<   2012年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

テニスでセカンドウインドが吹く

しんしんと更けていく冬の夜のテニスコート、
レッスンテーマは、「集中」。
テニスボールだけを見て無心に打ち続けていると、
いつのまにか、
ボールを打つ打球音と、こきざみに刻む足音と、闇夜に浮かぶ黄色のボールだけの世界になった。

今の自分のままでいいんだ、丸ごと世界が私を受け入れてくれているような、
そんな、至福の世界になった。
テニスのリズムが、自分の生きるリズムと重なって、涙が出そうになる。

それは、ランでいつも起こる、
自分の心臓の音と、大地の音が共鳴するあの感じ。
セカンドウインドが、私の中を吹き抜けていく感じだった。

2012年最後のレッスン担当のコーチは、
私が一番苦手なテニスをする。
レッスン後半の、コーチとの対戦は、私のサービスゲームになった。
コーチのボディを狙って回転をかけて打ったボールが、
たまたまサービスライン際で落ち、
不意を突く形でサービスエースとなって、ゲームに勝った。
でも、なぜだか、あまり嬉しくなかった。

なぜ私はテニスをするんだろう。
それは、きっと、誰かに勝ちたいからではない。
目の前のボールをただ追いかけることが、楽しいからなんだと思う。

でも、「ドクターX」の大門未知子が、「私の手術は失敗しない」と、自分自身にプレッシャーをかけるように、
ダブルスを組むからには、「私はゲームに負けない」。

そんなテニスに少し疲れる時がある…
冬休み後半は、走り込みと、家人との温泉旅行で少しテニスから離れよう。
[PR]
by take_velo | 2012-12-30 07:51 | テニス | Trackback | Comments(0)

冬の休みの楽しみといえば…

首にタオルを巻いて、お気に入りのジョグコースを走りに出かける。
最近、足に不安があるので、ウオーキングが主になるが、
それでも楽しい。

そして、一休み。

a0112944_8492491.jpg

a0112944_8493212.jpg





鳥たちを見ながら、物思いにふける。
冷えた青空のもと、幸せをかみしめる。

そして、最後の〆は、もちろん温泉。
首に巻いたタオルは、
首元を寒風から守るマフラー、汗拭きタオル、そして最後に温泉タオルとなるのでした。
寒いと、ゆったり露天湯船につかっても平気。
そして、塩サウナで、お肌も髪もつやつや。

冬はこうでなきゃ ♪♪♪
[PR]
by take_velo | 2012-12-29 07:14 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

アエロプロのラケットがお買い得☆

アエロプロシリーズのラケット、
(ナダルが使っている、あの黄色のバボラーラケットです)
モデルチェンジになり、
以前のモデルが大幅な値引きになっている。
ナチュラルガット用に、3本目をゲットした。

ピュアドライブが人気であるが、
なぜか、私はこのモデルがしっくりこない。
パワーヒッターじゃないからかもしれない。

そして、このアエロプロは、日本人には使いこなすのが難しい、とよく言われるが、
私の場合、このラケットを使って打ったボールが一番いい、と、どのコーチもコメントをくれる。
本当はもっと薄いラケットを使いたい気持ちもあるのだが…

もし、このモデルが大好きなら、
そして新しいモノ好き、というよりも、慣れたものを使い続けたい派なら、
今がお買い得、ガット込で1万5千円、って、お得感満載です☆
[PR]
by take_velo | 2012-12-28 08:11 | テニス | Trackback | Comments(0)

『カジュアル・ベーカンシー』

J. K. ローリングの 『カジュアル・ベーカンシー 突然の空席』。
私はフランス語版で読んでいる、Une place à prendre。

a0112944_843821.jpg


最初からわくわくドキドキ、ぐいぐいとひきこまれるような作品ではない。
が、100ページ当たりを過ぎたころから描かれる、都市郊外団地の貧困と荒廃の問題。
一度でもヨーロッパで暮らしたことのある人なら、
目を背けることができなくなる。
日本でも他人事の問題ではなくなってきた、特に教育者にとっては切実になりつつある問題。

700ページ近くある大作ゆえ、まだまだこれからの展開が楽しみであるが、
ハリー・ポッターシリーズの作者が、深刻な現代社会の問題をどう切り取って料理していくのか、楽しみである。
[PR]
by take_velo | 2012-12-27 07:26 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

年末は毎日テニスが続きます☆

23日から始まった冬休み、
前半の1週間は、毎日テニスに励みます。
2012年の総決算、できるようになったことと、来年への課題の見極めです。

以前から受けたいと思っていた、おしょうゆ顔の王子様コーチ。
想像していた通りの、ハードな練習内容でした。
(久しぶりに、胃と心臓が口から飛び出るか、と思うくらい、走りました)
フォアとバックの左右のボールを、逆にバックとフォアの回り込みで取る連続練習、
きつかった~、でも楽しかった~。
そして、一言いただいたアドバイス、
「深いボールで差し込まれた時のラケットスイングを、こうやってみて」
ワイパースイングの変形です、でも、簡単、
上手なコーチって、1回のレッスンに、具体的なアドバイスを一つだけ、
そして、レッスン内ですぐに修正可能です、うれしい ♡

形式練習では、
何度も何度も、左足後方に沈むローボレーを打たれ、
ここが自分の弱点だと、あらためて。
涼しい顔で笑うコーチですが、
むむむ、次回のレッスンまでに、必ずこのボールを取れる私になります。
2013年に向けての課題ひとつめ。

やわらかくコースを突くボレーは、
特にバックハンドでできるようになりました。

腰から下の不調は、トレーナーの方々の力も借りて、
どうか、来年も動ける体でありたいです…
[PR]
by take_velo | 2012-12-26 08:12 | テニス | Trackback | Comments(0)

メリークリスマス☆

クリスマスは、テニスをする☆
ってずっと決めていた、
そして、テニス、本当に楽しかった。

わ~い、サンタさん、ありがとう☆
素敵な仲間、素敵なコーチ、
そして、凍てつくような寒い夜、車で送ってくれたトナカイさん、
みんな、みんな、ありがとう003.gif
[PR]
by take_velo | 2012-12-25 07:18 | テニス | Trackback | Comments(0)

『ミッション』

岩田松雄の 『ミッション』、副題は、『元スターバックスCEOが教える働く理由』。
リタイヤが近い年齢になった私には、ミッションの意味がよくわかる。
そんな仕事に恵まれた自分の人生に感謝する。

共感したのは、サービスと値引きに関するところ:「ブランドとミッションは表裏の関係」、「「お客は値引きを望んでいる」という幻想」 の部分(pp.178-186)。

安いのはうれしい、
が、品質が落ちると、即、私はその店を離れる。
特に食材、
新鮮で安全でおいしいものがあれば、高くても買う。
料理の腕って、つまりは食材の良しあしで決まるから。

サービスなら、価格を抑えることによって、レベルが落ちるのは必至。
私は最高級のサービスを受けたい。

そして、ある時を境に、急に値下げが起こると、
それまでの自分が大損した気分になる。

経営の才は皆無な私、
近頃の価格競争、それで経営は成り立っていくのだろうか…と不安になるのだが、
そうしなければ生き残っていけないのかもしれない。
でも、良いサービスを提供してもらっているお気に入りの店や施設には、
値下げしなくても、私は通い続けると思う。
[PR]
by take_velo | 2012-12-24 15:54 | お気に入りのものたち | Trackback | Comments(0)

地球最後の日ではなかった(笑)

地球最後の日だったはずの金曜日、軽く走り、そして、ストレッチ2回目を受けた。
足の長さはそろい(股関節のゆがみは大きく改善された)、
腰の張りも幾分ましになったが、
右足の違和感はあまり変わらず。
体重が重すぎるのか、
テニスという競技の持つ特殊性(体の片側を酷使する)ゆえ、仕方ないのか。
これからは、定期的にストレッチを受けようと思う。

木曜日の同窓会に、考えたこと。
日常、とても大変なストレス(介護)を背負っていると、
大切な命も、老いていくことへの畏敬の念も、異性を恋しく思うさがも、
嘲りの対象にしたくなる、
でも、その命を救うために、自分の命を削るようにして働いている人たちがいる。
親の世代の老いの問題は、自分の問題でもある。
家庭の中だけ、子供たちの世話だけでは、老後の問題は解決できない世の中になったからこそ、
周りの方々への
感謝の気持ちを忘れず謙虚に、日々を過ごしたいと思う。

そして、人が集まらないとできないテニスという競技ゆえ、
また昨日、私の身近なところで、葛藤があった。

技術力の問題だけでなく、この人間関係の葛藤を上手く処理できるのがコーチなんだろうなあ。
今年一年お世話になったコーチたちに、心から感謝する。
[PR]
by take_velo | 2012-12-23 08:13 | フィットネス | Trackback | Comments(0)

同窓会

大学時代の友人たちとの同窓会。35年ぶり?

いつもいつも、私の恋愛話で盛り上がるのはやめてほしい…
相変わらずの片想い。そして、会うたびに、私の片思いの相手は変わっているのだけれど。

世の中には、「走る人」と「走らない人」の2通りしかいない、って誰が言ったのかなあ。
仕事が終わった後、同窓会が始まるまで、2時間ほど時間があったので、
もちろん、私は走る。
そして、走った後シャワーを浴びて、駆けつける。
いろいろ、いろいろ、人生にはあるけれど、
ケセラセラ、なにもかも、さらさらと、自分の中で流せてしまうのがランナー。
笑顔で、また来年も、と、別れたい。

明日が、年内最終授業日です。
マヤ占いで、地球最後の日とか。
テニスしよっかな、それともやっぱり走ろっかな。
[PR]
by take_velo | 2012-12-22 22:42 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

いなすボレー

「いなす」とは。
1.攻撃を簡単にあしらう。また、自分に向けられた言及を言葉巧みにかわす。
2.相撲で、急に体をかわして、攻撃に出ている相手の体勢を崩す。
5.離縁する(あはは、これ関係ないか)
6.ばかにする。

この「いなす」という言葉を知らなかった私…とほほ、お恥ずかしい。

つまり、相手の必死の攻撃・強打を、
ふんふん、と鼻を鳴らしながら、
簡単にかわし、そして、相手の体勢を崩して、
こちらに有利な形に持ち込む。
という、ボレー。

ラケット面でボールをしっかりとらえて、膝の力で前に押し出す。

ああ、これ、私が初めてスクールに入った時、
当時のコーチに厳しく指導されたボレーだ。
(私が初めて入ったクラス、上級者たちが、ゲームではなく基本を練習するために在籍する、「中級」クラスであった。
私以外、みんなこのボレーができて、
そしてこのクラスの練習内容は、延々「ボレーストローク」が続くのだった)
今から思うと、
「うまくなりたい、そのためならなんでも耐えられる」と宣言した私を、このクラスに入れたコーチにも、
そして、下手くそな私を引き受けて、熱心に指導してくれた担当コーチにも、
そして、辛抱強く待ってくれたレッスン仲間たちにも、心から感謝する。

そのコーチは、「ラケットでボールを叩くな、つなげ」と、別の言葉で私に表現したが。

で、実際に、プライベートレッスンを担当してもらっているマイコーチにこのボレーを打ってもらうと、
滑るようにボールが伸びてくる、
実はとても攻撃的なボレーだった。目からウロコ。本当にびっくり。
このボレーができるようになると、いろいろな攻撃が(ドロップボレーも含めて)できるようになる。

納得。む~、ぐうの音も出ないほど納得。

2012年中にマスターできるといいな。無理かな。
がんばろう。
そして、2013年は、
どんな時でも、どんなシチュエーションでも、
ぶれない自分のテニスができるようになろう。
[PR]
by take_velo | 2012-12-21 07:08 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧