<   2012年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ロマンティックな話(笑)

最後のレッスンで、どうしてもサーブを打ってほしい方がいた。
リターンエースは取れなかったものの、何球か返すことができてうれしかった。
その方に、「たまには、テニスじゃなくてロマンティックなブログを書いて」と、リクエストされたので。

尼寺に入ったような、清く正しい毎日を送る私には、色恋話には無縁(ということにしておいて)。
だから、もう時効となった話を書く。

私にはメンターがいた。
(社会に出て成功したいと思う人は、絶対にメンターが必要)
フランス語だけじゃなく、フランス文学、フランス思想、フランス精神分析、いろいろなことを教えてもらって、
「Kazukoならできる、きみは特別な女性だ、きみにできないことはない」と、
ずっと背中を押してもらった。
日本に住んでいて、ついつい、安きに流れ、常識に生きようとしたら、
「きみらしくない」と、叱咤された。
若いころの夢をかなえることができたのは、彼のおかげだ。

出会ったころ、彼は結婚していて、私は密かに一方的に想うばかり。
だったはずなのだが(笑)、フランスに帰国する日、
彼はそっと私の手をぎゅっとにぎって、それから去っていった。
あ、これ、サルトルの『嘔吐』を知っている人なら、
「あなただけを愛しているよ」のメッセージだとわかる(はず)。
そして、私たちはお互いに想いあうようになった。
何通も何通も行き来する手紙、
「もっと高いところを目指せ」と、
もらった勇気と、もらった自信は、数えきれないほど。

彼はやがて離婚し、私にプロポーズした。(らしい)
だが、その手紙は私の手元には届かず。
私からいっこうに返事がこない彼は、絶望し、
仕事を変わり住所が変わっても、私には連絡しないまま、数年が過ぎた。

そして、今度は、私が離婚を決意する。
精神的にどん底に落ち込んだ私は、彼に相談したくて、何度か手紙を出すが、
自宅にも職場にも届かない…なぜ?

研修でフランスに行くことになった日、
これで最後と、
1通の手紙を自宅に送った。
研修場所(カーン大学)に着いたら、なんとそこには、彼からのメッセージが届いていた。
彼のお嬢さんが、偶然、私の手紙を自宅のポストに見つけたのだという、
そして、お母さんが破り捨ててしまう前に、彼のもとに届けてくれたのだと。

私たちは、私の離婚が成立しだい結婚するはずだった。
でも、なぜだかいまだに私は独身のまま、現在に至る(笑)。
恋愛には賞味期限があって、
すれ違いを繰り返すうちに、私は無力で無垢で華奢で素直な東洋の少女から、
オバサンへとすっかり変身を遂げていたのでした。

私の人生に、もう結婚はいらないかも。
[PR]
by take_velo | 2012-11-30 17:06 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(1)

コーチたちのブログ

すっかり忘れていたのだが、
私はテニスブログ村に登録している。
そして、ここには「コーチたちのブログの部屋」もある。
全く違った視点からテニスレッスンに対する熱い思いが語られていて、読んでいて面白い。

「勝ちたいと思わないなら、スポーツ全般をやめるべきだ」
(あ、近視眼的なものの見方だなあ。ランナーでもある私には、とうてい賛成できない)
「(こんな指導の考え方がいまだに主流だから)、日本は勝てないんだ」
(うん、同感する)
「いつまでたっても上のクラスに上がれないのは、指導者が悪い」
(なるほど。
テニスを始めた時点で、すでに「中級」クラスだったこともおかしいが、
8年以上たった今でも、「中級」クラス(いつも満員)から抜け出せないことに憤っていた私、
自分勝手なわがままを主張していたわけでもないんだ…)

本当にいろいろな考え方のコーチがいる。
いいなあ、と思えるブログもあれば、私にはついていけないなあ、という内容もある。
読んでいて、やっぱり同じコーチのレッスンを継続して受けたいなあ、と思う。
(週末担当の2名のコーチは、マイコーチとは違う。
でも、日曜のコーチのレッスンは、毎回毎回、わくわくで、本当にたのしい)
最近、マイコーチとは考え方が違うなあ、と思うこともあり、
半年後、1年後の自分の姿が見えないレッスンに、焦ることもある。

先日の「男ダブ」の勝ち抜き戦で、全勝した。
1ゲームで終了だから、これはまぐれの結果なのだが、
きっかけは、サーブと、サービスリターンからであった。
この二つは、ゲームの流れをつかむのに本当に重要だと学んだ。

今日のレッスンは、リターンに集中する。

[PR]
by take_velo | 2012-11-29 06:56 | テニス | Trackback | Comments(0)

女だから としだから 経験が無いから

女性だから、もう年だから、学生時代の競技経験が無いから、
フルスイングはいらない、走る必要も腰を落とす必要もないよ、
って、本当にそうなんだろうか。

今までいろいろなスポーツを経験したが、
こんなに歯がゆい思いをするのは、テニスしかない。

一流大学じゃないから、
有名進学校出身じゃないから、
…なんて、教員として思ったことは一度もない。
みんな、未来の可能性は一緒、だから私が学生たちに求めることも一緒。

私がテニスを始めたのは、46歳で、
もう50代の半ば。
「力では勝てないよ」、悔しいけれどこれは真実。
でも、ジュニアたちと同じテニスをしたい、スポーツ競技がしたい。

現実問題として、ベテラン女性たちに、今の私では絶対に勝てない。
彼女たちが「勝つ」ために選択している戦術には敬服する。
それでも、私は、まだ自分に可能性があると信じて、生きていたい。
[PR]
by take_velo | 2012-11-28 12:36 | テニス | Trackback | Comments(0)

左コートからのサーブが苦手な人へ

なぜかわからないが、アドバンテージサイドからのサーブが苦手だった。

昨日のレッスンで、
いつもの、サーブ前のミート練習時(バレーボールでもよくやりますね、手首のスナップ練習です)、
ボールを下に叩きつけるのと同時に、
ボールと同じ方向に足を出して、と言われた。

で、私は、右方向にボールを打つ時、無意識に、
足を左方向に踏み出していた。
(日曜コーチは、何も説明せず、いつも私に「発見」させる)

足を右方向に出すように気をつけたら、
左コートからのサーブが、見事に安定しました☆

コーチの説明によると、
スライス回転のサーブを打つ女性に多い「くせ」なんだそうです。
もし同じ悩みを持つ女性がいらっしゃったら、ぜひ一度、お試しください。
[PR]
by take_velo | 2012-11-27 06:56 | テニス | Trackback | Comments(0)

塩ラーメンと紅葉

a0112944_17382453.jpg



若者たちとラーメンを食べに行き、
(塩ラーメンの麺がおいしい☆)
そのまま電車に飛び乗って、紅葉の箕面へ。

夕暮れ時の日差しが、紅葉を宝石のように。

a0112944_17382735.jpg



a0112944_17383092.jpg



いつでもどこでも、トレイルランシューズで過ごすようになった私は、
もうたまらず、走り出す。
本当に久しぶりの山走りでした。

a0112944_17383363.jpg



山はただそこにあるだけ。
いつも、同じようにただただそこにあるだけ。
だから、山が好き。
[PR]
by take_velo | 2012-11-26 07:24 | 食べ物グルメ | Trackback | Comments(0)

後ろからボールが飛んでくる(>_<)

スマッシュ練習で、前に踏み込もうとした瞬間、後ろから飛んできたボールがふくらはぎに当たった(>_<)
その直後、今度は右手首にも。

三列ボレーストロークのうちの一列、ストローク側のネット際で、スマッシュ練習。
後ろから飛んでくるボールだけは、よけられない(>_<)
右ふくらはぎは、三週間松葉杖を余儀なくされた大怪我をしたところ。
右手首は、故障が治ったばかりのところ。
今日午後は、仕事があることも、
明日のテニスは、絶対に休みたくないことも、
マッサーが休みなことも、
たまたまの偶然。
でも、あまりの理不尽さに、レッスン後、涙がぼたぼた落ちて止まらず。

すっかり心折れた私と、一時間半のレッスンでペアを組んでくれた方。
終始ニコニコと笑顔を絶やさず、
さりげなくコート全部をカバーしてくれ、
かと言って、私を哀れむことなく同情することなく、
どこまでも前向きで、
今期のスクールで、一番大切なことを私に教えてくれたのでした。

ありがとうm(__)m
[PR]
by take_velo | 2012-11-25 07:33 | Trackback | Comments(0)

大好きなもの・真珠(と、大転倒・大爆笑)

久しぶりに、ブランド店でお買い物。
大好きなベビーパールのピアスを買い求め、
ふかふかの椅子に座らされて(男性に椅子を引いてもらい)、
キ~ンと冷えたスパークリングワインを給仕され、
最高品質のパールを手に入れる。うふ、しあわせ。

a0112944_1993691.jpg


そして、椅子から立とうとした瞬間、
自分のロングコートに足を引っ掛けて、ふらつく。
とっさに、「あ、無理」、と判断した私は、
例によって、左肩を入れ、受け身の体勢でおおごけ。
前転はしなかったものの、仰向けの大の字になり、天井を見上げる。
あまりに面白すぎて、
天下のMパール店内で、大爆笑。
さすが、パリジェンヌさえ憧れる高級店Mパール、
店員さんは、まったく表情も崩さず、
「申し訳ありません、当店の椅子の脚が重すぎて、危険でございます」
と、頭を下げる。

な、わけない、
ブランド店より、山を走っている方が似合っている、
猿のような私の久しぶりの大失態でした。
[PR]
by take_velo | 2012-11-24 07:07 | お気に入りのものたち | Trackback | Comments(0)

夜テニスとコンビニ弁当

a0112944_106565.jpg


私の中で最も美しい紅葉、
毎年、この季節になると写真にアップするお気に入りの2本の木、職場の窓から。

職場から直行、夜テニスに参加するため、
昼も弁当(職場のヘルシー弁当だが、毎回同じ献立、とほほ…)、
夜もコンビニ弁当。
体の中に、塩分と添加物が溜まって、錆び付いていく感覚。
まずい。
家人が、なぜあれほど私の「手作りごはん」にこだわるのか、ちょっと理解する。

テニススクールの不満は、半分は、平日昼テニス(主婦の世界)に原因がある。
「ごめん~」と、「きゃあ、こわ~い」の、あの世界は、苦痛である。
もうひとつは、レベル設定。
平日昼「中級」クラスは、実質「(限りなく初級に近い)初中級」レベルで、
ボレーストロークも、ラリーも成立しない。
週末や夜クラスは、「空気」が違う、
思い切り走り、思い切り振りぬく。たのしい。
(コーチの神業のようなボレーも久しぶりにチェック)

が、8時を過ぎると、私の体内時計は睡眠モード(笑)。
生活リズムが狂い、故障のリスクも高くなる。
う~ん、悩みどころである、
12月から、ストレスだけが溜まるクラスレッスンは止めようと思っているのだが。

PS 今週末の「男ダブ」ゲーム、毎回のことながら、胃が痛い。
女性である私を受け入れていただいていることに感謝、
最後のレッスンも、前向きに頑張ろう。私とペアになる方、ごめんなさい、全力を尽くします。
[PR]
by take_velo | 2012-11-23 10:39 | テニス | Trackback | Comments(0)

『神様のカルテ』

火曜日は、仕事の帰りに走る日なのだが、
走らずに直接帰宅し、ひまなので、ひとりで映画を見た。
地域医療の話。『神様のカルテ』。
消化器内科の現場や、
「ひとりひとりの患者に向き合った医療」と、「最先端医療」の間で悩む姿が興味深く、
けっこう、真剣に見てしまった。

で、思うに、最先端で働ける人材は、やっぱり「選ばれた人」であり、
その研究成果の恩恵は、結局のところ、一人一人の地域医療に生かされるんではないか、と私も思う、
(登場人物の一人である)大学教授の考え方に賛成なのでした。
神様は、それぞれに負うべき役割を課され、
それを全うすることこそが、我々の使命なのではないだろうか。
そして、その役割に優劣はないのだと思う。

私自身も、若いころは、(最先端ではないものの)研究に明け暮れていたが、
そのころ得たものは、今の教育現場で生かされていると思う。
そして、今の仕事は(有名になることはないけれど)、昔の研究と同じくらい私にとって大切。

PS 水曜日は、テニスの日なのだけれど、
たまたま、時間があき、走れることになった。
ぽたぽたと滴り落ちる汗が気持ちよく、爽快、ラン好き☆
[PR]
by take_velo | 2012-11-22 17:50 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

「趣味だから…」

「テニスが上手になるために」 と称して、毎日毎日、広告メールが入る。
(スポーツではなく外国語ではあるが)教える身として、「上達に王道なし」、が信念である。
だから、広告の商品を買うつもりは一切無いのだが、それでも、人間の心理を深くついていて面白く、
毎回、しっかり読んでいる。

「趣味だから」と、勝手に限界を決めつけられていませんか?

あ、このセリフには、私もそそられるものがあった。
(だから、このメソッドを購入して、そんな限界を越えちゃいましょう、とくるのだが、笑)

私も、「楽しくテニスをしましょう」 というスタンスのスクールや、レッスンや、コーチは、選択しないようにしている。
だって、お金も時間ももったいないもん。

女性は、楽しいテニスの方がいいに決まっている?? でも、
「2球で」 と言われたら、必ず女性たちは3,4球持つ。
ツーバウンドしても、さらにラリーを続けたがるのは、女性たち。
これは、彼女たちなりの、「うまくなりたい」気持ち、貪欲さの表れじゃないだろうか。

ある(元プロ)コーチは、
「健康のために楽しくテニスを続けたい、という方の希望も、
上手になりたいから、ガッツリ練習したい、という方の希望も、
これまでの自分の経験をお伝えすることで、実現できるようなレッスンをしたい」と、言った。
あ、これ、正解かも。
どちらも、向上心に変わりはない。

「われわれ指導者の喜びは、選手たちが夢を追いかけているのをサポートしてあげることと、
成長していく姿を楽しく見つめていくことにある」
これは、神崎公宏、『ソフトテニス練習メニュー200』 (池田書店) からの引用である。
ところで、この本、とてもいい、
(テニスをしない)学校の先生にも、硬式テニスをする方々にも、お勧めです!!!
[PR]
by take_velo | 2012-11-21 07:56 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧