<   2011年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

自己評価から昔の思い出へ

勤務評価の最中である。
今年は新たに「自己評価」が付け加わった。
「あなたはよい授業をしていると思うか?」に対して、迷わず私は5段階評価の最高点を付ける。
(日本人じゃないよなあ、と思いながら)

前に座った男性が、
「アメリカ人なら、絶対に5を付ける。
日本人なら真ん中の3.
ニュージーランド人はその間で4かなあ。」(笑、これでは、本来の自己評価が全く機能していない…)

高校の体育で私は95点くらいの評価をもらっていた。
が、あるとき、自己採点をさせられた。
自分は精いっぱい努力していないと思っていたから、
私は、ぎりぎり合格点の60点を付けた。
そうしたら、その後、卒業までずっと60点のままであった(笑)。

この体育の先生は実にユニークで、
「女性だってラグビーをしたいよなあ」と言って、いきなりラグビーをさせられたりした。
ボールが胸の上で弾み、あざだらけになったが、
走りながら斜め後ろに投げる動作に、夢中になった。

思い出せば、音楽の先生もユニークであった。
試験にオペラの曲を歌わせてくれて、
私は椿姫になりきって、熱唱した。
あまりに気持ちが入り込みすぎて、主人公の悲恋に涙がこぼれそうになった。
実に気持ち良い体験であった。
生来音痴のくせに、最高点をいただいた。
以来、オペラは大好きである。

地理学教室の奥には、いつも主のような先生がいて、まるで妖怪であったが、
この先生は、地図を見ているだけで幸せらしく、
いつもニコニコしていらした。
受験校であったが、受験のシステムの外に生息する生き物(=学者)のようであった。

思い出せば思い出すほど、すばらしい先生がたのいるユニークな高校であった。
私のようなはみ出し者も、ひっそりと生きていく隙間のある学校であった。

しかし、バレーボールの名門校に行きたかった私は、
当時、その良さを全く理解できず、
本ばかり読んでいる反抗者であった。

今から思うと、失うものばかりの3年間であったが、
どこかで、私という人間の大事な土台となってくれているような気もする。

教育って、こんな、懐の深いものであってほしいと、心から思う。
[PR]
by take_velo | 2011-06-30 15:49 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

とかくこの世は生きにくい…がしかし

後から振り返ってみて、あの時私の人生は大きく変わったなあ、と思う瞬間がいくつかある。
34歳前後のフランス研修。

恋人ではなく、師との出会いであった。
その後、長きにわたり、研究のみならず人生の上でもサポートしていただいた。

その先生から繰り返し言われている言葉がある。
私は自己主張しないし、流れに逆らう生き方をそもそもしない。
それでは、敵こそ作らないが、100人中100人の相手から馬鹿にされ軽んじられる結果になる、と。

(いやはや、自己チューというレッテルを周りから張られているようにも思うが。
それは、自己主張ではなくて、単なる私のわがままである。)

だから、面と向かって「あなたは身勝手だ。」と言われると、心底腹が立つ。
それは、やりたいことを「やりたい」と、ちゃんと主張してこなかった人間だから、
うらみつらみが、思わず出てしまうのだと思う。

義理人情と自分のやりたいことがぶつかったとき、
迷わずやりたいことを選択するように、と、いつも人に勧める。
義理を取ったって、全員から感謝されるわけでも好かれるわけでもないし、
批判する人間は必ず現れる。
それなら、やりたいことをやって後悔する方がずっといさぎよい。
第一、人の評価ばかりを気にして生きること自体、息苦しい。

礼儀は尽くして、
でも、後悔ばかりの余生にならないよう、自己主張の訓練をしてみようと思う。
[PR]
by take_velo | 2011-06-29 14:13 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

アサイベリー☆

昨シーズン、私はパタゴニアのウエアをまとめ買いした。
その理由は、アサイという色。
優しいベリー色で、
店員さんの説明してくれたアサイベリーの話が私のイマジネーションを無限にふくらませた。
遠い、遠い国の、伝説の果実、アサイ。

そのアサイベリージュースが、最近、スーパーでも売られている。

a0112944_16522354.jpg


これは、100%アサイベリーではないが、それでも1000円近くする。
高い。
しかし、牛乳やヨーグルトに混ぜて飲むと、元気になる。
ような気がする(笑)
[PR]
by take_velo | 2011-06-28 17:00 | お気に入りのものたち | Trackback | Comments(2)

この蒸し暑さは…

食事の途中でいきなり大好物のケーキを取り上げられて、
そのケーキが2度と戻ってこなかった時のような…

大好きな五月晴れの季節のはずが、雨の連続で梅雨入りしてしまって、
やっと太陽が戻ってきたかと思うと、
このうだるような暑さ。
そして入道雲が出ていたかと思うと、豪快な雨。

なんてこった。
五月晴れのすがすがしい気候はどこかへ行ってしまったらしい。

定期的にかなりの量の運動をするようになって、
べたべた、ぐちぐち、うじうじ、というのが、耐えられなくなった。
誰かに、もしくは何かに依存しつつ、
些細なことで際限なく愚痴る。

ランニングシューズのひもをきゅっと締めて、
外へ走り出せばいいのに。
(おっと。また「ひとはひと」と、同居人のお叱りがきそうだ)
[PR]
by take_velo | 2011-06-26 11:05 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

北栄町すいか・ながいも健康マラソン

連日の雨と蒸し暑さで、すっかりランニングから遠ざかっている。
しかし、来週末は、ファンランレースに出る予定。(レースは4回目になる)

久しぶりに、ランマシーンに乗って、
アメリカ自然公園の映像とクイーンの音楽を流しながら、
ゆっくり歩きだし徐々にペースを上げていくと、
自然に足が。
脳が命令するより先に、走り出している。
快調なペースで7キロほど。
おお、きもちいい。

連れの好みで、
旅・温泉・おいしいもの
の3拍子揃ったレースに出ることが多い。

夏、フランスでワイン・オリーブマラソンなんかやっていないかなあ。
帰国したら、ブドウマラソンにもエントリーしようかなあ、と思案中。(ぶどう大好き)

そして、今週末は、日本一おいしいスイカを食べてきます006.gif
[PR]
by take_velo | 2011-06-25 08:15 | ラン・スイム | Trackback | Comments(2)

この充実感は戦うものだけの宝物

昨日のクルム伊達VSヴィーナスの試合についての、毎日新聞のコメント。

この充実感は、40歳でなお戦う者だけの宝物だ。

ウインブルドンのセンターコートではなくても、
今生きている場所で、前向きに挑戦を続けている者には、
この充実感が最高の宝物だと本当に思う。
[PR]
by take_velo | 2011-06-24 00:21 | テニス | Trackback | Comments(0)

伊達VSヴィーナスの試合

伊達は、まれにみる運動能力の天才で、
凡才の私には決してまねができないから、
彼女のテニスは、好きなテニスではない。
しかし、昨日の試合は感動した。
両プレーヤーから教えられたことがいっぱいだった。

大きくリードしていても、浮足立たず集中力を切らさない伊達。
大きくリードされていても、冷静に自分のやるべきことをし、流れを変えるために試してみることをすべてやりつくして、決してあきらめないヴィーナス。
逆転されても、ゲームの組み立てを考え、自分の力を出し切る伊達。
逆転しても、安心せず慢心せず、攻撃の手を休めないヴィーナス。

私もスタンディングオベーションを二人に送りたい。
[PR]
by take_velo | 2011-06-23 14:34 | テニス | Trackback | Comments(0)

今年の夏はここへ☆ (Aix-en-Provence)

友達が写真を送ってくれた。

私は、ここに留学していました。
エックス・マルセイユ大学の古い校舎です。

a0112944_1724699.jpg



ああ、そして、南仏と言えば、ラベンダー畑とオリーブ。
よく走ったものだ。

a0112944_172553.jpg



そして、当時お世話になった先生の一人がこの中世の村に家を持っていて、
(超お金持ちしか住んでいません!
だって、遺跡をそのまま改造して住んでいるんですもの!!)
私もここに招待してもらったのです。
なんと、先生宅は、洞窟をそのまま子供の寝室にしていました…

a0112944_173052.jpg



この村の名前は、ゴルド。

もう心はすでにフランスです☆

(Merci pour les photos, chère Marie-Ge !)
[PR]
by take_velo | 2011-06-21 17:11 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(2)

『人はなぜ走るのか』

ベルンド・ハインリッチ 『人はなぜ走るのか』 を読んでいる。
著者はウルトラマラソンランナーであり、生物学者である。
面白いのは、渡り鳥やハチなどいろいろな動物の生態を分析しながら、ランナーの効率よい呼吸法や理想体重を考えること。

私の呼吸は、40年前に学校で教えられたとおり、
2度続けて吐く (このリズムを足のリズムに合わせる)。
「ハッハッ、(吸うことにはあまり意識を向けない)、ハッハッ」である。

ハインリッチは、2歩で吸って1歩で吐く。
急激に息を吐き出すことで、常に肺の中には新鮮な空気が入っていることになる。
私の呼吸リズムとは逆である。
今朝のランニングで、さっそくこの呼吸を試みてみた。
速く走るのには、こちらの方が楽である。
しかし、どうしても過呼吸気味になる。
私の肺の力が、ウルトラマラソンにはまだ耐えられないからかもしれない。

朝の雨上がりの公園には、鳥がいっぱい、
そして、むしかえるような草の匂いが満ちている。
静かに、静かに、自分の呼吸に集中していると、
涙が出そうになる。しあわせである。
[PR]
by take_velo | 2011-06-20 14:34 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

Ultra Trail du Monc-Blanc (しまった…)

ウルトラトレイル・デュ・モンブランが、8月末にあるのをすっかり失念していた002.gif
しかも昨年、悪天候のために中止になったので、今年こそは、と思っていたのに。
(もちろん、レース参戦ではなく観戦ですが)

なんと、レース終了後に出発するという、なんとも間の悪い選択をしてしまったのでした。
しまった。
仕方ない、日本で応援してから出発しよう。

雨が続きますが、今日は日曜なので、ちょっと走ることにします。
今年の梅雨は、2か月間…? ゆううつ。
[PR]
by take_velo | 2011-06-19 08:46 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧