<   2010年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

雪の舞う大みそかラン

雪が舞っていますが、今日も昨日と同じコースへ。

ランニングロードは川に沿ってあり、その川が凍っています…
(天井川なのですぐに凍る)
子どもたちが土手に降りて、氷を割って遊んでいる…楽しそう。
でも、寒い。

池の周りの周回コースを今日は3周してみる。
好い感じ。(ただし、最初、肺に入ってくる冷たい空気に悲鳴を上げそうになる)
1200メートルのコースと思っていたら、1600メートルもある。
3周すると、高槻のレースと同じ距離。
ただしフラットなので、高槻の5キロはこの周回コースだと15キロの強度になるのかも…
私はどのくらいのペースで走っているんだろう。
時速7~8キロのイメージなんだけど、
3周5キロに20分かかっていないような気も…

持っている時計はランニング用の多機能タイプ。
しかし、全く使いこなせない…
せめて、ラップタイムくらいは測ってみよう。
どうやって使うのか、同居人に教えてもらわなきゃ(笑)。


『Number Do』 の最後に、I 元選手と、ホリエモンの対談がある。
I 元選手は、かつて伊達のマラソンの指導もしたらしい。
伊達の体は、脂肪0、ほとんど筋肉ばかりの体で、
その筋肉さえもマラソンには邪魔で、3か月かけて落としてあげたらしい。
「やっと、マラソン体型になりました」って、彼女は語っているけれど、
その後、伊達は体の不調に苦しみ、心のバランスも崩してしまった。
ホリエモンは、自分の体についた筋肉を落とすことも、
自分のトレーニングのやり方を変えることも、受け入れない。
そして、この対談は平行線のまま。

「~であるべき」っていうのは、どうなんだろう。
あれほど嫌われ者のコレステロールでさえ、実は体を守っているらしい、とか。

何かを極めた人に対して、「~であるべき、私は絶対に正しい」って言える人って、
なんだか、軽薄で、驕りがある。
いやだなあ、って思う。
彼女は、「踵からの着地」も勧めている。
それって、本当に正しいの?
[PR]
by take_velo | 2010-12-31 13:20 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

山からロードへ

この寒い時期に、一人で山に行くのはためらってしまう。
それじゃあ、ここはひとまず大嫌いなロードを走ろう。

ってことで、ランニングロードを走ってZ池周回ランニングコースまで行ってきました。
ちょうどそこでは、給水場まで用意して、クラブ(もしかして実業団?)のランナーたちが練習の真っ最中、
その速さに恐れ入ってしまう…

a0112944_19311514.jpg



まずは体型も違いますねえ…(恥)
私のは「ランニング」ではなく、「ジョッギング」のレベルですねえ、う~~~ん。

そして、走り始めの最初の15分、なんと、あまりのしんどさに歩いてしまう。
山だと、ちょうどこの時間は上り。へへへ、歩いても平気。
しかし、ロードだと、自分の弱さがはっきりわかる。
20分過ぎたあたりから、呼吸も楽になり、
45分過ぎると、やっと足が回り始める。

ってことは、高槻クロスカントリーは、足が回り始めたらタイムオーバーで失格ってこと?!
ショック。
(制限時間50分) 
おおお、これはエントリー部門を間違ったか(笑)。

ロードは嫌いだなあ…苦手だなあ…体が重いなあ。
ここはひとまず、逃げちゃおうかな…

a0112944_19405997.jpg



ってことで、周回道路を外れて、木のそばに。
わあ、ふかふか、走りやすい。

年明け仕事始まりまでは、めげずにこのコースを走ることにします。
初めの15分を、どうにかしないと…
[PR]
by take_velo | 2010-12-31 12:31 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

年末年始は読書三昧

毎年、年末は本を買い込んで、こたつで本に囲まれて過ごします。

海堂尊の新刊 『モルフィウスの領域』、とてもよかった。
ヒロイン涼子は、医学の基礎知識と語学を武器に、最先端医療の罠に挑戦する。
若い頃私は外科医になりたかったけれど、あの時代、女性が外科医になるのはほぼ不可能…
で、今、語学の教員なんかしている、
それはそれでとてもやりがいがあって、おもしろい。
人間が真に強くあるためには、語学力って必要。
どこかで、本能的にそのことをわかっていて、でも、この本で改めて気づいて、
そして、身近な医療関係者には、やっぱり外科医になって欲しいと、初めて思った。

出会いは、本も映画も含めて、何か運命的な必然を感じます。

そして、雑誌 『Number Do ランニング特集』。

a0112944_829068.jpg


写真がきれいで、買いました。
走るとき、景色の美しさ、ウエアの美しさ、フォームの美しさって、私にとって重要です。
写真を眺めているだけで、走りだしたくなる本です。

そして、今注文中の本、『Autoportrait de l'auteur en coureur de fond』、
直訳すると 『長距離走者の著者のセルフポートレイト』、
村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』のフランス語訳です。
クリスマスに文庫本版が出たので、予約購入しました。
私が一番好きな村上春樹の本です。何度読み返したことか。
今度はぜひフランス語の世界で。

上述の 『Number Do』 の中に村上春樹の特集があって、
『Brutus』 の中で、彼がこんなことを言っているのを初めて知った。

よく言われることだけど、しっかり定期的に運動を始めれば、その時点でのスタミナみたいなのは、だいたいそのまま残るものなんだ。33で始めれば33の時の体力をずっと維持できるんだよね。35で始めれば35の時の。瞬発力は年とともにどうしても落ちてくるけれども、スタミナは維持できる。だから、運動ってなるべく早く始めたほうがいいんだよ。例えば45から始めて贅肉が落ちたとしても、やっぱり若い時とは落ち方が違う、きれいに落ちない。

ふむふむ。
20代30代は、忙しくて寝る暇もなかった。
だから、趣味なんてものは全く持てなかった。
それはそれで良かったと思う。
いま、どうしても速いペースで走れない、贅肉も一向に落ちない、というのは、
だからある意味、仕方のないことなんだ。
と思うと同時に、
60歳になった時、「今」は、まだ若いんだ、遅すぎることって、決してないんだ、とも思いました。
[PR]
by take_velo | 2010-12-30 08:58 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

冬休み

ランニングのつれが冬休みに入ったら、
いっしょにトレイルを走り込もうと…とても楽しみにしていたのに…
なんと、その彼女がひ骨筋炎 (右足首周辺の激痛) に。
それほど運動しているわけでもないのに…

仕方なく、私はトレーニング走で一人走り込むことにします。

ピロリ菌除菌、3日目に入りましたが、
腹痛も下痢もなく、
60分走もいつものように順調に走れます072.gif
[PR]
by take_velo | 2010-12-29 14:54 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

ピロリ菌除菌(1)

ピロリ菌除菌を始めます。

a0112944_1673557.jpg


縦一列分の薬を、朝晩食後に1週間飲み続けます。
たったそれだけ。
副作用として、たまにお腹がゆるくなるらしい。
そして、3割は除菌に失敗するらしい。
それでも、これは簡単な治療だと思います。

また、その後の経過をアップしますね。

年末も押し迫った今日、なぜ急に除菌を思い立ったかというと…
最寄駅の近くに胃腸科の看板を見つけて、
インターネットで検索すると、
「院長に質問・お問い合わせ」のコーナーがあった。
早速メールで除菌をしているかどうか尋ねてみると、
すぐに丁寧で感じの良い返信が帰ってきた。
ちらりと様子を見に行くと、受付には何と、
トラッキーのぬいぐるみが…(笑)。ココ肝心、私は阪神ファンです。
これで即この病院にお世話になることに決めました。

一度は受診しないと、と思っていた私の胃。
昨年の職場の検診でピロリ菌保持者だとわかる以前から、潰瘍を繰り返していました。
良い主治医が見つかってラッキーです。

そして、たまたまこの病院を見つけてから来院するまで、24時間経過していません。
いつも何か決心するときは、一瞬で決断してしまう私です(笑)
[PR]
by take_velo | 2010-12-27 16:24 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

最後のテニスレッスン

昨日のテニスレッスン。
最終レッスンなので、ゲームで〆ます。
商品をかけた勝負が私には負担で、しかも男性パートナーを選ぶのは女性(つまり私の側)。
私のせいでパートナーが負けるのは申し訳なさすぎ、
と言って、勝負にこだわるのは私には大きなストレス、
(私下手だし、勝ち負けにこだわるのが昔から苦手)
しかもこれまで習ったことを勝つことのために放棄するのも悔しい。
(まだまだ、どれも学習段階です、失敗する確率の方がはるかに高い)

私の気持ちを察してくれたメインコーチが、サブコーチとパートナーを組むことを許してくれた。

そして、ロブもドロップも失敗したけれど、苦手なバックサイドを練習させてもらい、1年の良い締めとなった。
相手チームの方々も、コーチと勝負して、楽しそうだった。

もう少し上達して、自信を持ってパートナーを指名できるプレーヤーになりたいな。
来年の目標です。
そして、コーチの方々、今年一年ありがとうございました、来年もよろしくお願いします。
[PR]
by take_velo | 2010-12-27 12:27 | テニス | Trackback | Comments(2)

高槻クロスカントリー

なんてものにも出場することになりました。
50歳の部、5キロ。(笑)
これはちょっと楽しみ。
去年、ヨーロッパ行きと日程が重なってあきらめたクロスカントリーレースです。

ランニングの同伴者が、やる気満々です…
彼女は、バレーボールもランニングも、私よりもずっと素質に恵まれています。ちっ。
いっしょに走っていても、下り・上り・平地、全くついていくことができません…とほほ

おまけに、最近、(たぶんスギ花粉が微量ながら飛び始めている?)鼻呼吸が全くできません(笑)。

完走が目標じゃ。マイペース、マイペース。
[PR]
by take_velo | 2010-12-26 10:07 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

裏山が無くなっていた!!!

足首をねん挫して、しばらく行っていなかった裏山。
今日は寒いので、近くのコースを走ろう。
ということで、久しぶりに、裏山に行ったら、
なんと、パワーショベルが、木も草も岩も土も、すべて崩して、
だだっ広い広場と、コンクリートの山道が出来ていた。
あまりの衝撃に言葉も出ず…

最初はMTBで遊んでいたのだけれど、
トレイルを大切にしたくて、ランニングに変えた。

でも、そんな思いは、パワーショベルとダンプカーの一撃であっという間に姿も形もなくなった。
砂防ダムを作るのだとか。
1年後には、あの木も草も岩も元通りになるんだろうか。

捻挫なんてしたことのない私。
その私が、岩の間に足を挟んで抜けなくなって、転倒した。
何かが、私を引き止めて、何かを訴えた。
と、思うと、悔しくて、涙が出る。
木を触り、山の声を聞き、癒されてきた。
私は山が無かったら、生きていけない時期があった。
そんな私なのに、その山を守ることが出来ない。

ごめんなさい。
[PR]
by take_velo | 2010-12-25 19:29 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

joyeux Noel !!!

メリークリスマス !

ここ数年、私のクリスマスイブは仕事です…とほほ。
今年も、やっぱり特別授業日で。
仕事の帰りにそのまま、ジムに。

何かで読んだのだけれど、
(独身男女の?)7割は、恋人がいなくて、
そのうちの7割は、片思いの相手もいないのだそう…
あらら、ちょっと寂しい。
私はもちろん、秘かにずっと好きな男性のことを想いながら、
ワインを開けて、そして、
山盛りフライドポテトを食べます!!!

おお、しあわせ。
[PR]
by take_velo | 2010-12-24 20:07 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

山を越えて陶芸美術館へ

JR藍本駅で降りて西側の道を南下すると、酒滴神社があります。
まずはお参り、厳かな空気の神社です。

a0112944_18244153.jpg



さらに南下して西に行くと、そのうち、虚空蔵山の登山口に。
最初は、苔むす岩のある極上のトレイルです。

a0112944_18254732.jpg



ところが、頂上に近づくにつれて、斜度が厳しくなってきます…
手をつかないと登れない…私。

a0112944_18275338.jpg



虚空蔵堂にお参りして、さらに頂上を目指します。

a0112944_18313148.jpg



頂上付近は玄武岩が露出する岩場。
ちょっと曇っているけれど、いい景色です。

きょうは、山の向こう側に降ります。
鉄段の続く道ですが、最初は膝ががくがくするほど、きつい斜度の下り、
そのうちゆるやかな下りになって、走れるように…

a0112944_18364058.jpg



山を下ると、陶の郷。
県立陶芸美術館で開催中の「パリに咲いた古伊万里の華」展が、今日のお目当てです。

a0112944_18404395.jpg



a0112944_18412591.jpg



ヨーロッパに渡った古伊万里、
異国情緒の日本美、
静かで美しい美術館でした。

そして、この美術館の中にあるイタリアンレストラン「茜」へ。
絶品のイタリアンでした。
前菜からすでに、美味しくて独創的。
スパゲティは、トマトソースとゴボウ、オリーブオイルと里芋の組み合わせに、
う~~~~ん、と、唸ってしまう。
おいしいです。
かぼちゃのアイスも、モロヘイアのお菓子も、049.gif

ロードをさらに走って、こんだ薬師温泉まで行く予定だったけれど、
このレストランで売っている野菜やお菓子やチーズを大量に仕入れて、バスに乗る。
相野駅で降りて、
駅前の「肉のマルセ」で、またまたお肉も大量に買って(すごい人だかりでした…)。

a0112944_18521154.jpg



今日は美味しい夕食を作ろう!
[PR]
by take_velo | 2010-12-23 19:01 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧