとバルザック側の人間。
そして、私も。
美しいものを見ると、「私を呼んでいる」声が聞こえます(笑)。
極上の革やカシミアやシルクを見ると、手がその手触りを感じてしまいます。
一緒だとわかっていても、人工のものは買えません...


話変わって。
昨日、良い天気だったので、窓を開けると、前は駐輪場の2階。
フェンスに沿って、ピストバイク、ロードバイク、マウンテンバイク数台が一列に立てかけてあります。
ピンク、赤、水玉のバーテイプ。そして緑のタイヤ。
あああ、きれい。
写真が撮りたかったけれど、授業中だったので、終わるまで待っていたら、学生が、一台、また一台と乗って行ってしまった...

自転車って美しい、と思います。

a0112944_8433987.jpg

[PR]
by take_velo | 2009-04-25 08:44 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(4)

ウエア

MTB女子部で走っていると。

a0112944_8272653.jpg


MTBウエアってロードバイクとは違うんだなあ、と実感します。
私はリュックがストレスなのでサイクルジャージを着るのですが、最近女子部の方々のウエアが(特にるいるいさん)かわいいなあ、と思います。
っていうか、欲しい!

女性ものウエア・アクセサリーは、きっとカナダでいっぱい買えるはず。
「はず」というのは、所属しているボルドー大学(フランス)に行った時に、毎回、サイクルウエアを探すのですが、見つからない…なぜ???
郊外を走っているサイクリストも、なんか「ふつう」。
(普通でもかっこいいのですが...)
カナダはどうなんだろう...

今のお気に入りテニスウエアはこれ053.gif

a0112944_8494883.jpg


かわいい、かわいい010.gif
こんな女性サイクルウエアがほしい!
[PR]
by take_velo | 2009-04-22 08:54 | 自転車 | Trackback | Comments(2)

MTB女子部イベントNo.3

今日は良い天気でしたね。
女子部のメンバーで、ハイキング道を通って牧場に行ってきました!
美味しいスイーツとランチをゲット。
楽しかったです!

今日はこそっと。
るいるいさんのコーナリングを見せてもらいました!
きれいなリーンアウト!
私は密かにるいるいさんの走りが大好きです。

るいるいさんです。顔は内緒。妖精のような方です。

a0112944_19383346.jpg



森の中です。

a0112944_19394359.jpg
a0112944_19413857.jpg


お世話になったのりこさんにもありがとうを。
[PR]
by take_velo | 2009-04-19 19:42 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

村上春樹

村上春樹が好きです。

今、『ダンス・ダンス・ダンス』をフランス語で読んでします。
奥さんに逃げられた後にひきこもり、「雪かき」のような仕事を再開して、「運命の女性」と出会ったところです。

私たちの世代って、「信念」や「大義名分」のためには熱くならない。
でも、恋だの愛だのは、信じているのです。

元気の無い時に、あなたを遠くから眺めているだけで幸せ、暖かい。

共感です。
[PR]
by take_velo | 2009-04-18 21:39 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

カメラ一眼レフとひさびさの動揺

いまだに、お古のデジカメを使っています。
小さいからジャージの背中のポケットに入れておけるし、落車しても惜しくない。(あ、いや、落車はしませんが)

「先生の趣味は何ですか?」
ときかれて、「カメラ」と思わず答え、その後で急いで「シャッター押すだけしかできないのですが」。
そうしたら、学生が教壇にやってきた...あ、いえ、授業中なんですけれど...
おもむろに見せてくれたのは、Nの一眼レフフィルムカメラ。
「ここから覗いてみてください。」 ふむふむ。
「真中にいくつか丸が見えるでしょ、ここをまわして、その丸がきっちり重なるようにしてください、そしたらピントが合っています、ここは明るさです...はい、フィルムはちゃんと入っているから、ここを押して」

あ、いえ、フィルムがもったいない...
でも、どんなふうに写るんだろう...
いやいや、そんな問題ではなくて。授業中だから、とりあえず、「ありがとう。今は授業続けますね」。

そうしたら、別の学生が、また質問。
「私たちは先生のことをどう呼んだらいいんですか?」
どうって、「〇〇先生」じゃなくて?
「”キング和”って呼んでいいですか?」
「なんで、キング?」
「先生ってキングって感じだからです!きゃあ、きゃあ、キング和!!!」

ってことで、激しく動揺。
なんで「キング和」?
ってか、キング和って、何????

授業後、「カメラをもう一度触らせて」、と頼むこともできず、頭くらくらのまま控室に帰った私です。

だれか、キング和をおしえて!?
[PR]
by take_velo | 2009-04-16 20:31 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

バースデイプレゼント(わーい)と留学生

pashminaさんからバースデイプレゼント。
テニス特訓をしてもらうことになりました。わーい。わーい。
ありがとうございます。

1か月ほど前から、得意なはずのフォアハンドストロークが絶不調。
ほとんどネットにかけてしまいます...

今日は、久しぶりにお会いした上級クラスのHさんとペアに。
ずっと足を引っ張りまくりです。
次のサーブをリターンしそこなったら、さすがにやばい、泣きそう...悔し涙は、家に帰ってからと決めているのに...
「あなたはバックが苦手だから、バックにほら、よ。」と、コーチに軽くサーブを入れられて、
「絶対にエースを取るっ!!!」

っしゃあ!!!
でも、たまのエースではなく、コンスタントに決めたいなあ。
特訓じゃあ!


ところで、諸般の事情から、土曜日に4回も特別授業が入ります...
土日は、できれば空けておきたい...
補講にしてもいいかなあ...
夏休み中の平日にでも...
と、思っていたら、留学生が、「それはやめてください、ちゃんと授業を受けたいです!」
おおお。
そしたら、別の学生も、「単位がどうとかじゃなく、フランス語を勉強したいんです!」

っしゃあ!!!
休み返上するぞと思ったのでした。
学生、偉い!
私もみんなの応援するぞい。
しんどいけど、幸せな仕事です053.gif
[PR]
by take_velo | 2009-04-14 20:45 | テニス | Trackback | Comments(0)

デ・ローザ mon amour

ずっと家でお留守番ばかりだった私のロードバイク。
暖かくなって、山の中はクモの巣・蜂の怖い季節になりました。
クラインにはちょっとお休みしてもらって。
出番ですよ!私のロードバイク、デ・ローザ!

というわけで、今日も走ってきました。
(ここだけの話、今年いっぱい月曜午後はオフです!!!!)
お気に入りコースは「激坂」です、下りで「絶叫マシーン」になるので、今日は、まったりゆるりと、武庫川サイクリングロードに行きました。
桜も散り、なんと、こいのぼりが...

a0112944_17471541.jpg



a0112944_1748473.jpg


貧弱な乗り手ですが、機嫌よく動いてくれます、私のロードバイク、デ・ローザ053.gif
[PR]
by take_velo | 2009-04-13 17:55 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧