<   2013年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

サーブの調子

水曜日レッスンコーチに、
「サーブがミスする時は必ず、腕の回転向きがどうのこうの…」
というコメントを解説してもらおうと思っていた。
だが、
「サーブ、変えました?安定してよいサーブが入っていますね」と言われて、すっかりそのことを忘れ…(笑)

と言っていると、また調子が悪くなった時に、
何が良くて何が悪いのか、全く分かっていないから修正不可能になる。

トスの位置、とよく言われる。
トスの位置は(自分は女性であっても)、少し前に上げるのが良いような気がする。
グリップ、錦織が厚めのグリップだと聞いて、
自分もあえて薄いグリップにこだわるのは止めた。
ストロークとボレーの中間当たりのグリップで。

身体を横向にたもち、肩を回転させて(右肩と左肩の入れ替え)、力を抜いて、ボールを最初から最後までしっかり見て打つ。
ボールを打つ直前に、胸をボールに向けるイメージを持つ。
セカンドサーブは、しっかり振り切る(入れにいかない、回転をかけるからネットにかかる)。
回転は、スピンでもスライスでもよし、とする。

なんだけど、自己流の自己満足。
セカンドサーブは、Pコーチに基礎から教えてもらいたいような気もする。
でも、サーブは変えようとすると、しばらくは絶不調になり、ダブルスゲームでペアに迷惑をかけるから、
二の足を踏み中、迷い中 (-_-;)
[PR]
by take_velo | 2013-10-31 08:04 | テニス | Trackback | Comments(0)

アメリカのテニス(ボレー)

「日本のプレーヤーは、ボレーをバシッと決めるのね、
アメリカのコーチは、ボレーはイージーにいけ、って、言うんだけど」

この言葉がずっと私の中で引っかかっている。

今日のレッスン、ストロークはほとんどノーミスである(自分から無理して仕掛けていったミスは仕方ない)。
でも、ボレーは、バシッと気持ちよく決まるときもあれば、
バシッとネット、ばか~~~んとアウト。(の方がダントツ多い)
ボレーは、相手の時間を奪うけど、同時に自分の時間も奪われる。
グリップを握って、肩を入れて、足を踏み込んで…なんてしていると、
スイートスポットを外したり、コントロールが狂ったり…するリスクが高まるんじゃないだろうか。

歳を取ると、一番早く衰えるのは、反射神経とバランス力。
ベースラインにとどまっていると、コートの中のボールはほとんど取れるが、
前に出ると、間に合わない、抜かれる、ためを作ってコントロールできない。
力が入ると、ますます、ラケット面が定まらない…

私のボレー、根本が間違っているんじゃないだろうか。
ボレーは、すでに相手にプレッシャーをかけているんだから、
イージーに、力を抜いて、確実に点で(相手コートのコースを突いて)返す、なのかなあ。

PS プライベートレッスンは、まだストローク練習の段階で、
コーチは、「ボレーはすぐに良くなりますよ、
でも、まずはストロークを確実にすることから始めましょう。
これからのレッスンを楽しみにしていてください」と言われている。
何もかも中途半端に終わりたくないので、ひとつひとつゆっくり確実に進んでください、とコーチにお願いしている、
でも、ちょっとボレーにはやく進みたくなってきた…
あせらない、あせらない、一休さん
[PR]
by take_velo | 2013-10-30 18:29 | テニス | Trackback | Comments(2)

ランニング講演会

職場 (なんと先日授業をした同じ教室) で、ランニング講演会があった。
某教授が講演をし、各界のトップたちがその後で発言する。
行政関係者、各スポーツの指導者など、普段なら会えないような方々である。

だが、女性の姿はほとんどない。
お話を聞くより、実際に走った方がランは楽しい。
加えて、私は、テニス以上にランの大会には全く興味が無い。
ランは、とっても個人的なもので、シューズさえあれば、どこでも一人で走ることができるのがいい。

でも、いまだに女性が公道を走ることを許されない国もたくさんある。
「できること」 は、いつのまにか 「当然のこと」 のように勘違いしがちだが、
この自由は、先人たちのおかげだと思うと、
自分にも大好きなランのためにできることがあるのかもしれない。

大会を支えるスタッフ募集や、体の不自由な方も走れる環境作りなど、
さまざまな提言があった。
[PR]
by take_velo | 2013-10-29 21:21 | ラン・スイム | Trackback | Comments(0)

日曜日テニス三昧

今日のインドアスクールは、代理コーチ(夏のPコーチ)で、
ストローク、ボレー、スマッシュ、サーブ、リターン、ゲーム、と、テニス全般にわたっての練習。
レッスン最後のゲームは、2勝。よしっ。

そのまま、アメリカから来てくれたゲストMINTAさんと、シングルスクラスへ。
午前の練習の成果もあって、なんとかちゃんと打ち合いになっている。ほっ。

すぐに、そんな「ええとこ見てもらいたいなあ」なんて気持ちは消えていって…

下からきれいにラケットが出るスイング。
ボールが伸びて、そしてライン際で落ち、バウンドしてからキックする、
その素晴らしいボールを打つことだけに集中し出す。
楽しい。
ずっと打ち続けていたい。

今日の最後のメニューは、「2:1」のゲーム。「1」の方が常にサーバー。
はじめての練習だったが、このメニューも好き。
後ろに下がったら、「2」は前にボールを落としてくるから、下がらずにライジングで打つ。
ライジング、できるようになってるかも。

試合で勝ちあがるMINTAさんに、ミスショットはない、
バックもフォアも、低いボールも高いボールも、安定している。
まだまだの私、よ~し、がんばろう。新しい目標がまた一つできた。
[PR]
by take_velo | 2013-10-28 20:16 | テニス | Trackback | Comments(0)

走るのは何かを達成するためじゃない

マーク・ローランズ、『哲学者が走る』 (白水社) を読み始めた。

著者は、アメリカに住むイギリス人哲学教授。

yes, you can ! 挑戦さえすれば、何だって可能、行け行け、がんがん、限界を越えろ、の楽観主義のアメリカンドリーム。
それに異議を唱えるのは、根暗で皮肉屋で反抗心旺盛の、ヨーロッパ人的思考。

走るのは、達成感を得るためじゃなくて、
走ること自体が楽しいから、少年時代の何も求めなかった世界を再び垣間見ることができるから。

ランニングトレーニングで痛めた足を、「痛風」だと医者に言われ、
俄然、マラソンにエントリーすることにした著者。
(もちろん、痛風は誤診)
老いること、死ぬこと、衰えていくことのクライシスから、走る。
でも、どこか冷めていて、どこか自分を笑いものにする知性がある。

そのスタンスに共感する。
速く走れれば、カッコよく走れれば、もちろんそれに越したことは無い、
でも、それは目的じゃない、
だから、もっと速く、とか、もっと長い距離を、とかの向上心(「もっともっと」という気持ち)が、私には全くない。
走っているときのその時間、その世界が好き。言葉では説明できない。

テニスもきっと一緒、
上手なコーチとラリーをする60分が好き、
ただただボールを追いかけて、そのボールを打ち続ける、その世界が極上。
生きていることのすべてがそこに凝縮しているような、気がする。
そして、そんな自分を、バカだなあ、とせせら笑うもう一人の自分がいる。
だから、試合で勝つことは、どこかでどうでもいいことなのである。
(いや、負けるのは絶対に嫌だけど、笑)
[PR]
by take_velo | 2013-10-27 00:33 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(2)

Pレッスン2回目

新しいコーチについて二回目、ちょっと回転系ボールにも慣れてきた。
男性の打つスピードボールに慣れている私は、コーチのゆったりとしたリズムが、心地よい。
私も同じペースで。基本、基本。

「当てに行ってません?ちゃんと振り切っていますか?」
おっと、意識しないと、すぐに楽な方に流れる私である…(-_-;)

そして、今度は、コーチの打つスピンに横回転が混じり始めた。
いきなり空振り、そして勢い余ったラケットがボールの代わりに私の左手を強打…笑
爪が「ぱっかり」と割れる。
(打点に左手がセットできているという印だ、と思うことにする)

上手くなっているのか、強くなっているのか、自分ではよくわからない。
でも、ラリーが楽しい。
この日は、超機嫌が悪かったのだけれど、最高の60分だった。
熱いシャワーをかかりながら、幸福感と達成感。

電車に乗っていると、いきなり、脇腹が痙攣。おおお。
今まで、テニスで唯一使えていなかった筋肉、腹筋。
やっと使えるようになったのか?!
目指せ、くびれウエスト。 笑
[PR]
by take_velo | 2013-10-26 00:49 | テニス | Trackback | Comments(0)

人生の優先順位は

佐藤智恵、『世界最高MBAの授業』

私がとても惹かれる大学院は、ノースウエスタン大学(ケロッグスクール・オブ・マネジメント)である。
その大学院のひとつの授業で。

苦手な人間といっしょに働かなければならない職場でのストレスにどう対処したらいいか、との学生の質問に、
「そのようなことで悩むのは酸素の無駄だ」と答える教授(笑)。
自信を持って毎日を生き、何に対して具体的にストレスを感じているのかを分析して、改善していくようにと説く。

そのためには、自分にとって大事なことを1位から10位まで書き出してみることが大切。

(もしかしたら、「人生の優先順位1位は職場での人間関係だ」と答える人がいるかもしれないが)

人生で一番大切なもの、と、考えて、はた、と気づいたことがある。
今の自分にとって一番大切なものは、自分の健康なのである。
健康でありさえすれば、家族に迷惑をかけることもなく、働いて、自立して生きていける。

それなのに、自分の毎日の生活は、なんだか、違うことばかりに時間とエネルギーを割いているような気がする。

2番目は、生活の基盤となる「仕事」かなあ。
3番目は、家族。
(2番目と3番目は、順位つけがたい、どちらも大切)
4番目は、フランス(研究にまつわるもの)
5番目は、スポーツ。趣味。

あああ、典型的日本人だ、これでは自分のことばかり、
社会貢献とか、人のためとか、無いなあ。
一度、しっかりゆっくり考えてみてみよう!
[PR]
by take_velo | 2013-10-25 00:24 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

サーブの失敗は、打ち出す時の上腕が内転?外転???

サーブについてのコメントなのだが、全く理解不可能、だから私には修正不可能である。
来週に、やっぱりもう一度解説してもらおう。

フォアハンドストロークについて言われたことを実行しようとしても、
いざ打ち出すと、ラケットの面とか、手首の角度とか、分からなくなる。
左手を出し、体幹に引き付けること、
そして、打点は身体の前、
これだけを守っている。

サーブについてのコメントをくれたコーチも、フォアハンドストロークの課題を指摘してくれたPコーチも
勉強家であり、指導熱心、そして60分(85分)しっかりと打ち合ってくれる。そして、男性。

歳を取るにつれて、女性を応援する気持ちが大きくなった。
トレーナーも女性だし、マッサーも女性、
美容師もエステ担当者も女性、
歯のメンテをしてくださる歯科衛生士も女性、
かかりつけ医院に、女医さんが赴任されたので、担当医も変えた。
テニスのPコーチも、時間の許す限り女性コーチについている。

だが、男性の仕事に対する真摯な態度、日々勉強に励み、熱心に顧客獲得を目指す姿を見ていると、
女性は甘いなあ、と思うことも。

女性は、「かわいくない」とか、「性格がきつい」とか、「競争意識が強すぎる」とか、
とにかく、全力で仕事に取り組めなくなるような雑音がいっぱい。
でも、結局、客は「結果」で選ぶと思うんだけどなあ。
(同じことは、「ホスト」的魅力で仕事している男性にも言いたいが)
[PR]
by take_velo | 2013-10-24 00:53 | テニス | Trackback | Comments(0)

台風が…

今年は、台風が次々とやってくる。
被害が各地で…自然の脅威である。

せっかくはるばる遠くから友人がテニスをしに来てくれるのに、
これでは、シングルスレッスン受講は無理かも…

最近、インドアスクールのレッスンがいいなあ、と思うこともあり、
もしかしたら、インドアコートでもっとよい時間を過ごせてもらえるかもしれない。
(前向き発想で)
直前「こそっと」特訓して少しでも上手くなってから、打ち合いしてもらいたいなあ、という「悪あがき」の気持ちも…

いいとこも悪いとこも含めて、自分らしいテニスで、楽しもう。
胸を借りて、教えていただくつもりで。
そして、「試合に出たい」って気持ちに私もなるかな?ちょっとわくわく。
[PR]
by take_velo | 2013-10-23 07:19 | テニス | Trackback | Comments(0)

『地中海式 人生のレシピ』

毎日新聞日曜版の映画紹介(「藤原帰一の映画愛」)のページに載っていたスペイン映画である。

このコラムを見て映画を見に行くのが、最近のマイブーム。
『大統領の料理人』や『クロワッサンで朝食を』、『タイピスト』など、いずれも「当たり」だった。

2009年の映画であるが、最近wowowで先行放映され、そのまま劇場公開となった作品。
(18日から東京のみ公開中)
女性主人公が、仕事も家庭も手に入れ、そしてなんと夫も愛人も手に入れる話(笑)。
底抜けに明るくて、楽しくて、本当に「地中海式」。

早く関西にも来ないかなあ。見に行きたいなあ。
「どちらかを選ばなきゃ」なんて難しく考えずに、両方取っちゃおう、女性たち。(そして私も!)
[PR]
by take_velo | 2013-10-22 00:24 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧