<   2013年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

Pレッスン7回目 故障防止には…

プライベートレッスン7回目、風邪で体調は良くなかったけれど、
ハムストリングスの違和感は消えた。
いつも、突然復活する私の身体である…不思議。

思い当たるふしと言えば、最近、アップ時に、ランを加えた。
もう寒くて…
テニス前に、しっかり筋肉をあたためておくのは大切なんだなあ。
フードをかぶって、外界の音や景色を遮断して、黙々とコートを走っていると、
楽しすぎて、そのまま外に出て走り出したくなる自分には…困ったもんだが。

レッスンのなかで、前に出る練習をしたくて、
ストロークラリーで逆クロスに打っていく(コーチの左側)。

心のどこかに、コーチに走っていただくのは申し訳ないと思う自分がいて、
なかなか思い切って振りきれない。
このメンタルの弱さをどうしたものか。

「タケさんはタケさんのままでいいんですよ、
勝とう勝とうとしても、自分に合わないテニススタイルなら、やっぱり勝てないですから。
自分のテニスでちゃんと組み立てていれば、上手くなるにつれてそのうちポイントはついてきますから」

コーチ自身も、例えばフレームショットでポイントが取れた時などは、
「やった」という気持ちよりも、「ごめん」という気持ちの方が強いらしい。

そうか。このままでいいんだ。

今回から、レッスンプログラムの中に、セカンドサーブの練習が入りました (-_-;)
サーブは、なんだか「良いところを見てもらおう」意識があって、
これも、自分のメンタルの弱さである。
欲と邪念が入るから、ミスばかり重ねる。
ボールだけを見て、ボールだけに意識を集中して、
ボールと自分だけの無心の世界でありたい。
次回は、無心になる。
[PR]
by take_velo | 2013-11-30 07:30 | テニス | Trackback | Comments(0)

シェ・スーエイ強い

WTAチャンピオンシップス女子ダブルス準決勝をビデオに撮って、何度も見ている。

なんで、シェ・スーエイとポン・シューアイが勝つんだろう…?
(彼女たちはウインブルドンで優勝し、2013年チャンピオンシップでも優勝した)

ペトロワのようなパワーも無いし、
スレポトニックのような速さも、フェイントを混ぜた細かな動きもない。
それなのに、勝つ。

スーエイは、ボールの飛んでくる場所にすっと入っていく。
フェイントの動きはせず、動かないと決めたら、全く動かない。
だがいつも、ボールの来る位置に立っている。
一連の動きに無駄がないから、なぜ、彼女がこうも強いのかよくわからない。
でも、ビデオを繰り返し見ていると、
予測して動いているのがよくわかる。

解説者の村上武資さんが、
「スーエイは、1ポイント1ポイントの勝敗にはこだわらない、
それよりも相手の動きの特徴をよく見て、その情報を自分の中に積み重ねていく」
というようなことを解説されていた。

アジア人だし、圧倒的なパワーとスピードがあるわけでもないし、
「彼女たちのようなテニスがしたい」と、私が発言したら、
Oコーチは(プロ時代、練習や試合でよく一緒になったらしい)、「彼女は天才だから」と。
なるほどなあ、
本当に上手な人には、強いプレーヤーがちゃんとわかるんだなあ。
ビデオを何度も見て、やっとその強さがわかってくる私。

2014年は、スーエイのようなテニスを目指したいな☆
[PR]
by take_velo | 2013-11-29 07:57 | テニス | Trackback | Comments(0)

自分にご褒美

クリスマスが近づいてきた。
この時期、自分で自分に何か買う (-_-;)  サンタさんはもう来ないから。

ブランドバックに興味なく、
宝石は、ピアス以外はかぶれるし、
美味しいものは、これ以上太ったら膝がいってしまう…

ということで、やっぱりランニングウエアや、テニスグッズ。
(もう、超高級デパートにもトレーニングウエアで行く。
店員さんに素無視、全く相手してもらえず…(-_-;)

ナイキのランニングウエア、かっこいい、センスいい ♡

a0112944_19372931.jpg


消耗品のリストバンド(ローランギャロスグッズ)と、
ヘアバンド(ウインブルドングッズと、日本未発売のきれいなピンク色のナイキ)。

a0112944_19373281.jpg


そして、これは、なんとゴルフラインから。(ゴルフはしないけど)

a0112944_19374386.jpg


レッグウオーマー(軽くて暖かいダウン入り、リバーシブルで黒と紫、防水)です。
[PR]
by take_velo | 2013-11-28 07:02 | お気に入りのものたち | Trackback | Comments(3)

ボージョレ・ヌーヴォー

a0112944_2131557.jpg


仕事の帰りに寄ったデパートで、残り少なくなっていたボージョレー・ヌーヴォー、
この時期しか飲めないので。

1週間経つのが早い。師走だ。走りまくり。
オフの前の日は、ちょっと酔っ払い。
二日酔いで、毎回テニス。
[PR]
by take_velo | 2013-11-27 07:31 | 食べ物グルメ | Trackback | Comments(0)

RAFA

何度目なんだろう、ナダルの自伝を読んでいる。
今度は、フランス語訳で。タイトルは、『RAFA』。

日本語で読むのと、フランス語で読むのとでは、なんでこうも印象が違うのだろう。
フランス語で読む方が、じわじわと深く入っていくような気がする。
母語ではないから、一語一語、じっくりと味わいながら読み進むからだろうか。

このところ、本を読む楽しみにふけっている。
現実はストレスが多く、大人の我慢を重ねるばかりだから。

「ふざけんな~、あまえるな~、なめるな~」と、叫びたいが、
試合に入る前のナダルのように、
ルーティンに徹して、自分をコントロールし、集中し、人生のパフォーマンスのレベルを上げていける強さを持ちたいな。
[PR]
by take_velo | 2013-11-26 07:24 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

ダブルスで有効な不思議球

日曜午前のインドアスクール、
中上級レベル男性3人とダブルスゲーム。
私が前衛ポジションに入ると、
男性テニスのスピードについていけず、何もできずに棒立ち、ペアに迷惑かけっぱなし。

水曜日レッスン時に、ミスショットボレーで、センター奥深くにふわりと上がったボール、
「コーチ、すみません」と謝ったら、
「いや、それ、ダブルスゲームでは有効ですから」と、逆にほめられた。

なにも貢献できない今日みたいな日には、とにかくあきらめずに自分にできることを試してみる。
水曜コーチの言葉を思い出して、
センター奥、ベースラインを意識して、ふわりと返球。
ところが、このボールがことごとく決まった。
前衛はタイミングが遅いので手を出さず、後衛に任せ、
後衛はボールが深いので、角度もスピードもつけられず、ネットミスを重ねる。

いつもなら私は、前衛でもしっかり組み立てて、決め球を作って、打っていく。
今日のセンターへの「ゆるふわ球」は、他に何もできない自分に、わずかに残されたチャンスだった。

自分のサービスゲームも取り、
(サーブは集中力だと思う、コースを狙えばペア前衛が決めてくれるから、落とさない)
レッスン終了時に、私は勝っていた。
3セットマッチなら、手も足も出ないが、
短時間のゲームなら、勝機は何かしらあるということか。

PS そして、午後のシングルスクラス、何とダブルフォルト7回。
もう、クレーコートに穴を掘って入りたい。恥ず。気持ち弱すぎ。体力無さすぎ。
[PR]
by take_velo | 2013-11-25 07:51 | テニス | Trackback | Comments(0)

歳を取ったかなあ

引退の潮時なのかなあ。世代間ギャップなのかなあ。

はじめて学ぶ気持ちを思い出そうと、
スペイン語を始めてみたり、ヒエログリフに挑戦してみたり、
「思うようにできない」焦燥感や絶望感を、ランやテニスやスイムで体験し、
そして、TOEICで、評価されるストレスも再経験しているのだけれど、
できないと余計に燃えて、できるまでとことんやりつくしてしまう、
やっぱり暑苦しい化石世代なんだろうか。

あと何年生きられるかわからないけれど、
自分のしていることに意味が感じられなくなると、つらいなあ。

「群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い…」
これ、続編が放送されているテレビドラマ「ドクターX」で流れることば。
疲れた心に沁み込んでくる…
外国に行きたいなあ。
[PR]
by take_velo | 2013-11-24 10:46 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(2)

アエロプロ2013

私は、同じラケットを3本持っている。アエロプロチームの旧モデル。
1本は、ポリガットとナイロンガットを縦横に張っていて、
これをいたく気に入った家人が、「くれ」と。

3本あるから1本くらいいいやん、と。
う~ん、このモデルはもう売っていないのだ。
これまでレッスンを担当してくれたコーチはみな、
このラケットを使って打つ私のボールが一番威力があると、口をそろえて言ってくれた。
私は、ナダルのファンで、
回転系のボールは打たないが、(かつて打っていた時もあった、でも、手首が悲鳴を上げたのでやめた)
ナダルの空気を吸ってテニスをしているような、そんな気持ちがしていた。

で、2013年ニューモデルを買おうかなあ、と、思って試打ラケットを拝借。

おおお、なんとこれはピュアドライブの打球感だ。
ピュアドライブに変身したアエロプロはいらない。

3本あるけど、これは全部、私の宝物。
やっぱりあげれません。
(それに、なんと、いまのPコーチも同じラケット(旧モデルのドライブ)ユーザーだ、なんて!)
コーチのようなボールが打ちたいなあ、と思っている私には、
魔法のラケットに思えてきたよ。

復刻版が出ないかなあ。
(でも、上手な人は、ラケットはテニスにあまり関係ない、と言います。
私って、単細胞で思い込みが激しいだけ、なのかも)
[PR]
by take_velo | 2013-11-23 08:31 | テニス | Trackback | Comments(0)

Pレッスン6回目 そしてオクサを読み終わったよ

プライベートレッスン、なぜか動き出すとハムストリングスの違和感が消える。
今日の私の足は快調だった☆

フォアストロークが進歩すると、バックハンドストロークもついてくるのかな。
バックにボールが来ても、
回り込めばいいか、
ダメなら、一本つなごう、
あるいは思い切って打ち込んで、前に出てみよう、
こう前向きに考えると、全体のプレイが上がってくるような気がする。

プライベートレッスン担当コーチは、現在、8人目である。
今のコーチのテニスが好き、
フォアはヘビースピンで、バックはスライス。
このコーチのレッスン期間が終わったら、テニスはもういいかな、という気がし始めている。

『オクサ・ポロック』、そろそろ読み終える。
たくさんの人間が死んで、世界各国の首脳が出てきたり、原爆ロケットが出てきたり、
話はどんどん大きくなるばかりで、その分、私の気持ちは冷える一方であった。
若いフランス人の話すフランス語をテンポよく読めたのは、良かったけど。
「あっちの世界」に帰る入口は、日本の「奇跡の一本松」の足元だったよ、笑。

年末を迎えるにあたって、
みんなが健康で、みんなが夢をかなえるチャンスがあって、みんなが豊かであればいいのにな。

毎日ワインを飲んで、ふう、とため息。よっぱらい。
[PR]
by take_velo | 2013-11-22 05:45 | テニス | Trackback | Comments(0)

振り遅れ

苦手なボールは、勢いの無いゆっくりとタイミングをずらされて飛んでくる球。
2度引きして(改めてテイクバックをして)、結果、振り遅れる。

一連の動作を、意識してゆっくりと、スローモーションのように、
ただし途切れることなく終始同じリズムで打ってみて。
Pレッスンで教えてもらった。
ゆっくり行うことは、勇気が要るが、(手打ちになるのでは?リズムが狂ってミスるのでは?)
習慣づけると、ラリーの中での自分のストロークの確認にもなるし、
打ちたい場所に、自分の打つボールが吸い込まれるように飛んでいくイメージをしっかり持てる。

夏のPコーチに、
(私は、チャンスボールをよくミスする、特にアウトミス)
ふわっと上がった球を打つ際に、
打ちたい場所にピンポイントで落ちて、バウンド後、相手のラケットから遠ざかるようにキックする、
そんな自分のボールを一瞬、イメージしてから打って、
と言われてた。

ハムストリングスの違和感は相変わらずで、
そんな時には、がんがん、いけいけ、のボールは打てないので、
苦手なものに取り組む。
今日のPレッスン、たのしみ~~~。仕事も頑張る。
[PR]
by take_velo | 2013-11-21 07:55 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧