<   2012年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

入る気がしない?!でも、エース

最終週のテニスレッスンのテーマは、ゲーム。
男性陣は、攻めて攻めて、攻めてくる。
ダブルフォールトすると、
「う~ん、今日はサーブが入るイメージが無いわ」 (いいんか、それで、笑) と言いながら、
さらに攻める (そして、帳尻を合わせてくる、ダブルフォールトの後はエースだったり)、
リターンでは、「よし、ここは、一か八かや」 (おいおい) と言いながらリターンエース。

これが女ダブだったら、
「不真面目すぎる」と、大ブーイングだろう。
が、彼らは、真面目にやっていないわけではなく、
自分から一歩距離を置いて、
客観的に冷静な頭で、もう一人の自分が、自分自身のプレイを見ている感じがする。
だから、強い。だから、楽しい。

私はというと、実は私は器用なのであるが(笑)、
こういう時は、スライスやら、ロブやら、ドロップやらいろいろ織り交ぜて返球し、
ミスの無いゆるゆるサーブを入れていく。
それなりに帳尻を合わせるわけであるが、
実は、私はそんな自分のテニスが大嫌いである。
足が速い相手なら、ドロップは追いつくだろうし、
体幹バランスの良い相手なら、ロブはスマッシュで返してくるだろう。
その時に、器用なだけの私のテニスは発展の余地が無い。進歩の無いものはつまらない。

職場で、
「中年の女性がテニスを始めたって言えば、
どうせ趣味のレベルだろう、という枠というか先入観があって、
小手先だけのテニスの世界しかない、それがつまらないからやめようかな、と思ってる」と言ったら、
後輩が、
「え、それを打ち破るのが、いつものあなたでしょ、
テニスでも、世間の枠とか限界とかを打ち破って超えてくださいよ」と。
はっとした。
自分で自分を枠にはめているんだ。
(大事なことに気づかせてくれて、ありがとう☆)

ゲームがなんとかできるようになってまだ1年ほど。
もっともっとうまくなって、少しでも信頼してもらえるようなプレーヤーになって、
少しずつネットワークを広げて、
そして、いつかは、真剣に打ち合える女性たちの仲間に入れてもらえたらいいな。

入る気がしなくても、エースを取りにいく。自分。
一か八かでも、必ずリターンエースをねらう。自分。
[PR]
by take_velo | 2012-09-30 00:46 | テニス | Trackback | Comments(2)

ばったりと…

基本、自分の仕事は好きである。
ストレスは多いけれど、ストレスは生きる張り合いにもなる。

が、街を歩いていて、いきなり「きゃあ、先生!!」と声をかけられる可能性は、無限大である、
これは、いつまでたっても苦手である(笑)。
仕事が終わって、走りに行き、おなかペコペコ、デパ地下から出るところで、
ゲットした特上の肉を抱えて、
味付けはどうしようかなあ、とにやにや考えているときに、
久しぶりに、語学学校A…のかつての生徒さんに声をかけられた。
きれいな巻き髪に、いかにも仕事ができます風の服の彼女、
こちらは、すっぴんに、肉の入った紙袋を抱えて…
はずかし~~~~。

A...学校は、京都の学校と合併、移設の話が巷のうわさとして流れていたのだけれど、
同じ場所で、同じ講師で、これからも変わらずフランス語の授業が続けられることになったらしい。
よかった、よかった。
[PR]
by take_velo | 2012-09-29 00:48 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(0)

紫蘇の花 とテニスがんばるの巻

a0112944_18585560.jpg


仕事の合間、「元気の出る私だけの秘密の場所」へこそっとお邪魔、
なんと、紫蘇に花が咲いていた!
この花穂、お刺身などに添えられるそう、
恥ずかしながら知りませんでした…(汗)

いつもながら、美味しい飲み物を出していただいて…

a0112944_1913742.jpg


なんと、手作り梅ジュース、中には梅がごろん、と、丸ごと一個入っていました。
ああ、極楽、昼からも仕事がんばろう、と、エネルギーをいっぱい頂きました。

で、久しぶりにお会いする方々から、
「なんであんなに練習しているのに、テニス、降格したの?」と(笑)。
大丈夫です!中級クラス、変わりありません(たぶん)。愛のむちです(笑)!
もっとがんばれ~、のメッセージと思って、さらなる努力を重ねたいと思います☆
[PR]
by take_velo | 2012-09-28 00:55 | お気に入りのものたち | Trackback | Comments(0)

自転車乗り(^O^)/

フランス帰りの友人から頂いたフィギュア(^O^)/

a0112944_016454.jpg


デュアスロンに挑戦したいね、という話になった。スイムはなかなか上達しないから、二種ならいいかも(*^_^*)
フランスに行きたいなあ、行ったらやっぱり自転車にまた乗りたくなるんだろうな。
[PR]
by take_velo | 2012-09-27 00:10 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

元気にな~れ

仕事柄、世界中に知人がいる。
最近、思うに、アジアの人たちが本当に元気である。
で、日本の人たち、特に若い人たちは、なんであんなに元気がないのだろう。
(もちろん、例外はいっぱい、大好きな私の学生たち、まぶしいほど輝いている☆)

今や、女性も男性と肩を並べて生きて行ける時代になった。
のに、なぜ、あんなに高いヒール(15センチはあろうか)を履いて動きづらそうにしているんだろう。

若くてきれいなのだから、
洗いたてのジーンズに白いTシャツ、そして歩きやすいスニーカーで、
颯爽と生きていてほしい。
おばさんには真似のできない美しさである。そして、強さである。
[PR]
by take_velo | 2012-09-26 08:00 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

涼しくなってきて元気がなくなる?

ここ2,3日、めっきり涼しくなりました。
で、「日中動きやすくなったね」とよく言われますが、
私は、この季節、逆に元気がなくなる。
夏の疲れが出てくるというよりも、
温度差に体がついていかない。(あ、としかな)

低気圧で頭痛がするように、気持ちも落ち込む。
季節の変わり目は、花粉症の時期でもあり、
全てをリセットしたくなる。

体調を崩す人が周りに多く、そしてちょっとひきこもり気味になる人も。
無理をせず、毎日のルーティンをこなしたら良し、として、
ちょっと自分をいたわってあげたい。

PS ためしにフェイスブック連携の設定をしてみましたが、
「マイページ」は何も変わりなく、それで、設定を解除しました。
新しく訪れてくれる方には感謝ですが、
しばらくは、大切な方々の顔を浮かべながら、近況をつづっていきたいと思います☆
[PR]
by take_velo | 2012-09-25 06:01 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニスレベルが昇格ではなく降格 (笑)

家人が、テニスのレベルアップ、
なんと立派な賞状までもらってた☆
うらやまし。

私はスクールに通うようになって8年、一度もレベルアップしたことがない。

という話を、今日の(代替)担当コーチにした。
石鹸とシャンプーの香りがしそうな、
さらさら、きらきら、少女マンガに出てくるような、コーチであるが、
なんと実は辛口、適格な(「え~~っ」)アドバイスをいっぱい頂いたうえに、
「たじさんのバックハンドは初級!」と、宣言された(笑)。
なんと、一気に2段階も降格したのである…ちぇっ。

ばりばりと仕事をする家人の連れが、
「上手くならなくても、週に一回、こうやって汗を流して体を動かすと、
また1週間、仕事がんばろうって、思えるよね、
それが一番大事だよね」って。
うんうん。
…な、わけない、やっぱり上手くなりたいし、レベルアップしたいし。
週に6回もスクールに通い続けたこの夏休みは、なんだったんだ(笑)
[PR]
by take_velo | 2012-09-23 13:58 | テニス | Trackback | Comments(0)

子離れはどうやって?

スピン系のボールのシミュレーションを、夢の中でして、
次回のテニスレッスンに備えると、決心した(つもり)。
だが、夢に出てきたのは、
「結婚する」といきなり爆発宣言する家人であった。

狼狽、
猛反対、
挙句の果てに勘当までするという(笑)。
なんなんだ、この私の醜い依存っぷり。
社会的な(職業上の)娘の自立・巣立ちには素直に喜べても、
気持ちの上で巣立ちされることが、親としてこんなにつらいとは。

ちょっと自分の生き方を反省させられる夢でした。
世の中のお母さん、お父さんたちは、どうやって子供の結婚を祝福できるようになるのかな。
[PR]
by take_velo | 2012-09-23 07:33 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

腕の付け根の筋肉が痛い

1週間、テニスをしなかったからか、
それとも壁よじ登りで、足を滑らせて、ロープ1本でぶら下がったからか。
肩甲骨の下、脇の筋肉が痛い。
特に腕を伸ばして打つサーブやスマッシュが、もう拷問である。

新しく入られたマッサーにほぐしてもらう。
肩下と、そして肘上に、たいそうなコリがあるそうな。
足裏の土踏まずにも。

そして、1週間テニスをしなかったせいで、回転系のボールがまたよくわからなくなった。
落ち方、弾み方、軌道が、なんとなく感じられるようになっていたのにな。

気持ちに体力がついていかないような気がする。
あせらず、あせらず。

Loreau の L'art de l'essentiel (邦題 『シンプルに生きる』)に、
60歳になったら、かなわなかった夢をもう一度追いかけるチャンスが来る、と書いてあった。
はからずも、余分なものはすべて私から逃げて行った、
捨てたわけでなく、失ったのであるが、
その後の私は、身軽に自分の夢を追いかけている。
60歳か…楽しみかも。

まだ100メートルを10秒台で走れるような気がするが、それもいつまでもつことか。
走れなくなったら、そうだ、「スライス」という手があるか (笑)。
[PR]
by take_velo | 2012-09-22 16:50 | テニス | Trackback | Comments(0)

自転車に乗らなくなった…そして今日の買い物

「自転車」 のテーマがブログに載らなくなって久しいね、と、指摘を頂いた。
首の具合が思わしくなく、走る方が手っ取り早い(笑)というのが理由。
マウンテンは、もうバランス感覚に自信無し。
でも、「ゆったり街乗り」は、折に触れて。
ゆっくり、長く、独りマイペースで、というのが私のスタンス、ロードバイクは当分、眺めて楽しみます。

閑話休題。
この季節、私はG...の服の大ファンだ、シャツ、ニット、コーデュロイパンツ、薄いコート。全部好き。
毎年、まとめ買いする。
今日仕事の帰りに買い物に出て、山のように服を抱えてレジに並ぶと、
割引券がくじで当たるそうな、
引いてみると、私は20%割引券だった。
ラッキー!
と、思ったら、他の人たちはみんな50%オフ券が当たっている、
あれれ、なんか自分だけ損した気分。

で、結局、買うのをやめました。(4万円以上お店は損したことになる)
これ、割引の失敗例だと思う。
「得した」よりも、「損した」感情の方が大きい。

一部のお客が得した、ということはイコール、残りのお客は損したことになる。
たとえば、サプライズで季節の途中、何かを割引する、
そうすると、結局、客は減ることになる。
だって、一番大切な客は、季節の最初にやってくる客だから、そして、損した感を抱くから。
[PR]
by take_velo | 2012-09-21 21:43 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧