<   2009年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

モントリオールから(5)

今日、はじめてバスに乗って街に出ました。
モントリオール美術館に行くため。

a0112944_6591416.jpg

新館の前で、研修生たちが説明を受けています。
彼女たちを写真に撮ってていたら、あらら、その私をまたまたDが写真に撮っている!

a0112944_714244.jpg


私は、Fortinの絵が気に入りました。
とても美しい木々の絵を描きます。

そのあと、有名なマギル大学(こちらは英語を話す)に行きました。

a0112944_742039.jpg

最後に、寮の前にある建物のテラスにある自転車、きれいだなあ、と。
私も乗りたいなあ。

a0112944_7671.jpg


[PR]
by take_velo | 2009-07-31 07:08 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(0)

モントリオールから(4)

キャンパスの裏は、墓地とモン・ロワイヤル公園(森林公園)です。
夜の散歩に出かけてきました。(ああ、カメラを持って行くべきだった...)

墓地は高台にあります、上りの舗装路が延々と続きます...
ときたら?
はい、ロードバイクに乗った自転車乗りたちです。
彼ら彼女ら(男女比がほとんど同じ!)は、墓地を集団で走っていたのです!!
車もないし、人もあまりいないし、周回道路だし、ま、気持はわかるのですが、日本ではちょっと考えられないですね。

そして、モン・ロワイヤル公園。
元々は林業と狩猟の場所だっただけに、道はすべて未舗装路。
ここは、MTBとクロスバイクの人たちでいっぱい。
ジョッギングをしている人も。散歩をしている人も。

とても素敵な夕日を見ることができました。
モントリオールの街の夜景も。
きっと私のカメラの腕じゃ、ろくな写真は取れなかったから、心の記憶の部屋にそのままとどめておきたいと思います。
宝物がまたひとつ私の中に増えました。
[PR]
by take_velo | 2009-07-30 19:17 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(2)

モントリオールから(3)

今日から研修が始まりました。
仲間たちです。

a0112944_665084.jpg


教授法のクラスは、奥に座っている女性が先生です。
彼女自身、幼いころに外国の学校で「コミュニケーションが取れない」というつらい経験をされています。
「言葉の能力(その外国語が話せるかどうか)」と「知的能力(例えば理解力や計算力など)」が混同される傾向にあるが、それは間違っていると話されました。
この先生が大好きになりそうです。
18か月の子供がいて、その子と一緒にもっと時間を過ごしたいから、正職を辞めたばかりだそうです。

午後は、ケベックの歴史と文化について。
「マグロ男」の進化版がケベックの男性だと知って、う~ん。
30歳男性の80%が両親と暮らし、責任を取りたくないから子供は欲しくないし結婚もしたくない、でも40歳過ぎたら身の回りの世話してくれる人がだんだんほしくなって、それでずっと若い女性と結婚するんだって、なに、それ?!
って、講演でした。
ケベックと日本は家庭形態的には同じ社会に属するそう。(famille souche、長男が家を継ぎ親の面倒を見る、そしてその形態が1960年以降変化してきた)
おもしろい。
[PR]
by take_velo | 2009-07-29 06:20 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(0)

モントリオールから(2)

ケベックシャンソン(詳しい事は、春に出る機関紙に書こうと思っています、興味のある方は良かったら読んでください、インターネット上でも公開になりますので)アトリエの後、聖ヨセフ大聖堂に行きました。

a0112944_792598.jpg


奇跡を起こしたことで有名なアンドレ修道士が作った大聖堂なのだそうですが、私はこの裏にひっそりとある大金持ちの住む住宅街を散歩してみたかったのです。
a0112944_7274082.jpg



なんだか時間がふうっと止まったような空間でした。

そして最後に、今日もらった学生証。
この歳で学生証なんて、ちょっと照れますが、立派なスポーツ施設がすべて無料で使えるそうなので...
いや、この足で走ったりなんかしませんが。たぶん...
a0112944_734830.jpg



自分の写真、疲れているなあ、と。
スポーツ施設には、サウナが3つあるそうなので、そのうち行こうかな、と思っています。
上のカードは、モントリオールメトロバス共通カードです。
明後日の午後は、研修が無いので(アイススケートはやっぱり希望者対象でした、ほっ、その時間が空き時間になります)、ちょっと遠出をしてみよかなあ、と思っています。

それでは、また。
[PR]
by take_velo | 2009-07-28 07:38 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(2)

モントリオールから(1)

こんなとこに住んでます...って、自転車がどんなに優遇されているかを見てもらいたかったので。
a0112944_1402658.jpg
三ツ星のように見えますが、寮の設備は、ちょっとつらいものが...
昨日は騒音に悩まされてほとんど寝ていません...

a0112944_1432538.jpg


寮の前です。素敵なキャンパスです。

a0112944_145219.jpg

寮の横です。
あああ、MTBに乗りたい~~。

a0112944_147254.jpg


そして、じゃ~~ん、大学です。

こちらにはいっぱいの自転車乗りがいます、必ずメットをかぶっています、そのメットが何ともみんなかっこいい。
写真を撮りたいのだけれど、人を取る時には注意が必要です、いつかチャンスがあれば、またアップしますね。

では、明日は、研修の中身や、こちらですでにもう友達になった人たちについて書きます。
[PR]
by take_velo | 2009-07-28 01:51 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(2)

モントリオールにつきました

a0112944_1281816.jpg


自分のコンピュータを旅先に持っていったことが無かったので、インターネットにアクセスするのに1時間もかかってしまった。

I'm in Canada now!
Je suis au Canada maintenant!

こんな部屋にいます(自分の部屋写真アップ!)。

合計16時間近くのフライトの感想。
ビジネスクラスなんてもう何年も乗っていなかったのだけれど。
各席の周りにぐるりと壁があって半個室状態、椅子を倒すとベッドになり、食事はガラスのコップと陶器のお皿と、そしてそして布のナプキンでサーブされるのです。
映画を見る暇もなく、出された食事をすべて平らげてそのあと熟睡しました。
おおお。天国でした。

そして、いっぱい英語を話しました。
疲れました...フランス語もなかなか聞きとることができません。
しかも...トホホ...税関で「こんにちは」と日本語で挨拶してくれたお兄さんの言っていることも分からなかったのです。
リラックス、リラックス。
語学は自信と余裕が大切です。

飛行機から見たカナダ。
なんて緑の多い国でしょう。
その美しさとスケールの大きさに、もうすでにカナダ大好きになっています。
明日は、大学の周りを写真に撮りますね。

では、おやすみなさい。
[PR]
by take_velo | 2009-07-27 12:21 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(2)

では、行ってきま~~~す

いろいろ不安材料はありますが(またふくらはぎ筋断裂になったらどうしよう...そろそろ寿命のきている歯が痛んできたらどうしよう...聞き取り能力も...)、とりあえず元気にカナダ研修に行ってきます!

インターネット接続ができるはず。(たぶん、きっと、おそらく...)
カナダからまたブログアップしますので、良かったら見てくださいね。

ところで。
フランス研修中の希望者対象有料プログラムで、MTB、初体験しました。
たのしかった~~~。4年前の話。
今回は。
な、な、なんと。全員必修参加プログラムに「アイススケート」ってあるんですが、見学ですよね?ね?

ふ、ふあん...
まさか、カナダ研修で、フィギュアスケートに目覚める?って、それはないか...

何の研修や?って?
教員研修ですよ!ほんとうです。
午前中は、教授法の勉強がみっちり。
たのしみ~~。
[PR]
by take_velo | 2009-07-24 19:09 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(4)

映画『ハリー・ポッター』

日食の時間帯に、私は映画を見ていました。
おかげで(?)、人気映画をゆったりと見ることができました。

『ハリー・ポッター』は、新作が出ると同時に原書で買って、夢中で読んでいました。
だから、最終巻はもうずっと前に読み終えています。
でも、今回始めて、原作より映画の方が面白い、と思いました。
2時間半の長作なのですが、あっという間、息もつかせぬ迫力ある画面に仕上がっていました。

ハーマイオニーがかわいい。ルーナもふわふわしてて不思議ですてき。
[PR]
by take_velo | 2009-07-22 23:10 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

スペシャルシューズ

a0112944_1817590.jpg

左右の高さの差はゆうに10センチはあるかという。


a0112944_18172058.jpg

左靴は、リハビリ用に3段構造になっていて、明日、一番下のソールを外してくれます。
なので記念撮影。


実は、これはMTB専用。靴ひもも、取れないように取り替えてあります。
お気に入りのシューズでした。
かかりつけの医師のところでお世話になった技工士さん、私がこの靴をとっても大切にしていると察して、同じテイストでヒールアップを作ってくださいました。
よ~くみると、靴全体の色調を使って、3段分解構造ヒールアップを作ってくれています。
微妙に赤のラインも入れてあります。
そして!!ちゃんと元に戻るように作ってくれているんです!!

うれしい心遣いです。
リハビリ中もほんわりと心があったかくなるようです。
[PR]
by take_velo | 2009-07-20 18:29 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ツール14ステージ

昨日のツール・ド・フランスのコースは、コルマール~ブザンソンでした。

コルマールは、初めての研修で観光に訪れたところ。
とてもきれいな街で、ちょっと有名な絵画があります。

ブザンソンに向かう途中で、私がはじめてMTBを体験したあたりも通ります。
わあ、なつかしい。

そしてブザンソン。
フランスで一番(と私が思っている)の語学学習研究センターがあります。
そして、自由・博愛・平等・独立の町の歴史。
ある建物のドアには、
La ou Dieu aide le diable ne peut nuire 1633
との彫り込みがあります。
血なまぐさい宗教戦争の傷跡を残すこの時代に、なんという言葉なのでしょう。
私が愛してやまないフランスの精神がここにあります。

大好きな大好きな町ブザンソン、いつかまた戻りたい、と思いながら、もう4年もたってしまったのですね。

自転車を体験して、常識にとらわれない自由独立の精神に触れて、現場教育研究の世界を知って...

そんな懐かしい日々を思い出した第14ステージでした。
[PR]
by take_velo | 2009-07-19 09:55 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧