<   2010年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

裏山から少し遠出コース

いつもの裏山に走りに行きました。

同行者は最近ますます痩せて…

a0112944_15371320.jpg


私は相変わらず…(笑)

a0112944_15381187.jpg



今日もよい天気。風が気持ち良いです…

a0112944_1539154.jpg


なので、山の向こう側に抜けて (道を間違えて、一度元の道に戻ってきてしまったけれど…) 十万辻から大峰山に登ります。
最初の上りは少々ハードだったけれど、その後は極上のトレイルです…

a0112944_1542098.jpg



a0112944_15424765.jpg


私の中で、ベスト3のトレイルに入る走りやすさと気持よさと山の美しさです。
実は、もっと走りやすい脇道もあるって、ハイカーの方に教えてもらいました。
所々道が崩れているので、やめておいた方が良いそう、その名も 「不倫道」 (笑)。
下の写真です。

a0112944_15462532.jpg



興味深々の私は、ちょっとだけ…
ふかふかの崖道でした…

同じ年代のハイカーの皆様から、「おねえさん」と呼ばれるのは、恥ずかしいです。
でも、楽しいお話をいっぱいありがとうございました。
新参者の私たちを温かく迎えてくれて、道を譲ってくださいます。
いつも感謝です。
[PR]
by take_velo | 2010-05-30 15:51 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

全仏テニス レザイ

19歳のフランス人テニスプレーヤー Rezai がいいっ !
体幹が強くてスイングに切れがあって、高いボールを打ち込んでいくテニスは、まさに私があこがれるテニス。

そして、髪の毛の色がなんとも素敵。
瞳の色と小麦色の肌も。
さすがフランス人、と唸ってしまいます。
[PR]
by take_velo | 2010-05-29 19:16 | テニス | Trackback | Comments(2)

アルマーニ化粧品

お化粧はほとんどしない私ですが、色もの (アイシャドー、チーク、ルージュ) に関しては、アルマーニのものが大好きです。
パレットの上で絵具の色を混ぜるように、複数の色を混ぜることが出来、それぞれの色に透明感があります。
(日本製の色は、太陽の下でスポーツするには、人工的過ぎ。きつすぎます…)

そのアルマーニ化粧品が関西から撤退します…
残る取扱店は、東京伊勢丹のみ。

ああ、残念。
良いものが、日本から撤退していくのは、この不景気の世の中とは言え、さみしいものです。
好きな物に囲まれて生活していたい私には、酷な決定です…

またいつか関西に戻ってきてほしいなあ。
[PR]
by take_velo | 2010-05-28 22:52 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

伊達公子、サフィナを破る !

サフィナが怪我で苦しんでいるのは知っていましたが、それでも快挙! すごいっ!

でも、伊達も、ふくらはぎにテーピングして (筋断裂らしい)、けいれんに苦しんでの勝ちらしい。
その精神力に脱帽ですが、それよりも、優秀なコーチ陣を抱えて念入りにケアしても、筋断裂が起きてしまうことにちょっと考え込んでしまう…

筋肉の質は衰える…
それはどうしようもないことなんだろうか…
Born to run を読んだ後なので、テニスにも、なにか180度コペルニクス的転換のような、体の故障の根本原因のようなものを突き止めて防止策を考えようとする人は出てこないんだろうか…

それとも、人間の体はそもそもテニスの動きには向いていないのかな…

昨日のブログには、「私には気持ちが足りない」 なんて、書きましたが…

熱の中、いつもの通り大声張り上げて仕事をやり遂げ、テニスレッスンで最後まで弱音を吐かない自分って、なかなか根性あるのかもしれない…

気持ちって、「強さ」 ではなくて、その対象をどれだけ好きかってことじゃないのかな。

始めるのが遅かったテニスなので、伊達公子のように世界を相手にプレイする夢はかなわないけれど、自分なりに上を目指してみたい。
とりあえず、近場の目標、「コーチを破る」 ! (笑)
[PR]
by take_velo | 2010-05-26 08:41 | テニス | Trackback | Comments(0)

MTBに乗りたい。

今日も雨です…
これから仕事…と思うと、熱も頭痛も扁桃腺も治ってしまう私です。気合じゃあ。

土曜日のMTBが面白すぎて…
思い出イメージだけで、2度3度と、楽しんでいます…

最近、週末は山ラン三昧で、いつのまにか体が鍛えられている ?
昨日の腹筋運動も最後までコーチについていけた…
こんなことは初めてです。
MTBも、スタンディングでゆっくりゆっくりと、石やら木の根やらを避け、大きな段差は体重移動もできて。
弱い体幹が、ちょっと改善されつつあるのでしょうか?
これが出来るようになると、こんなに自転車っておもしろかったんだ!!!って、目からうろこです。

ランママさんが、心肺や筋肉は山を走っていれば、自然に楽しくついてくるから、と言っています。
あと必要なのは、「気持ち」。
私には、無いなあ。気持の強さ。

マイペースで、安全に、天気が良くなったら、朝の1時間とか、仕事帰りの1時間とか、また乗り始めようかなあ。
[PR]
by take_velo | 2010-05-24 06:43 | 自転車 | Trackback | Comments(4)

雨の日曜日と忘れもの

久しぶり、雨の日曜日。

意外かもしれませんが (もしかして有名?)、私はすごい忘れ魔・うつけ者です。
人の名前も顔もなかなか覚えられず、本の内容もすぐに忘れ、映画の題名など最初から覚えようとも思わないくらいです…
荷物を2つ以上持つと、無事帰ってきたためしがありません…

神戸オキドキで、偶然に見つけた、今は廃番となっているドリンクボトル。
形と色が気に入って一目ぼれ、すぐにゲットしました。
そのあと、同じく一目ぼれしたパタゴニアの透明シールを貼って、世界に一つしかない「私だけの宝物」になったこのボトル…053.gif

a0112944_14373955.jpg


テニスに行く途中、しっかり忘れてきました (先日はなんと、ラケットを忘れて帰ったのでした)。
無事にでてきました、良かった良かった…ありがとうございます。

4年前に買ったもう一回り小さなボトルは、今までに50回以上も行方不明になりいろいろな「忘れものコーナー」で預かっていただきました…

雨の日曜日、秘かに発熱中の私は、自分の忘れものの多さに反省するのでした…
[PR]
by take_velo | 2010-05-23 14:45 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

久々のマウンテンバイク

上手にバイクコントロールできないので、もっぱら山ランニングばかりのこの頃。

でも、久々にマウンテンバイクを出してみると、ランニングとはまた違った楽しみが…
スケールの大きい風景を楽しむことが出来ます (移動距離が長く、移動速度も速いからだと思います)。
ああ、なんだか楽しい。
ハンドルがもう少し近くて、変速がもう少し楽で、フルサスの、もう少し軽量な、MTBがほしくなってきました。

a0112944_13544773.jpg

a0112944_1355747.jpg

a0112944_13552132.jpg


雨が降り出す前の、良い天気の中を、めいっぱい楽しみました。
[PR]
by take_velo | 2010-05-22 13:56 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

Born to run(続続)

200ページほど読み進みました。

なぜ、ウルトラマラソンでは、男性より女性が、若者より老人が、最新の装備をしたランナーよりサンダルしか履かない石器時代の人が強いのか、なぜあんなに走っても故障一つしないのか。

そろそろ、核心に迫りつつあります。

でもそんなことより、登場する人たちがとにかく走るのが楽しそうで、その描写にわくわくしています。

テニスをしていると、なんだか、この球を取れたらもうあとは何もいらない、と思う瞬間があります。
楽しくて楽しくて、笑顔がとまらなくなります。
大声あげてほえている自分がいます。
ただただ、理屈なく、黄色い球を追いかけていることが楽しいのです。

走ることが好き。
そんなとっても簡単なことを、この本は、思い出させてくれます。

私も、ザトペックのように、強制されて何かをするくらいなら、トイレ掃除を取る。
そして、風をうけて、自由に走りたい。
[PR]
by take_velo | 2010-05-20 20:39 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

Born to run (続)

もう100ページも読んじゃいました。(笑)

過酷なレース、レッドヴィル・トレイル100 (距離はフルマラソン4回分、途中に800メートルの登山が2回、しかも高地) で、涼しい顔して駆け抜けていった55歳の小柄な「おじいさん」ビクトリアーノ、古タイヤのゴムで即席に作ったサンダル履いて、「山を移動する霧」となって…優勝しちゃいます。

私服からランニングショーツに着替えると、別人になるアン。
引き締まった脚に、まっすぐな背中、日焼けした腹部はバットも折れそうなくらい固い。
一日に88キロも走り、「山の中を走るのはとてもロマンチック」だと語る…

わくわく、わくわく。
おもしろい。
本当に、山を走るのは、楽しい。
あああ、走りに行きたい。
[PR]
by take_velo | 2010-05-19 22:16 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

Born to run

読み始めました。おもしろい !
さすが、アメリカで売れ続けているだけあります。

10人中8人 (のランナー) が毎年 (!!!) けがをする。太っていようが痩せていようが、俊足だろうが鈍足だろうが、マラソン王者だろうが週末ランナーだろうが関係ない。誰もが等しく膝やむこうずね、ハムストリング、臀部、あるいは踵を虐待している。  (p.15)

見たところ貫通不可能な岩も、ハンマーで打ち続ければ、いずれちりと消えるように、ランニング関連の衝撃荷重は最終的に、あなたの骨、軟骨、筋肉、腱、靭帯を破壊する。  (pp.15-16)

「私のおすすめを知りたいかね ?」 トーク博士は締めくくりに行った。「自転車を買いなさい」 (p.17)

という具合に始まります。
わくわく、わくわく。

私は、週に30キロのペースで走って (実は、走っていない?) 3年経ちますが、故障したことがありません。
ところが、テニスでは、ひじ、かた、手首、足首、うちもも、ふくらはぎ (何度も筋断裂…)、ひざと、痛みとの闘いの連続です…
私の体は、テニスに向いていないのか ?

いつも言われるのは、体重を落とせ、脂肪を減らせ…なのですが、
人生の楽しみは、「仕事・食事・スポーツ・友人との交流・寝ること」にある私から、2番目の楽しみを奪うなんて、無理。

ふむむ。
[PR]
by take_velo | 2010-05-19 14:16 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧