<   2012年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

実力の差かな

全仏テニスで、スキアボーネに負けた後のクルム伊達のコメント。
「最終的には実力の差で負けたかな。」

すごいコメントである。
根性やら戦略やらでは、赤土の上のスキアボーネには勝てないと私も思う。
しかし、スタート時も含めて、伊達は善戦した。
できることを全力でする、彼女のそんな姿勢にいつもながら勇気をもらう。

その伊達、テニスを始めたころ長い間、なかなか試合に勝てなかったそうである。
「なぜ勝てないんだろう」と、何度も何度も自分で自分のプレイを振り返るうち、
勝ちだしたら、無敵となった。(『進化する強さ』より)

私の大好きな生徒さんが、試合に勝てないのでゲームクラスに移ると言う。
彼女が勝てない理由は、まさに彼女がきれいで上手なテニスをされるからだと私は思う。
勝ち方を知るために、新しいことに挑戦するのは良いことなのかもしれないが。

しかし、ゲームクラスで教えられること、たとえば、
・クロスボールで相手の一人を外に追い出し、次の球をセンターに決める。
私はクロスに打たれれば打たれるほど、チャンスだと思い、
スピンやスライスでさらに角度をつけて返球する。
この戦略は、少なくとも私には当てはまらない。
・センターにボールが入ったら、センターに返ってくるから、前衛は前中央に詰めて決める。
これ、真っ赤なウソ、今日のコーチは、センターのボールを1回もセンターに返球しなかった!!!
何度サイドを抜かれたことか。(くやしい)

勝てない理由が実力の差だからではない時、
逃げずに自分と向き合い、基本に返り、練習を繰り返す。
伊達の今の強さは、その時の彼女の基礎力・底力なのではないかと思う。

このブログを書きながら、自分の弱さも見えてくる。
逃げずに自分のプレイを自分の頭で分析・反省し、そして基本に戻る。
コーチの言う「姿勢」「ボールを見る」「振り切る」、最終的には、これに尽きるのだと私も思う。
[PR]
by take_velo | 2012-05-31 00:29 | テニス | Trackback | Comments(0)

焼く?焼かない?事情はそれぞれ☆

私は朝6時半ごろ通勤する。
初夏の気持ち良い朝もやの中、走っている人をよく見かける。
大抵は出勤前の男性方。

夕方は、日に焼けたくない女性たちが多く走っている。
ナイトランが流行るのも、まさに同じ理由かららしい。

20代前半をヨーロッパで過ごした私にとって、
かつてバカンスに出かけることのできたのは一部の富裕層だけだったので、
今でも、日焼けした肌は、豊かさと恵まれた生活の証明である。
シミは、楽しい人生を送ってきたことへの勲章だと思っている。

惚れた男性が、「白い陶器のような肌が好きだ」と言うのなら、
もしかしたらテニスもランもやめるかもしれない。
(たぶん、そんな人を好きになることは永遠にないだろう)

外国語を学ぶことの良さは、価値観は人それぞれだと思えることである。
私は、日曜から始まったローランギャロスの赤土のコートのような色の肌と髪が、大好きである☆
[PR]
by take_velo | 2012-05-30 07:08 | ラン・スイム | Trackback | Comments(2)

泣いたカラスがもう笑た テニスなんかやめてやるはずが(笑)

ラケットを持ったまま、ボールに触れずに呆然と過ごすこと20分、
次の日は、少しミスしただけで、
「回転が足りないからや」とか、「力が入りすぎている」とか、「ラケットは2本指で持つんや」とか、
挙句の果てに、テーピングを見て、「○○だから、怪我するんや」と、勝手に決めつけられ、
キレまくること2日連続。

テニスが心底嫌いになって、
前から挑戦したいと思っていた壁上り(ボルダリング)に鞍替えしようと思い始めていた。

が、今日はマイコーチのレッスン。
打ち合いしているうちに、なんだか再び闘志がふつふつとわいてきた。
ミスしても、前向きなミスなら「いいよ」だし、
(第一、今できないことをしているのだから、ミスして当然なのだが)
まずいミスは、段階踏んで練習メニューを組んでくれるし、
たのしい、たのしい、たのしい☆ さすがコーチ。
スポーツならではの達成感がある。

そうそう、以前通っていたスクールでプライベートレッスンをお願いしていたコーチが
毎日オープンテニスで優勝されている、それも圧勝である。
このコーチは、私のスライスと、速いボレーボレーの反射能力と瞬発力をいつも褒めてくれていた。
いろいろな大会で優勝しているようだが、
私も負けずに、前向きに頑張らなきゃ。

よし。
[PR]
by take_velo | 2012-05-29 00:50 | テニス | Trackback | Comments(0)

疲れた心を癒すためにすること

いつのまに日本もフランス化したのか、
受付での応対に腹が立つこと多し。
相手のミスなのに、客のこちらが不愉快な思いをする。
なんでやねん、なんであんたに「たかが500円でしょ」なんて言われなあかんねん。
500円を稼ぐのに、みんなどれだけ汗流して働いていることか。

こんな時には、音楽聞いて一人で走るに限る。
自分の呼吸と走るリズムと音楽がシンクロして、
世界がピュアになる、自分もピュアになって、すべてがリセットされる。
[PR]
by take_velo | 2012-05-28 06:22 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

ペア練習 グループ学習 (最悪のテニス)

(職場で)
30名近くのクラスだと、少しでも多く実戦練習をしてもらいたい気持ちから、
生徒同士のペア練習(特に発音練習)を取り入れている。
リラックスして、間違いを恐れず、大きな声を出してもらいたいとの意図もある。
しかし、実際には戸惑っているペアも多い。

昨日のテニスレッスンは、
(コーチと打ち合いをしている1名以外)、生徒同士でボレーストローク練習をするメニューだった。
が、ボールが全く返ってこない。
少々コースが乱れても、ふわりとした初級レベルのボールが返ってきても、
それなりに課題を持って取り組めば、良い練習になる。
しかし、ボールがネットを越えてくれなければ、
練習にも何にもならない。
貴重な20分、ラケットを持ったまま途方に暮れることになった。
(その上、ボレーのフォームが崩れ、リズムも取れなくなった)

基礎ができていないと、ペア練習を取り入れても意味が無いとつくづく思った。
これからは、教員(私)の後をついて読むリピート練習を多く取り入れようと思った。

今日の毎日新聞 「新 心のサプリ」に、
チャレンジはその結果でなく、チャレンジするそのこと自体が幸せ
と書いてあった。
私がテニススクールに通い始めたのは47歳の時。
当時から7年たった今も、チャレンジすること自体が楽しい。
結果はついてきていないのかもしれないが、
最初から、「歳なんだし、怪我しない程度にゲームで楽しくやりましょう」なんて私に言ったら、
「女だからと言ってバカにするな」と、私は怒る。

ペア練習できる程度には、基礎力をつけていきたい。
[PR]
by take_velo | 2012-05-27 07:32 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

竹下がブロックをする☆「できない」なんて簡単に言うな

高いキューバ選手を相手に、
セッターの竹下(159㎝)が、3連続でブロックした。
目の涙腺が思わず切れてしまった。すごい。

2メートル近いアタッカーを、159cmがブロックできるなら、
54歳の私がテニスで無敵になることくらいわけない(はず)。
まだ30歳前のあなたたちに、できないことなんてない。
可能性は無限なのだと言いたい。

ところで、はたして私が30歳の頃、自分の可能性は無限だと思っていたか???
いや、仕事を辞めて、子育てをしながら学業を続けていた私は、
人生のチャンスはすべて使い果たしたと思っていたかもしれない。

最後に残るのは、いつでも気持ちの強さ。
今の私は、「できない」なんて、簡単には言わない。
[PR]
by take_velo | 2012-05-26 12:42 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

大腰筋強化スパッツ、その後の報告

間違って購入した(実は、日頃の家事のお礼に家人からプレゼントされたのだが)大腰筋強化スパッツ。
ま、早い話が、大リーガー養成ギブスのようなものである(古っ!)

今日、ジムで使ってみた。
良い感じである。
何が良い感じかというと、着用しているだけで腰が張ってくる。足先が暖かくなってくる。
つまり、(たぶん、きっと)インナーマッスルに効いているのだろう。

アウターマッスルを鍛えるのは比較的簡単である。
しかし、インナーマッスルは、素人には鍛えにくい部位である。
が、テニスにしろ、ランにしろ、スイムにしろ、MTBにしろ、
強い体幹の軸をつくるのは、このインナーマッスルである。
サイドステップで、体が横に流れてしまうのは、軸がしっかりしていないからである。

トレーナーの組むインナーマッスル強化プログラムは大嫌い。
(嫌い、イコール、自分の弱点でもある)
脂汗ばかりが滲み出て、ちっとも楽しくない。

着用しているだけで、体幹がしっかりしてくるのか?
まさに棚ぼた餅である。うしし。うしし。
トレーニングしなくても、
黄金の体幹、ぶれないバックハンドストロークはもう目の前も同然である。
(世の中、そんなに甘くない?)

追記:次の日の朝、腰が痛い(涙)…注意書きに「腰の悪い人は使用しないでください」とある…
私の場合、単なる筋肉痛だと思われるが、
効用ありそうな分、注意が必要なのかも。
[PR]
by take_velo | 2012-05-25 07:35 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

入れにいくと入らなくなるサーブ

テニスを始めたころ、
力が入りすぎて自滅してしまうところが(たぶん)、シャラポワにそっくりだとよく言われた。

そのシャラポワの言葉。
「セカンドサーブを入れにいくと、
ファーストサーブも入らなくなるから、
いつも全力で打ちます。」

あ、いい言葉だな。

守りに入ると、自分の良いところまで全部消えてしまう。
欠点を直すのではなく、長所を伸ばす、これ、ずっと私の育児方針だった。

そのシャラポワ、クレーコートの大会で良いプレイをしています。
攻撃する時は全力でハードヒット。
力を抜いて打つ時は、コースを狙ったり、前に落としたり。

もう一つ彼女の大好きな言葉。
(「プレーヤーの中で誰と一番仲が良いですか、何をして一緒に過ごしますか」と尋ねられて)
「テニスの大会は勝ちに行くのだから、友達なんて作っている時間はありません」

シャラポワ、大好き☆ 全仏応援しています☆ がんばれ~
[PR]
by take_velo | 2012-05-24 07:40 | テニス | Trackback | Comments(0)

にっちもさっちもいかない感覚

体調崩すと、微妙にメンタルにも影響が出る。
もともと、低気圧で頭痛がするタイプなので、春から夏にかけての天気で気持ちにストレスがかかる。

貧乏妄想(実際に貧乏だが、さらに貧乏になる妄想に取りつかれる)は、
軽いうつ状態なんだそう。
将来が薄く曇って見える。
まさに、月曜日の日食のように…

来期のテニススクールの登録を、どうしようかと迷っているうちに、
にっちもさっちもいかないような、ダブルバインドに縛られたような状態になっている。
自分のレベルの中級クラスに登録したい気持ちが強い。
できれば、少し上のクラスに入っていたい。
(ゲームになると、負けること確実なのであるが、
無意識に他人のプレイを真似する私には、上手な人を見ているだけで、体が自然に動き出す感覚あり。)
が、マイコーチのコーチングを毎回受けたい気持ちも強い。
マイコーチは、初中級をメインに担当されていて、今まで初中級を多く受講してきた私である。

家人は、日曜のクラスに登録することを勧めている。
このクラスは、通うスクールの中でもトップレベルのクラスらしいが、
生徒のみなさんも、私に対して本気で打ってくれるし、
コーチも私を受け入れてくれている…

気持ちが元気でない時に、何かを決めるのはしんどい。
何かを決めるって、こんなにエネルギーと前向きの力が必要なんだ、と改めて実感する。

布団をかぶって寝ていたい気持ち。
ああ、でも、快晴の空の下、今日もレッスンである。
[PR]
by take_velo | 2012-05-23 07:31 | テニス | Trackback | Comments(0)

昨日は金環日食でした…何かが動き始める

出勤前に近くの公園で見ました、金環日食。
なぜか日食中は雲が切れ、観測には絶好の空模様。

a0112944_19073.jpg


通勤かばんの中に、観測用メガネを忍ばせていました。

a0112944_1901016.jpg


私の中で、何かがかちり、と音を立てて崩れていくものあり。
好きなもの、好きな人、価値観の一部が、
太陽のように暗く欠けていきました。

こういう感覚、
何かが不安定になるような気持ち、
私だけなのかな。

新しいことを始めようかなあ。
[PR]
by take_velo | 2012-05-22 07:52 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧