<   2010年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

母の日

まだ先だけど…
娘から「お母さんありがとう」プレゼントをもらいました。

a0112944_21412942.jpg


大好きなパタゴニアの、愛用中「ナイントレイルズジャケット」の ベストバージョン!
ベストは今年初めて商品ラインナップしたものです !
いつかレースに出るようになったら (なるんかい!) 重宝しそうです。
うれしい!!!

このところ、毎日のように帰宅の遅い娘を夜一人で待ちながら…
過労死するんじゃないかと思うと、ついイライラしてしまいます…
私の心配が娘にはちゃんと伝わっていなくて、帰宅するたびに機嫌の悪い私にちょっとストレスをためていたそうです…
だめだめ親ですねえ…

ゴールデンウイークは、若者たち(=娘たち)に混じって、山に街に走りに出かけようと思っています。
[PR]
by take_velo | 2010-04-29 21:48 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

並行陣対雁行陣

ボレーとストロークって、どっちが有利かと言うと、ボレーらしい…
実感全く湧かず…
つまり、私はまだ下手ってことです…007.gif

今日、コーチと上級クラスの男性が打ち合っていた。
「絶対に」ボレーが有利だってことが初めてわかりました。
とにかく展開が速い、速い。
ストローク側が出来ることって、ロブを上げることくらい。
でも、上級クラスともなればポジション取りがうまくて、高いボールが来ても全く崩れない、ちゃんとハイボレーで返してくる。
そして、隙あれば、打ち込んでくる…

ふ~~む。私もこんなテニスが出来るようになりたい!

火曜日は毎週京都まで出講で、ぐったりと疲れる日ですが、夕方テニスレッスンがあると、いい意味で気持の転換が出来て楽しいです。
おまけに、最近読んだ本が救いがなく暗く醜い世界を描いたもので、すぐに影響される私は、ちょっと暗いモード…
でも、汗を流して走り回り、大声あげて吠えたり笑ったりすると、元気回復です!
[PR]
by take_velo | 2010-04-27 20:12 | テニス | Trackback | Comments(0)

芦屋ロックガーデン~六甲山頂~有馬へ

ハイキングの王道です…
今日は本当に天気が良かったので、有馬まで足を延ばすことにしました。

a0112944_18133548.jpg

この滝の裏から、岩場を登っていきます。
でも、大丈夫、私でさえも安心して登っていくことが出来ます。003.gif

a0112944_18162554.jpg


ロックガーデンを登りきると、こんな景色も…
海が見えます。

やっぱり川を渡るシーンも何度か…
a0112944_18182260.jpg



同行者は余裕なんですけれど…
a0112944_18195229.jpg


私はやっぱり最後の川で、どぶんと…靴が浸水(笑)。

今日の道は、楽しかったけれど、人も多く、走る分にはちょっと疲れました。
なので、最後の有馬の手前で、メインルートを外れてみました。
とたんに、静かな森の中に…
最高です!

a0112944_18324830.jpg



今日の教訓。
1.汗が顔に滴り落ちてきます…そろそろバンダナが必要。
2.ショップでは納得して買ったヴァスクのシューズ。走り始めると、やっぱり私はアシックス足なんだと再確認。今日もあちこち擦り切れたアシックストレランシューズでした…
3.混んでるハイキング道は、ランニングには不向きかもです。安心して楽しめる道ではありますけれど…笑顔で道を譲ってくださった皆様に感謝です。
[PR]
by take_velo | 2010-04-25 18:35 | ラン・スイム | Trackback | Comments(2)

フーディニを

もう数年前から、欲しい欲しいと思いながら、なかなか気に入った色が出なくて、迷いに迷っていたパタゴニアのフーディニ。
商品ラインと、企業姿勢が好きで、今シーズンもパタゴニアのものを何か買おうと思いつつ…
お店に寄ってみたら、何と何と、私の大好きなお抹茶色が!

a0112944_2302715.jpg


即ゲットしました。うれし~~~~。

そして店員さんの説明で、「ランシェード」シリーズの優秀さと、昨シーズンのボディコンシャスラインが外国で大受けだったことを知り…(買ったんですけれど、あまりに体のラインを強調するんで恥ずかしく、娘のところへ…)、また私のところへ帰ってきてもらおうと。

わ~い、今週末はまた六甲へ行こう!
[PR]
by take_velo | 2010-04-23 23:04 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

足(筋断裂)のケア

私のスイムコーチは、優秀なマッサーでもあります。

小さいころから絶え間なく運動を続けてきた、というものの、この数年間の運動量は、年相応に衰えてきた筋肉には負荷が高すぎるようで…

先日、「おためし」というものを受けさせていただきました。
深層筋肉まで届く特殊なオイルを使って、神経質な私の気持ちを和らげつつ60分間の施術。

「しばらく運動を休んでいた」後のフレッシュな足の状態、に戻りました。(感動)
次の日、(故障を起こす左ではなく)右のふくらはぎの上部が痛んでいたことに初めて気づきました(痛みが常習化しているので、ある意味鈍感になっていたのでした…施術中に「今日は右の状態が良くないですね」と言われたものの、実感がわかなかったので…)
当日の運動は控えたものの、翌日の夕方走ったら、30分で腰から下が綿のようにぐったりと疲れて力が入らず…
これが「緩んだ筋肉の状態」なんでしょうか…

ちょっと予想を上回る効果に、びっくりです。
定期的に受けてみようかな、と思っています。
もし、ケアのおかげで、習慣化した筋断裂から解放されたら…うれしすぎです!
[PR]
by take_velo | 2010-04-23 07:48 | テニス | Trackback | Comments(2)

1984年(私の場合)

1984年って何をしていましたか?

私は、青豆と同じで、「まさか」の妊娠を知ったのでした!
これまた青豆のように、「あなただけはどんなことがあっても護っていく」と秘かに固く誓っていたのでした。
そしてまたまた青豆と一緒、お腹の中に生まれた命はかすかに熱を持って私の意識に応えてくれていたのでした…

私が戻ってきたのは1Q84年からではなく、オランダから。
オランダには、月は二つ出ていませんでしたが、
きっと私にとってもう一つの世界 (もしかしたら…になるはずだった世界・パラレルワールド) だったのでした。

なんだか不思議。
1Q84か…
[PR]
by take_velo | 2010-04-22 20:25 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

コートの中では謝るな!

先日、神戸図書館に行ったのは、実は、松岡修造の『テニスの王子様勝利学』を借りるためでした。
その中に、はっとさせられる指摘がありました。

試合中のコートで「ごめん」や「すいません」は禁句。

テニスはミスがあって当たり前。
それをいちいち謝っていては、ある意味でお互い足を引っ張り合う「コートの中の敵」になってしまう。
それなら、リョーマのように「お前が悪い」と言い合った方が、強気なだけまし。

う~ん、これが出来る人ってどのくらいいるんでしょう…
でも、私だって、中学生のころは、立派な「リョーマ」なのでした。
大人になるにつれて、練習中ボールがアウトしただけで、やっぱり謝ってしまう。すいませんって。

一所懸命やった結果のミスを責める人がいたとしたら、間違っているのはその人の方。


よし。
今週のテーマは、謝らない。強気。
そして、今期の自分の目標。「集中」。
何かを得て、毎回のテニスが終えられますように。
[PR]
by take_velo | 2010-04-20 21:03 | テニス | Trackback | Comments(2)

ちょっと山を通って用事に…

午前中はテニス。
昼から、神戸図書館に用事があって、それじゃあ、三宮から少し山を通って行こう!と決意。

a0112944_2031245.jpg

と言っても、北野道を散歩がてらのつもり…
でも、短い!(って1キロしかないもん)

で、途中からさらに六甲山の奥に入って行きました…
地図上では、狭い等高線をまっすぐに上っていく道。
実際はどうなるかと言うと…
木段が延々と続くのでした…

いつものランパンではなく、昨日のひざ下丈のサイクルパンツで来てしまった私…
腿は上がらないし、膝は曲がらん…しかも暑い!
ということで、途中でスパッツ一枚で走り始める…
(いや、単なるランニングウエアスタイルだし…
でも、アスリート体型にほど遠い私は、結構恥ずかしかったのでした…)
でも、やっぱり快適。走りやすい。
帰りは大師道を、どたんばったんと、結構なスピードで駆け下りて、宇治川沿いの桜を見ながら、図書館に到着したのでした。

a0112944_2045979.jpg


近くまで来たので、オキドキさんで (ホームページにあってあまりの可愛さにチェックしていた) アームウオーマーとくるぶし丈靴下、そしてずっと探していたウオーターボトルもたまたま見つけて (ラン用リュックに入る1リットル入りのもの) 買いました。
ハートのマークのデ・ローザグッズもゲット。
うしし。

六甲山は奥が深くて、また走りに行きたいです。
[PR]
by take_velo | 2010-04-18 20:05 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

自転車でちょっと南の方へ

天気が良かったので、サイクリング。
南に行くにつれ、排気ガスがひどくなり、都会になります。

車道は危ないので、自転車は歩道へ」なんて看板も目にします。
でも。
暖かな昼下がり、ベビーカーを押しながら散歩中の若いカップル、買い物袋を提げたご夫婦、杖をつきながらゆっくり歩くリタイヤ後の方々、そして車いすの方も見かけます…
むしろ、歩道で邪魔なのは自転車なんじゃ?
どこを走ったらいいんだろう…って問題は相変わらず、です。

そして、交差点で向こうから横に広がった自転車集団が…こわくて、とりあえず止まってやり過ごそうとしたら…
その止まった私にぶつかってきた自転車がありました。
あまりのショックに声も出ず…

でも、ご飯を食べながら窓越しに見る2号線は、ロードバイクでいっぱいです。
左端キープでまっすぐ走り去っていくロードバイクはきれいだし、日本の街並み風景を鮮やかに彩ってくれます。
自転車文化がもっと根付くといいな。自転車大好きです。
(でも、一番かわいいロード乗りは、レモンイエローのベストウインドブレーカを着た娘でした。くるくる、くるくる、ときれいにペダルを回していい感じ。← 親ばかですね)
[PR]
by take_velo | 2010-04-17 20:20 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

『1Q84』 book 3

もちろん買いました!

大好きな人の命のために自害したはずの青豆が生きていました!
って、主人公が死んだら続巻は出んだろう…なんて頭のまわらない私です…

「生きていたら好きな人にまた会えるかもしれない」
という気持ち(希望)が、死ぬことを引き止めたのです。

あああ、いいなあ。
なんかほんとにいいなあ。
生きていたら、好きな人に会えるかもしれない、好きな人の声が聞けるかもしれない、もしかしたら、好きな人が私の方を向いてくれるかもしれない…

で。
プルーストの本は刑務所に入った時くらいしか読めない…というくだりがあります。
私はプルースト全巻を、博士論文を書いているときに読みました。
今から思えば、監禁状態のようなものだったのかもしれない…
でも、なんだか澄んで充実していた人生の一時期だったような気がします。

まだ読み始めたばかりです。
大好きな女主人公青豆、あなたが好きな人天吾と出会えますように。
[PR]
by take_velo | 2010-04-16 23:30 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(1)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧