<   2011年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

4月は…

私の誕生月です。
毎年、大好きな季節なのに…今年は心にぽっかりと大きな穴のあいたような虚しさを感じることが多いです。

20年以上通い続けたスポーツクラブが今日で閉店。
実は他の業者がこの店の業務を受け継ぐことになっているけれど、私は、同系列の梅田店に移籍することにしている。

毎日繰り返される日課が変わることがストレスになって久しい…これは老化の兆候。

自分にカツを入れるために、4月の週末あそび予定を組んでみる…
第1週は、弓削牧場かなあ、ニューシューズ試走のため、ちょっと走ってみよう。
第2週は、TDH(チームダーティハニー)の、トレラン始めたばかりの人たちのための講習会☆ 私は初めてじゃないけれど、入れてもらえるらしい。楽しいけれど、がっつり走れるので大好きな催しです☆)
第3週は、伊勢志摩ロードパーティ。10キロゆるゆる走るつもりだけど、土曜仕事の私には「足」が無い…参加できるのか?
第4週は、奈良春日原生林MTBサイクリングに行きたいな。

春休み中に受講したテニスレッスンがとても良くて、辞めるのがこれもまたつらかった…
家族が、「続ければいいやん、楽しいのならお金払う価値あるやん」と言ってくれた。
ちょっときついスケジュールなのだけど、とりあえず受講を続けてみようかな。

昨日のTVにクルム伊達が出ていた。
夫の「nothing to lose (失うものは何もない)」の一言が彼女の背中を押したらしい。

私も、家族の「やればいいやん」の一言が、本当にうれしい。

この虚しさをどうにか乗り越えて、また4月から頑張っていかないと…
[PR]
by take_velo | 2011-03-31 17:58 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

リズム☆

今のインドアスクールに通いだした頃、担当コーチが、
「テニスの面白さは、ボールを介して相手とコミュニケーションすることだ」 と言い、
「エース!ミス、ミス、ミス…ゲームオーバー、なんてテニスは面白くない」 とも言いました。
尊敬するコーチなので、「はい」と答えましたが、その真に意味するところは全く分かっていませんでした。

(エース、って、気持ちいいじゃない。
たとえ、ゲーム中に1,2回しかなくっても。)

ストロークもボレーも、打ち分けが出来るようになると、
最初はつないでつないで、そこから徐々にゲームを組み立てて、
その後に決める。
このリズムが楽しいことに気付き始めた。

逆に、こちらが不利な体勢になった時、
ペアと声を掛け合って、その体勢を立て直す。
これも面白い。

昨日いっしょにプレーさせていただいたベテランプレーヤーは、
全くと言っていいほど、不利な体勢を作らせない。
どこにボールが上がっても、確実に返球し、
じりじり、と、相手を追い詰める。
すごい。スリリングで、わくわくする。

バレーボールを始めた頃、
1,2,3、(レシーブ、トス、アタック)で決めるよりも、直接相手に返球した方が得点になることも多かった。
でも、それでも、あえて1,2,3、のリズムで練習する。
上達すると、バレーボールって、このリズムがあるからこそ面白いってわかるから。

テニスも同じ。
弱い相手や、弱い部分を徹底的に攻めて、単調に勝つことは、
試合では楽しいのかもしれないけれど、練習ではちっとも楽しくない。
それ以前に、ダブルフォールト、ネット、アウト、の連続で、
打ち合いにもならないのは、そもそもテニスですらない。

テニスは相手あっての競技なので、
私の未熟さは、ペアの相手や対戦相手の楽しみを半減させていたに違いない。

最近、もっとうまくなりたいなあ、という欲(向上心)はとどまるところを知らず。
老いた体がなかなか言うことを聞いてくれないのがもどかしい。
[PR]
by take_velo | 2011-03-30 08:21 | テニス | Trackback | Comments(0)

新学期が始まります…

リセットして、また新たに迎える新学期。
しかし、まだやり残した仕事があります…
その対処に追われながら、自分の仕事ってなんだろう…と、鬱々しつつあります。

プロって、自分の基準ではなく、相手の基準で、仕事の内容成果をはかることのできる人。

私は、フランス語に関わる仕事をしていて楽しいけれど、
相手(ペイしてくれる人)は、必ずしもそうではない。
全く興味もやる気も持てない人に、私は何をするべきなんだろう…
報酬をもらえるにふさわしい仕事内容ってなんだろう…
[PR]
by take_velo | 2011-03-30 07:55 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(0)

悩み多しトレランシューズ

捻挫後、久しぶりに走った昨日の六甲山。
やぱり、靴の中で踵が動くのが気になる…
いくら靴ひもを上まで締めあげても、また捻挫しそうな不安が付きまとう…

思い切って、いつものシューフィッターさんのところへ。
ロード用は、アシックスのランニングシューズがお気に入りなのだけれど、
トレランシューズは、アシックスでは、私の足型は調整不可能だと知った。
甲も土踏まずもしっかりあるけれど、足周りは細い…(外国で靴が買えます)
これだと、いくら中敷きで調整しても、踵は浮くばかり…

で、他のメーカーを試してみることにしました。
(今のシューズ、もう半年以上履いていて、底が割れ始めてきています…)

a0112944_19515375.jpg



右がパタゴニア(シューフィッターさん自身もお気に入りの一足らしい、履いた瞬間、安定感が気持ちいい☆)、
左がモントレイル。
モントレイルのものが一度はいてみたくて、中敷きを少し変えて挑戦です。

正直なところ、この時期に買い物するのは少々罪悪感が伴う…
でも、普段の生活を送ることも一つの力になると信じて、買いました。

今週末、どこに行こうかな。
[PR]
by take_velo | 2011-03-29 03:29 | ラン・スイム | Trackback | Comments(2)

『マラソンレース必勝法42』

結局、初レースには間に合わなかったけれど、
金哲彦の 『マラソンレース必勝法42』 という本を買ってみた。
私にとっての「必勝」は、「完走」です。

彼の、「3600位だろうが、3610位だろうが、3620位だろうが、そこには大きな差はない」とか、
「制限時間の関門で引っかかり、レース中断を余儀なくされるのはリタイヤとは呼ばない」とか、
あ、そうなのか。
とても共感する文章がいっぱいです。

はじめにちょっと痛くなった部分は、その部分をかばうため、それ以上ひどくならない。しかし、最初に傷んだ部分をかばうために負荷がかかる部位は、結果的により大きな故障に発展してしまう場合がある。  (p.187)

これにも思い当たる節ありすぎです。

走ることは楽しい。
でも、そこに順位とかタイムとかが入ると楽しさが損なわれると思っている私のような趣味ランナーは、
結局、自分の考え方が間違っているんだ。
笑ってさわやかにゴール出来たら、そのレースは「成功」。

食事とか、レースの組み立て方とか、とても参考になる本でした。
[PR]
by take_velo | 2011-03-28 08:17 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

東お多福山~有馬

足首が不安な私と、膝が不安な連れ。
今日は、初級者にもお薦めのコースを走ることにしました。

東お多福山登山口までバスで。
が、しかし。
今日はヒルクライム開催日なのでした、忘れてた。
交通規制のためバスに大幅な変更があるものの、登山口までは予定通りに。

そこから、東お多福山山頂経由で雨ヶ峠まで走ります。

a0112944_19402738.jpg


a0112944_1945261.jpg



脳内時計では、ここまで3分。
あっという間でした。
お薦めコースは、ここから岡本へ下って帰ります…
が、もうちょっと走りたい私たちは、もう一度引き返して、六甲山頂を目指すことに。

a0112944_1945616.jpg



山頂は少々寒かったです。
そこから、有馬まで走る、走る。
前回来た時よりも道が良くなっていて、今回走りやすかったです。

途中いろいろな方に声をかけていただいて、いろいろな話ができて、
やっぱり山でまったり走って過ごす休日は最高です。
[PR]
by take_velo | 2011-03-27 19:52 | ラン・スイム | Trackback | Comments(4)

ワークショップ

昨日は、授業の取り組みについてワークショップを開きました。
テーマは「教員間のコラボレーション」。
参加者の皆様に助けてもらいながら、なんとかやり遂げました。

発表は二つの言語でしました。
参加者も日本語話す人、フランス語話す人が半々。
ずっと2ヶ国語を同時進行で使っていると、脳が二つに割れる感覚がして、疲れも倍増…
バイリンガルの人の脳はいつもこんなに負担が大きいんだろうか…
大変だな。

そして、懇親会に参加しなくなって久しい私は、
(ネットワークが大切なのはわかっているのですが)
ウエアを持って、一人で走りに行きました。
もう日本語もフランス語もなし。
音楽だけ聞きながら、黙々と走る。
この瞬間が好きです。
[PR]
by take_velo | 2011-03-26 20:37 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(0)

「鳥と花を見る会」 第2回目会合が…

「鳥と花を見る会」 第2回目会合の日程が近づいてきました。
第1回目終了時から、みなさん秘かに自習練を積まれていて(すごいっ、さすが先生方!)、プロ級の写真が届きました。
O先生の許可をいただいて、アップします。

イカル(Japanese Grosbeak)です。

a0112944_749121.jpg



ルリビタキ(Red-flanked Bluetail)。

a0112944_7505520.jpg



そして、シジュウカラ(英語はGreat Tit、フランス語はMésange charbonnière)

a0112944_7525551.jpg



a0112944_753027.jpg



最後の子(鳥だけど…)が、もうキュート!超かわいい。

鳥は動くのです、この鳥をファインダーの中に入れるだけで、もう私には無理。
あとピントとか(いや、自動だけど…)、構図とか、シャッタースピードとか(押すだけ…)…
あああ。複雑すぎて。

カメラが欲しい。
O先生のような一眼レフ。
(さらに撮影が難しくなるか…も?)

写真を送ってくれて、このブログに載せることを許可してくださったO先生、ありがとうございました。
[PR]
by take_velo | 2011-03-25 08:01 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

フレンチでうちあげ

リブ・ゴーシュで、大好きな生徒さんたち、そしてもう一人のフランス人の先生と(日仏講師2名でのリレー授業です)、美味しい伝統フランス料理を堪能してきました。
そして、嬉しいことに、016.gif 大好きなbrebis(雌羊)のチーズが出ました!!!

この日は貸し切りだったので、特別に写真OKでした。
a0112944_811151.jpg



a0112944_81161.jpg


今日のメニュー。
・apéritif ( cidre ou pastis)
・Consomme royal à la crème de courgette
・Jarret de cochon en boudin blanc et salade aux herbes
・Croustillant de saumon fumé à la minute sur sa purée de pommes de terre ailée
・Faux-filet de boeuf roti au jus de viande
・Sélection de fromages
・Délices et gourmandises
・Café

そして、美味しい料理の最高のお伴、ピリリとエスプリのきいた楽しい会話。
素敵なひと時をありがとうございました。
[PR]
by take_velo | 2011-03-24 08:18 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(0)

暑かったり寒かったりの日が続きます

テニスレッスンは、平常通り続きます。

実はダブルスで悩むことがあり、ちょろっと個人コーチに愚痴った。
(レッスン通りのプレイでは、まずゲームに勝てない。
ゲームに勝てないと、腹を立てる人がいる。
ジャッジのイン・アウトでさえ怒られたり…そこまでして勝ちたいと思わない私にはストレスだった)

コーチは私の愚痴を黙って聞いて、その後1週間、勝てるヒントを考えてくれていた。
縦の揺さぶり。
ドロップショットとスライスショットを混ぜること。

もちろん、今の私に使いこなせるような技じゃない。
でも、「将来に向けて」。コーチは言った。

目の前のことだけじゃなくて、一歩先のことを考えると勇気がわく。
暑かったり、寒かったり、でも、春はもうちゃんとすぐそばにきています。

今日は、担当クラスの打ち上げパーティーによんでもらっています。
生徒さんの一人が切り盛りするフレンチレストラン「リブ・ゴーシュ」が会場です。
本物のフレンチが味わえるお店です。
店内写真撮影禁止なので、お料理の報告が出来ないのが残念。
でも、実は私は、美味しいワインと美味しいチーズがあればもうそれだけで満足。
そして、残念ながら、美味しいフランスパンは、もう歯が(笑)…
[PR]
by take_velo | 2011-03-23 08:32 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧